ピクシブ百科事典

コンゴウ(蒼き鋼のアルペジオ)

こんごう

『蒼き鋼のアルペジオ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:ゆかな(TVアニメ)、桑島法子(ドラマCD)

人物像

人類に敵対している「霧の艦隊」と呼ばれる第二次世界大戦時代の艦の形状を模した艦艇群の中の一隻。
戦艦コンゴウのメンタルモデル(人間の姿を模す意識体)。艦の形状は、旧日本海軍の金剛型戦艦一番艦・戦艦金剛を模している。メンタルモデルの容姿は真紅の瞳に癖のある金髪をピッグテールにし、非常にスカートの長い黒いドレスを着た女性の姿。

「霧の艦隊」の東洋方面第1巡航艦隊の旗艦で、クラスは「大戦艦」級。ヒエイハルナキリシママヤなどを指揮下に置いている。キリシマやマヤより遅くメンタルモデルを実装したようで、最初はメンタルモデルの感触に戸惑ったり、物臭な仕草を見せた。
自由奔放なナガトやつかみどころのないヤマトに比べて、かなり真面目で堅物な人物である。そして行動が直線的であるために、「動きがあからさますぎる」とヒュウガ達に揶揄されたり、自分の作戦にかかりっきりなところを付け込まれてキリシマに説得されたりしているなど、堅物ゆえに手球にとられることも多い。
しかし真面目ゆえか自分の非を認めて部下に謝ったり、部下とはいえ同格の相手には気遣いをする一面もある。
またただ堅物というだけではなく、キリシマやナガトの言葉を受けて艦隊包囲網にわざと穴を開けて群像たちの行動に反する人類勢力を硫黄島に向かわせるように仕向ける柔軟性も持ち合わせている。
思惑の計り知れないヤマトや、人間と行動するムサシのことを特に警戒している。
よく海鳥と戯れている姿が見られる。そのため非戦闘時の艦には常に海鳥が群がっており、艦しか描かれていないコマでもどの艦が「コンゴウ」なのか艦の区別ができない人でも一発でわかる。

401との本格的な交戦が開始されて以降、本格的に401を自ら潰すために旗艦装備を持ちだすという事を行っている。旗艦装備の艤装が完了するまでは動けない状態が続いてたが艤装の完了後は旗艦装備によって次々と増援を転送し続けている。
自身が損傷してまで401にダメージを与えたミョウコウに「良くやってくれた。無理はするな下がれ」と言って彼女を下がらせたあと、彼女のとった行動にメンタルモデルは諸刃の剣であり、自身のこの高揚感も危険と発言した(コンゴウは過去に「メンタルモデルのメリットも理解したがデメリットも多いようだぞ?」とヤマトに発言している)。
また戦闘中の401の行動から(海底峡谷でアクロバット、いきなり旗艦である自身に攻撃などしているにも関わらず)大胆さが欠けているとして中に千早群像が乗っていないことを看破。
そのために401だけではなく彼が乗っている可能性を見た(実際乗っている)「マツシマ」も沈める必要があると発言するなど、群像への評価も高い模様。

アニメ版

ハルナとキリシマが撃破されるところまでは大体原作通り。
ただし原作と違って頑固な彼女を諭すナガトやヤマトといった上位艦が登場しないため、意思が硬直したままであり、より堅物の優等生といったキャラとなった。
結果、アドミラリティ・コードの存在に大きく依存しており、その規範から外れることを極端に嫌うようになっている。

タカオ、ハルナ、キリシマが千早群像達と行動を共にしている事に業を煮やして硫黄島に乗り込み、群像達と会談。
群像と401を霧の艦隊を腐敗させる不穏分子と断定し、振動弾頭の破壊も兼ねて硫黄島を攻撃する。
しかし401の追撃に固執するあまり群像の作戦にまんまと嵌り、結果として401も振動弾頭も取り逃がしてしまう。
そして「401に固執するその行動自体アドミラリティコードに反した行動である」としてイ400イ402に艦のコントロールを掌握され、更に唯一の自分の理解者だと思っていたマヤも400と402が作り出した傀儡であるという事実を明かされ、今までの心の拠り所を一斉に失い、茫然自失となる。
自暴自棄となったコンゴウは自力で封印を解き、マヤと麾下のナガラ艦隊を吸収。巨大浮遊要塞へとその姿を変え、超巨大超重砲でアメリカ担当の霧の艦隊を一掃。続いて全ての元凶たるイオナたちと無理心中するべく、牙を向いた。
その後イオナのメンタルモデル単身による説得(物理)ではメンタルモデルを得たことで得てしまった(アドミラリティー・コードに反してしまった)背徳感や(マヤを失った)喪失感に恐怖・恐慌し、メンタルモデル(人の心)などほしくなかったと吐露。
だが最終的にはイオナに全てを受け入れられた上で「友達」になり、和解。そしていつかイオナたちと一緒になれる自分に変わることを約束して、一人旅立っていくのだった。

ちなみに、アニメオリジナル要素として他の艦との通信時にテーブルと椅子が用意された空間で紅茶を飲む描写が追加された。この描写が追加された代わりに原作にあった海鳥と戯れるシーンは無くなっている。

また、交渉失敗に至るシーンでは皆とバーベキューに参加したはいいものの何故かピーマンだけを一口齧ってやめており、視聴者の中には「もしかしてピーマンが苦かったから怒ったんじゃ……?(汗)」と疑念を抱く人もいたようだ。
そして再放送時に公開されたショートアニメ「霧くまs」にて、この件をネタにしたシーンが登場し、ある意味公式化してしまった。あちゃー……

完结纪念
それでも一口たべた




劇場版「DC」時点ではまだ音沙汰は無い模様。

新衣装コンゴウ様


しかし、劇場版2作目「Cadenza」では霧の生徒会に苦戦するイオナの増援に新衣装で駆け付けるといった活躍をみせた。

余談

コンゴウの紋章は実は現段階で確認できるだけでもハルナ、キリシマ、タカオ、マヤ、そしてナガラ級の艦尾甲板部分にも描かれている。これらは所属艦隊というものを表している。
但し、面積の関係なのか、戦艦と重巡で微妙にデザインが異なっている。

関連タグ

蒼き鋼のアルペジオ 千早群像 イオナ
ヤマト(蒼き鋼のアルペジオ) ムサシ(蒼き鋼のアルペジオ)
ナガト(蒼き鋼のアルペジオ) タカオ(蒼き鋼のアルペジオ)
ヒエイ(蒼き鋼のアルペジオ) ハルナ(蒼き鋼のアルペジオ)
キリシマ(蒼き鋼のアルペジオ) マヤ(蒼き鋼のアルペジオ)
ヒュウガ(蒼き鋼のアルペジオ) イセ
戦艦金剛:モチーフ元

pixivに投稿された作品 pixivで「コンゴウ(蒼き鋼のアルペジオ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3859751

コメント