ピクシブ百科事典

リフィル・セイジ

りふぃるせいじ

RPG『テイルズ オブ シンフォニア』に登場する仲間キャラクター。
目次[非表示]

登録タグは「リフィル」で固定される事が多い。

概要

※右は「ラタトスクの騎士」のもの
年齢:23→25歳
身長:166cm
体重:49kg
武器:杖
好物:レモン
声優:冬馬由美

主人公ロイドの担任教師で、ジーニアスの姉。海外版では「Raine」という名前になっている。
考古学や魔科学に詳しく、その知識を買われて世界再生の旅に同行する。中でも遺跡に関する知識は常識を外れており、語り出すと口調が変わり止まらなくなる「遺跡マニア」。
普段は落ち着いた物腰だが、怒らせると非常に恐ろしく、規則に従わない生徒にはとても厳しく対応する。特にロイドなどの生徒が真面目に授業を受けていなかったり、真剣な話題を茶化すような態度を取られたりすると、キツいお仕置きを与えている(チョーク黒板消しを投げつける、頭を叩く、お尻ペンペン蹴り技を喰らわせるなどなど枚挙に暇がない。もちろんこれは弟のジーニアスに対しても決して容赦はしない)。
戦闘では回復魔法と光属性の攻撃魔法を習得する僧侶タイプ。PS2版では「セイクリッドシャイン」と「フェアリーサークル」の二つの秘奥義を習得する。

無題


料理の腕は壊滅的。画期的という理由だけで辛いケーキを作ろうとするなど、恐怖の象徴となっている。また、この設定はしばしばネタにされる。
水が苦手で、それは彼女の過去に深い関係がある。




過去(ネタバレ注意)


※以下、シンフォニアの中盤から終盤へのネタバレを含むため、閲覧注意






実は彼女とジーニアスの生まれはシルヴァラントではなくテセアラである。
更に二人ともエルフの母バージニアと人間の父クロイツ・セイジの間に生まれたハーフエルフである。
普段は耳を隠している理由は、ハーフエルフであることがバレるのを防ぐため。
リフィル達ハーフエルフを生んだことで母はエルフから迫害を受けることになり、そして幼いころから優秀な頭脳を持っていたリフィルは王立研究院に狙われる。王立研究に囚われれば奴隷のような生活を送らされるために、両親はそれを拒んでセイジ一家は逃亡生活を余儀なくされる。

水が苦手なのは真冬の海に船で逃亡している最中、追っ手に海に落とされて刺すような冷たさの中溺死しかけたトラウマからである。

ジーニアスが生まれてまもなく追っ手に追い詰められ、母は苦渋の決断で異界の扉を用いて伝説の地とされていたシルヴァラントに子供たちを送り込んだのである。
しかし、シルヴァラントもハーフエルフへの風当たりは強かったために、姉弟はそこでも迫害を受け、リフィルは幼い弟を育てながら苦労の生活を送り、やがてエルフと偽ってイセリアに落ち着くことが出来た(小説によればイセリアで流行っていた疫病を救ったのがきっかけ)。

尚、遺跡に対する強い執着心も自分達を異世界に送った異界の扉のある遺跡を探したいという想いが起因している。

両親は子供達をシルヴァラントに送った後、放浪生活の果てに行き倒れ、ハーフエルフたちが住む空中都市エグザイアに保護されるも父はまもなく死亡し、それをきっかけに母は精神を病み始めてしまう。

とあるイベントでセイジ姉弟は母と再会するも、すでに母の精神は人形を娘リフィルと思い込み、記憶も二子(ジーニアス)を妊娠しているときまで退行してしまいお腹にいるはずもない赤ちゃんがいると思い込む程悪化しており、成長した我が子達を認識できなかった。


…ネタバレ終了



その他の作品での出演

テイルズオブシンフォニア』や『ラタトスクの騎士』以外の幾つかの作品にも登場。


テイルズオブザレイズ

ロイドと共に参戦。
初登場は第9章前編『二人の神子とマナの世界~訪れる異変~』
13章でプレイヤーキャラとして実装予定であり、魔鏡技などは不明。


関連イラスト

遺跡マニアの先生
ラタトスク風秘奥義リフィル


/せんせー\
生きる。とは学ぶこと



関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブシンフォニア TOS
ロイド・アーヴィング コレット・ブルーネル ジーニアス・セイジ 藤林しいな

pixivに投稿された作品 pixivで「リフィル・セイジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66510

コメント