ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ピーマンナス科の一年草、およびその果実。
トウガラシの栽培品種に分類される。
果肉種子以外ほとんど空洞である。

日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わった「イスパニア種」を品種改良した、中形で色のものが多い。
色なのは果実として未成熟なためであり、一般的な品種は成熟すると色になる。黄色橙色に変わる品種もあり、北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。

ピーマンたち



トウガラシの仲間とされるが辛みは一切なく、その代わりアルカロイド系の化合物を含むため苦味が少々強く、また微妙にだが青臭さもある。
そのため、『子供の嫌いな野菜』の代表格として長年君臨しており、3位圏内から落ちたことはほとんどないほどの不人気ぶり。
同時に(成長に伴う味蕾の衰えや慣れにより)「大人になると普通に食べられるようになる野菜」の一つでもあり、嫌いで居続ける人のほうが少ない。
ピーマンの実がこのような進化を遂げたのは、嗅覚が高い哺乳動物に実を食べられないようにし(実際、草をよく食べるカンガルーカピバラですら早々に逃げ出すほど)、逆に嗅覚がとても低い鳥に実を食べさせることで種を広範囲にまき散らさせて繁栄させる為である。

主に、肉詰め野菜炒めとして調理される。
特に、中華料理青椒肉絲(チンジャオロース)はピーマンとのみの野菜炒め(場合によってはも少し入る)で、これでもかとばかりにピーマンが主役を張る料理でもある。

余談

とある文献によれば、
ピーマンには「ペピトロンH」と呼ばれる物質が含まれており、これを苦手とする異星人が存在していることが明らかになっている。
ピーマンを嫌いな人は人間にもたくさんいるのは前述の通りだが、普通の人間には何も感じないが地球人の中にもペピトロンHを微量ながら感じる者もいるのだろう、と文献の中では言われている。

ピーマンが嫌いなキャラクター

漫画

アニメ

その他

随時募集中

関連タグ

食べ物 野菜 唐辛子 パプリカ 赤ピーマン
ピーマンマン P子 ぽろり ピートン

サルサソース:大量のパプリカを刻んで合えるため、強いピーマン臭が特徴。プリングルズはよくこの味を再現したと言える。
タイガーマスク:ジャガーマンシリーズの最初の作者千賀が「タイガーマスクの口を型にして作ったピーマン」を作った。

ピーマンを食べるタイガーマスク

関連記事

親記事

唐辛子 とうがらし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 792424

コメント