ピクシブ百科事典

コレット・ブルーネル

これっとぶるーねる

コレット・ブルーネル(Collet Brunel)とは、PS2用またはGC用RPG「テイルズオブシンフォニア」のヒロイン。
目次[非表示]

タグは「コレット」で登録されることが多い。
が、ぱすてるチャイム魔法先生ネギま!のキャラクターと検索がかぶるため、このように検索しよう。

人物

※右のデータは「ラタトスクの騎士」のもの
年齢:16→18歳
身長:158cm
体重:44kg
クラス:神子
武器:チャクラム
声優:水樹奈々

本作のヒロイン。
かつて勇者ミトスによって封印されたディザイアンを再び封印し、神の機関クルシスから世界を救済する役目を背負ったシルヴァラントの神子。主人公・ロイド・アーヴィングの幼馴染。
神子という立場上周囲から浮いており、それ故にはじめて自分と友達になってくれたロイドには昔から淡い想いを寄せている。当のロイドは、当然のごとく気づいていない。

世界再生の旅の途中で背中に桃色の羽根が生えたため、それによって空を飛ぶ事ができる。ついでに肉体も強化されたため、リーガルを片手で持ち上げたこともある。
また、戦闘中、(羽根が生えた後は)常に宙に浮いた状態であり、移動スピードは純粋な前衛キャラ並に早い。
優しい性格で、おっとりしている。天然。世界各地の犬に名前をつけるほどの犬好き。犬以外にも動物全般が好きで、トカゲも可愛いと語っている。

おっきいあいてむすてぃーる。


かなりのドジっ娘であり、よく転ぶ。しかし、このドジが結果として冒険の助けになることも多々あり、かなりの強運を備えている。攻撃技にも、ずっこけてアイテムを盗む「アイテムスティール」や「ローバーアイテム」があるほか、秘奥義の「ホーリージャッジメント」は、天使術「ホーリーソング」の詠唱呪文を間違えた結果、偶然発動するというとんでもないものである。
そのあまりの幸運っぷりから、しいなから「神に愛されたドジ」と称された事も。

家族は父フランクと祖母ファイドラで、母は幼いころに亡くなっている。シルヴァラントでは神子は天使の子とされており、父フランクは実父でないとされているが仲は良い(なおクルシスの真相からフランクは紛れもなくコレットの実父であった)。ちなみに祖母は先代神子の妹であり、つまりコレットは先代神子の大姪に当たる。

「テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-」では、行方不明になったロイドを探す旅をしている。

ちなみにドジっ娘は健在である。

作中ではヒロインらしく、結構ひどい目に遭っていたりする。
・敵によく攫われる。
・実父だと信じていた男に結局は利用される。
・天使の力を得る度に五感をどんどん失い、中盤では声すら出なくなり、最後は自我をも無くす。
・天使化の弊害を克服した際、今度は「永続天使性無機結晶症」という病気に冒され、肉体が少しずつ結晶化するようになる。
・しかも、世間的には再生の旅に失敗した扱いになり、シルヴァラント中の住民から非難される。
・コレットルート及びクラトスルートの場合、最後の最後でまた攫われる。

テイルズオブバーサス』では、ロイドのパートナーとして登場する。

なお、マザーシップタイトルのヒロインで、純粋な回復術(回復技)が使えないのは、彼女が初(一応、回復効果のある天使術「リヴァヴィウサー」を使えるが、代償に自分が戦闘不能になってしまう為、およそ戦略的ではない)である。

また、天使の羽根を得るまでは、大半の術・技の習得・使用が出来ない。周回プレイでも同様なので、留意しておこう。

神子

神子として世界再生の旅を義務付けられてきたコレットだが、その旅の完遂は彼女自身の死を意味する。コレットは幼い頃からその事を知っており、自分が16歳までしか生きられないと理解していた。

再生の旅の中で天使化が進んでいくが、それに伴い激しい身体の痛みが襲い、味覚を含めた五感や声を失っていってしまう。旅の仲間に恵まれたコレットはその変化による苦痛を仲間たちに見せることはしなかったが、歴代の神子たちの中ではその苦痛に耐えきれずに逃げ出す神子もおり、本来なら神子の護衛役になる筈だった司祭たちは神子が逃げ出さないようにする為の監視役でもあった。

最後の「救いの塔」に辿り着くも、そこで心さえも失ってしまった。実はクルシスにとって神子とは、精神だけの存在となった女神マーテルの器候補である事が判明し、今までの神子たちは適合に失敗してしまったが、コレットは歴代神子たちの中で最もマーテルと固有マナ(遺伝子情報)が近く適合する可能性が高かった為、四大天使のクラトスが監視としてクルシスから派遣されていた。
しかもコレットの犠牲で確かに儀式が成立しシルヴァラントは救われるが、その結果裏側のテセアラが衰退し、それぞれ繁栄と衰退を繰り返すだけであった。この結果に納得しなかったロイドたちは、コレットも両方の世界も救う為に奮闘する。

神子は衰退世界と繁栄世界の両方に存在し、「クルシスの輝石」を持っている者が男女関係なく神子になるが、マーテルの器という目的上世界再生の旅に出るのは16歳の少女だけである。その為衰退世界では女児が生まれやすく、反対に繁栄世界では子孫を多く残させる為に男児が生まれやすく調整されている。

70年前のシルヴァラントの先代神子アイトラは、クルシスの輝石との適合が上手くいかずに途中で心が壊れてしまうも、司祭達に鎖で繋がれた状態で引きずられながら世界再生の旅を終え、「救いの塔」まで辿り着いた。しかしアイトラが心が壊れる前に旅の途中で助け同行していたハーフエルフの少年が、世界再生の旅の真相を知り恩人のアイトラを助けようとして、レミエルにアイトラを差し出そうとした司祭達と戦いになり、心が壊れていた筈のアイトラは自分を助けようとしてくれた少年を司祭達の攻撃から庇い、世界再生の旅を完遂する事なく絶命した。そしてハーフエルフの少年も司祭達も結局レミエルに全員殺されてしまった。
アイトラの死はクラトスとユアンにマーテルの死を思い出させる事となり、この出来事がきっかけでクラトスはクルシスを離反し、地上を放浪する事となった。

外伝作品出演


テイルズオブアスタリア

新衣装な神子様


第1章「星のカケラ編」からサブキャラとして登場。宗教国家シルヴァラントの象徴的存在「神子」であり、護衛役をロイドが務める。
第4章「追憶の楽園(エデン)編」では主人公を務める。しかし、原作及び第3章までの衣装から、肩と足を大きく出した新しい衣装(デザインは奥村大悟氏が担当)になっており、更にそれまでの設定と公式サイトでの紹介が異なっているようだが…?

テイルズオブザレイズ

期間限定イベント「ティル・ナ・ノーグSUMMER~奇跡の救世主とポチ太郎~」で参戦。
本作で、スターダスト、ヴォーパル・モーメント、ヴォーパル・クリティカル(ヴォーパル・モーメントの技変化)を新術技として習得。
魔鏡技は「ウイングレイス」「ホーリーソング」「ラビット・セブン」「マザーズ・ロザリオ」「マージナル・セラフィム」「プラチナム・リドレス」
「プラチナム・リドレス」は精霊装をレアリティ3まで強化すると使用可能になる。

関連イラスト

シンフォの
想いと一緒に千切れて-修正
**
この手のぬくもりを、
センシティブな作品
コレットちゃん



関連タグ

テイルズ テイルズオブシンフォニア シンフォニア コレット TOS 神子んび 天使 金髪ロング
ロイド・アーヴィング ジーニアス・セイジ ゼロス・ワイルダー 
ロイコレ 宮廷巫女の装束コレット

コレットさん…名前繋がり且つそっくりさん。中の人こと水樹奈々さんも同アニメに出演している。

関連記事

親記事

テイルズオブシンフォニア ているずおぶしんふぉにあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コレット・ブルーネル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2961605

コメント