ピクシブ百科事典

妖怪紅茶くれ

ようかいこうちゃくれ

日本の妖怪史に新たにその名を刻んだ妖怪。一説ではブラウザゲームから生まれた妖怪といわれている。
目次[非表示]

概要

普段は巫女服アレンジしたような服装美少女であるが、妖怪としての姿が現れると外見こそほとんど変わらないものの、表情が変わり何かに飢えたかのように紅茶を欲して探し回るという妖怪である。紅茶を猛烈に欲して探し回ること以外は人畜無害といわれており、紅茶を与えると無邪気に喜んで元の美少女に戻る。

紅茶くれに紅茶あげた


要するに

ブラウザゲーム艦隊これくしょん』に登場する艦娘の一人である金剛が紅茶を猛烈に欲しているネタイラストにつけられるタグ
金剛(艦娘)のキャラ設定の元である旧日本海軍の巡洋戦艦「戦艦金剛」が英国ヴィッカース社に発注して建造した艦なので、「英国生まれ」という事と「英国人が無類の紅茶好き」という事から生まれたネタ
ネーミングの方の元ネタはどっかの薩人マシーンであろう。

英国人にとっての紅茶は、生活必需品であるにも関わらず、茶樹が育たない英国では、紅茶を自国で生産できない(21世紀に入ってから、地球温暖化で少数生産できるようになったようだ)。

ちなみに

なお、戦時下の日本でも紅茶にしろ日本茶にしろ茶葉に困ったという話はほとんど聞かない。むしろ戦前の日本は紅茶を輸出していた。なお輸入品しかないコーヒーは事欠いたそうだ。

「戦時中、日本は物資統制下におかれ国民は困窮した」と言われがちだが、これは誤りとは言わないまでも妥当とは言えない面もある

むしろ国家総動員法制定から太平洋戦争中盤の昭和17年中頃までは戦時特需で、世界恐慌の後の需要不足が解消しきれていなかった状態からしたら、はるかに景気はよかったのである(戦争が始まると軍需物資の大量生産が必要になり、一気に需要不足が解決するわけである--これは同時期のアメリカ合衆国やドイツも同じ)。むろん戦時下であるから贅沢品など統制される物資はあるし、労働力不足のために諸々のサービス水準が低下したりするわけだが、ほとんどの人々は日々の食事に事欠いたりすることはなく、都市部では一般市民が外食する余裕さえあったと言う。

それが一気に悪化するのは昭和20年に入り日本近海に機雷が大量投下されて、外地との交通および内航海運が遮断されたためである(アメリカ軍による飢餓作戦。当時も今も、内航海運の重要性は非常に大きい)。満州や北海道でとれた石炭小麦を本州に満足に運べない有り様では、戦争継続どころではない。そしてもしこの飢餓作戦と並行して鉄道の破壊が効果的に行われていれば、東京大空襲などの戦略爆撃がなくても日本は降伏していたとされる(国鉄職員の必死の努力もあって、終戦時まで全国の鉄道網は機能していた)。

そして意外にも「電力が不足した」という話もない。これは戦前の日本のベース電源が水路式の水力発電だったためである。だから沿岸部の火力発電施設をB-29で爆撃しても電力網をストップさせることはできなかった。いかに縦深のない日本の国土と言えど内陸部の水力発電所をピンポイント爆撃するのは、米軍と言えども(低高度では日本の戦闘機は十分に強かったので)自殺行為でしかなかったのでやらなかった。

関連タグ

艦隊これくしょん 金剛(艦隊これくしょん)
本当は怖い艦これ ア艦これ
紅茶 ネタ

妖怪甘味くれ

関連画像

紅茶ァァ!!
紅茶風呂


紅茶中毒戦艦



だいたいはひさちゅう氏だったりする……が

金剛の紅茶



たまにガチなのも混ざってたりする。

外部リンク

妖怪「紅茶くれ」ニコニコ大百科の当該記事……だがこちらは金剛以外にもいる

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪紅茶くれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 898331

コメント