ピクシブ百科事典

天馬司

てんまつかさ

スマートフォン向けアプリ「プロジェクトセカイ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

この俺こそスターになるべき男ッ!

CV:廣瀬大介

概要

自信過剰な目立ちたがり屋。
調子に乗りやすく、また乗せられやすい。
子供の頃に見た劇団のショーに憧れ、世界一のスターを目指している。
病弱な妹・咲希を励まし、兄として頼れる一面も見せる。
(公式サイト/CHARACTERより転載)

プロフィール

性別男性
誕生日5月17日
身長172cm
学校神山高校
学年2-A
趣味ミュージカル観劇 衣装づくり
特技どんな時でも即カッコいいポーズができる ピアノ
苦手なもの・こと虫(特に多足)
好きな食べ物アクアパッツァ 生姜焼き
嫌いな食べ物ピーマン


人物像

毛先にかけて橙色のグラデーションがかった金髪。所謂ナルシストであり、自分は将来世界一のスターになる男であると信じて疑わず、度々「スターたるもの~」といった発言が出る。アルバイトの面接に訪れたフェニックスワンダーランドで彼、及びワンダーランズ×ショウタイムの物語は展開する。
常套文句は「天翔けるペガサスと書き、天馬!世界を司ると書き、司!その名も――天馬司!」
自身の通学する神山高校では学級委員会に所属しているが、神代類と共に変人として有名で風紀委員を務める白石杏曰く「大体なんかやらかすのはあのふたり」。

言動が大袈裟故に普段はボケが多く変人と称される彼だが、それ以上に同ユニットのがぶっ飛んでおり、彼らを前にすると草薙寧々と並んでツッコミ役へと回ることが多い。
また行儀や礼儀に関しては厳格な面を持っており、アルバイトの面接会場を教えてくれたスタッフには一度立ち去ろうとしたものの引き返してまで感謝の意を述べ、サイドストーリーではハンカチやウェットティッシュを持ち歩く、東雲彰人に「食事の前の手洗いうがいは常識」、「はい、は1回だ!」、「口の中に物を入れながらしゃべるんじゃない!」などの小言を漏らしていた。
口先だけでなくショーに対する熱意自体は本物で、神代類の無茶難題に思える演出に応えられる身体能力、演技やダンスが出来たりショーの脚本を担当、日常的にもある時は妹の為に朝食を作ったり中級レベルとはいえ裁縫技術があったり、母親が講師だった影響でピアノが弾けたりと何気に多才。ピアノ繋がりでVividBADSQUAD青柳冬弥とは面識があり、良き相談相手として彼からは尊敬されている模様。チームを組むと特別な掛け合いが聞ける。

妹である天馬咲希のことは幼い頃からとても大切に思っており、彼がスターを志すようになった要因の一つ。
デートという単語が飛び出た際にはかなりショックを受けながらも激励を送ったり、体調を気遣うあまり時折過保護になってしまうこともあるが、基本的には付かず離れずで非常に良好な関係。咲希もまたそんな兄を慕いLeo/needの面々にも、咲希の良き兄としての顔を見せる。

関連タグ

プロジェクトセカイ
ワンダーランズ×ショウタイム

関連記事

親記事

ワンダーランズ×ショウタイム わんだーらんずしょうたいむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天馬司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 977467

コメント