ピクシブ百科事典

イ402

いよんまるに

『蒼き鋼のアルペジオ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:アニメ山本希望 原作版ドラマCD悠木碧

人物像

人類に敵対している「霧の艦隊」と呼ばれる第二次世界大戦時代の艦の形状を模した艦艇群の中の一隻。潜水艦イ402のメンタルモデル。艦の形状は、旧日本海軍の伊400型潜水艦を模している。メンタルモデルの容姿はイオナとよく似ているが、垂らした髪の先をリボンで結んでいる。

原作

「霧の艦隊」の総旗艦であるヤマト直轄の巡航潜水艦で、同型艦にイ400イ401(イオナ)がおり、イ401のことは「姉」と呼ぶ。ヤマトの命令でイオナタカオなどを監視しており、それをヤマトに報告するのが任務。非常に索敵能力に優れており、その索敵範囲・精度は最上位個体たる超戦艦級に匹敵する。戦闘力のほどは不明だが、イ400との二人がかりなら霧の重巡一隻程度造作も無いとのこと。

ヤマトの臨機応変というアドバイスをキーワードに非常に柔軟な対応をとり、目的のためならイオナたち敵対勢力に与することも辞さない。その行動基準は全て総旗艦たるヤマトのためである。タカオの劇的な変化を目の当たりにして人間に興味を示しだす一方、イオナに撃沈されたナガラの残骸が消失した事を気にかけている。

性格は従順で無愛想。北海道でタカオと接触時は非常に機械的で無感動的だったが、イオナ達を観察しヤマトから「臨機応変」の指令を受けてからはどんどん人間臭くなってきた。イ400と比べると知的好奇心旺盛で、許容される範囲内で気になることは自ら積極的に調べようとする。また総旗艦のためと言いつつ、イオナ達にたいして世話を焼いているとも取れる描写もいくつか在る。

ちなみに表紙裏ではタカオ回収時に一緒に回収したタカオの私物たる「イ401」のプラモデルキットを改造し、自分(イ402)のプラモにするなどのお茶目な姿も見ることができる。また強襲海域制圧艦「ズイカク」にヤマトの指令を持っていった時などは、巫山戯て時代劇のような口調になる。
その後タカト、ズイカクとともにハルナたちを迎え撃つために横須賀に潜入。
そこで人間と触れ合い、いつの間にかイオナみたいな変顔をするようになる。
また人間と交渉を有利にするために料理を始め、配給された米でせんべいを作り霧の艦隊では戦術的な観点から廃止されたが、諜報の世界ではなにがあるかわからないという理由で復活された艦載機セイランに乗ってやってきた400に振舞った。
ちなみに400が乗ってきたセイランはズイカクが402の料理用の魚を獲るための漁に使用した。
この時に獲ったものかは不明だがハルナたちの対策を話し合う際にズイカクが獲ってきたカツオの刺身とマグロの兜焼きを割烹着姿で作った。(なお味は好評)
この時の話し合いの時に日本政府が自分とタカオが霧であることに気づいていることを報告(タカオとズイカクは動揺したがすぐに納得した)、そして自分たちとハルナのいざこざには無視を決め込むであろうと語るも、これは期待値でしかないため現状自由に動ける自身が人類側に干渉することにする。

アドミラリティ・コードを探せ

神2号が書く本誌アワーズに掲載されるこのコラムに登場するメンタルモデルの中でもっとも本編とのキャラ崩壊が激しい。一人称が俺様になるときがある。
時に400にツッコまれ時に暴走しまくるメンタルモデルにツッコム。
オタク文化にどっぷりと嵌っており、ア○メイトなどでアルバイトをし、更にはコンゴウ本なる薄い本を作成(ちなみに一応作成自体は当人の許可を得てはいるのだが、中身が18禁な内容だったためにコンゴウ様にバレた時にはフルファイアで木っ端微塵にされ、コアをはるかかなたに投げられた釣りをしていたイオナに回収されチビメンタルモデルを形成するだけのナノマテリアルを与えら、アド探の前身である共同戦術ネットワークで彼女が行った「悪」について言及された挙句オムライスにケチャップで「大好き」と書かされるという精神的屈辱を味わった)。
またなぜかカップ焼きそばに熱く語ったことがある。
原作での群像とイオナの出会いの物語を収録したドラマCD「TRIO TRIANGLE」(別名「僕の彼女は潜水艦」)におまけとして収録されたものでは真の演技力「真の演技力とは、自らを鍛錬し、いくたの困難を乗り越え獲得して輝くもの!」や萌えについて「なんか最近萌えといえばエロみたいに思ってねえ、作る側も買う側も安易に萌え萌え言うけどそんなの違うんですよ!萌えって言うのはさー、そーじゃないんだよ。例えば鉄板あるだろ、鉄板!あれ見て硬さ輝きに惚れ惚れしたりするだろ?それも萌えなんだよ!鉄板がお前の心になにかを芽生えさせたんだよわかる!?エロエロエロエロ言いやがってうるさいんだよ!お前らにはそれしかないのか?おっぱいか?おっぱいがいいんか!!?そんなことだから隙を見せてしまってなぁ法律がなあ!条例がな!!」と熱く語った。

ソルティ・ロード

原作の外伝となる今作ではズイカク・タカオと共に横須賀にて潜伏活動を送っている姿が描かれている。
昼は学園に通っているタカオ、釣りなどで外出しがちなズイカクに代わって掃除洗濯炊飯といった家事全般を請け負っている。二人の弁当を毎日ちゃんと用意していたり、部屋を散らかしていると怒ったりとその行動は実際主婦じみており、二人からもお母さん呼ばわりされている。なお本人はそう呼ばれるとすごく怒るが、自他共に順調に定着しつつあり、本人もタカオやズイカクに対する強い親心とそれを否定する理性によって悶々とするようになった。また主婦として人間ネットワークへの潜入を行った結果、完全にその一部へと入り込むことに成功しており、ある意味では三人の中で最も人間社会に適応しているともいえる。
ちなみに人間たちの打ち上げに参加した時には「酒に酔う」シミュレーションを行った結果、泣き上戸になってしまった。どうやら主婦として相当ストレスがたまっていたらしい。

ちなみにこのお母さんネタだが、初手はソルティ・ロードと同時に開始されたGH版アド探とも言うべきタカオ部の第一回目にて、本人が今の自分の姿はお母さんにしか見えん。と言ったものが最初である。このネタをソルティ・ロードで拾われた影響か、その後のタカオ部でもたびたびお母さんネタが使われるようになるどころかとうとう本編で割烹着姿のお母さんにしか見えない格好をするようになる。
なおArk神版ではこのお母さんネタをイオナと取り合うぐらい気に入っている。

アニメ

アドミラリティコードに忠実であり霧に感情は不要であると認識している。その為か感情をもった霧のメンタルモデルを排除しようと暗躍しているように見える描写がみられる。
疑似プログラムであるマヤコンゴウの元に送り込んだのも彼女らであると示唆できる演出がなされている。
また結果的にそれらがコンゴウを追いつめラスボスを演じさせる原因を作ったと言えなくもない。
黒幕的な役割を演じているがアニメ本編中に総旗艦ヤマトが登場していないため、本当の黒幕が何者かはアニメ本編では示唆されておらず何者の意思でそうしていたのかも不明のままイ401アルス・ノヴァの放った浸食魚雷からイ400をかばって艦首が大破、制御不能になり圧潰深度を突破するという形で撃沈された。
皮肉なことに撃沈間際に自らにも感情が実装されたことを姉(イ400)共々理解した。












以下、劇場版ネタバレ

撃沈されていたが、そのコアは生き延びており蒼き鋼に回収された。ヒュウガによって解析され、ヤマトとムサシが潜んでいるとされる海域の場所を知らせる結果となった。残念ながら、それ以外のデータが殆ど死んでいるらしく、メンタルモデルの復元は絶望的と思われる。

関連タグ

蒼き鋼のアルペジオ ヤマト タカオ イ400 イ401 イオナ
潜水艦 潜水空母 伊400 ズイカク

pixivに投稿された作品 pixivで「イ402」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 791720

コメント