ピクシブ百科事典

ヤマト(蒼き鋼のアルペジオ)

やまと

『蒼き鋼のアルペジオ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:中原麻衣

概要

人類に敵対している「霧の艦隊」と呼ばれる第二次世界大戦時代の艦の形状を模した艦艇群の中の一隻。戦艦ヤマトのメンタルモデル。艦の形状は、旧日本海軍の大和型戦艦一番艦の大和を模している。「霧の艦隊」の司令塔でもある総旗艦で、クラスは「超戦艦」級。

原作版

総旗艦殿


メンタルモデルの容姿は黒髪ロングに(ウェディングドレスと一瞬間違えそうな)白いドレスを纏った女性の姿。ヒュウガ達によって過去の「第4施設焼失事件」で行方不明・死亡認定となった主人公の千早群像の幼馴染、天羽琴乃とそっくりであることが確認されているが、その真実は不明である。総旗艦らしくどこか超然とした佇まいを持つ。ナガト同様に、ヤマトとは別に「コトノ」と呼ばれるもう一体のメンタルモデル(?)を有している模様。
コトノは他のメンタルモデルとは瞳が違っており、快活な印象を持つ。ヤマトとは知識が異なっているような振舞いを見せる。

霧の総旗艦として基本的に自身からアクションを起こすことはなく、直属の偵察艦隊であるイ400イ402を通して事の推移を傍観しているのみである。メンタルモデルを得たことによって、派閥や政治的争いなど内紛を起こしつつある霧の艦隊だが、彼女自身は「一人はつまらなかった」と変化を歓迎している節を見せている。千早群像に対して深い理解を示し、彼を見守っている節がある。またムサシと千早群像の父親、千早翔像とのやりとりから、千早群像に何らかの危機が訪れた場合は彼女が動き出す旨が示唆されている。

超戦艦級らしく高い能力を持っておりタカオが乗っ取った駆逐艦・カスミの制御を片手間で奪い返したり、自身の演算能力のほんの一部を分け与えるだけで駆逐艦・ユキカゼにメンタルモデルの形成能力を与える等規格外。
艦のスペックとして僅かに判明していることとしては、超重力砲を無効化するミラーリング・システム、最上位クラスの索敵能力を持っている。

劇場版

総旗艦ヤマト


前編「DC」では冒頭で何者かに撃沈されたという描写、ヤマトがイオナに群像の下へと行くように命令を出したこと、ヤマトとムサシが最上位の総旗艦として存在している事実のみ。
後編「Cadenza」ではその真実が語られる。
艦のスペックとしては片舷16門、両舷合わせて32門という桁違いの数の超重力砲、ミラーリング・システムなど圧倒的なまでに桁違いの性能を有する。
なお、注意深く見ればわかるが、原作版の船体のデザインと劇場版での船体のデザインは違っている。展開形態へ変形するための分割ラインの位置が異なっている。

総旗艦勅命!? アドミラリティ・コードを探せ!!

アワーズ本誌連載のおまけコーナー「アドミラリティ・コードを探せ」においてはコトノはドラマCDでは声優が付かなかったことでいじりまわされ、アニメ版で出番が無かったことに対しては声優を堀○由衣能○麻美子中○麻衣のいずれかを希望し荒ぶっていた。
そんなこんなの末、ついに劇場版に登場。もっとも、前編であるDCでは何者かに撃沈された時に一部が見えただけで他は見えなかったが。後編である「Cadenza」ではキーパーソンとして本格的な登場となるがどういったことになるのかは現時点では不明。
声を担当するのは中原麻衣。1年半以上前からの作者の希望がようやくかなった形でもあった。
「Cadenza」が公開されてからの「アドミラリティ・コードを探せ」では案の定、ヤマトだけに声優が付いて、コトノが登場しなかったことに対しやっぱりグレていた。その時の文句からしてあからさまに正体がバレバレな気がするが。

関連タグ

蒼き鋼のアルペジオ 千早群像 イオナ
ムサシ ナガト コンゴウ ヒエイ ハルナ キリシマ ヒュウガ タカオ マヤ イ400 イ402

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマト(蒼き鋼のアルペジオ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 385703

コメント