2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

にこにこぷん

にこにこぷん

『にこにこぷん』とは、『おかあさんといっしょ』のコーナーで放送されていた人形劇である。
目次[非表示]

概要

おかあさんといっしょ」にて、1982年4月から1992年10月まで放送された人形劇
原作・脚本は井出隆夫(作詞家山川啓介の本名)。
ちなみにタイトルは「にこにこ、ぷん」読点の入る表記揺れもある。

じゃじゃまるぴっころぽろりの3匹のキャラクターが登場する。
これまでメインキャラクターは基本的に男子のみだったが、この作品からは必ず女子が入るようになっている。

放送期間は10年半、放送話数は全2229話。これは歴代着ぐるみ劇で最長である。
初代『ブーフーウー』から本作以前の22年半の間、人形劇は原則3年前後で交代していたが、第8作目にあたる本作から『ぐ~チョコランタン』までの3作で27年というロングラン放送が続いた。

放送当時は生まれていなかった世代でも「『にこにこぷん』は知っている」という人は多いのでは。
放送終了から25年以上経った今でも高い支持を受けている。続編ともいえる後継作品『ドレミファ・どーなっつ!』と度々共演し、BSでレギュラー番組を受け持ち、2009年以降もNHKの子供番組で時々ゲストで呼ばれている。

にこにこぷん



主題歌

オープニングテーマ「にこにこ、ぷん」


作詞:井出隆夫 作曲:越部信義

初代エンディングテーマ「まねっこぷん」
1983年度までの2年間はこのエンディングテーマだった。

2代目エンディングテーマ「さよならマーチ」
1984年度からコーナー終了まで8年半に渡って放送され、歴代のエンディングテーマでは、「スプラッピ スプラッパ」に次いで長い。出演者が作ったハンドゲートを子供達がくぐるスタイルはこのエンディングからスタート。
アウトロ部分のアレンジは1986年度までと1987年度以降で変更され、CD音源ではアウトロやハンドゲート部分のアレンジがTV放送版と異なる。

共演者

うたのおにいさん

5代目:かしわ哲(1982年~1983年)
6代目:林アキラ(1982年~1985年)
7代目:坂田おさむ(1985年~1992年)

うたのおねえさん

14代目:しゅうさえこ(1982年~1983年)
15代目:森みゆき(1983年~1987年)
16代目:神崎ゆう子(1987年~1992年)

たいそうのおにいさん

8代目:瀬戸口清文(1982年~1987年)
9代目:天野勝弘(1987年~1992年)

身体表現のおねえさん

初代:馮智英(1982年~1992年)
※出演者で唯一全期間で共演した。

その他

古今亭志ん輔(1984年~1992年)
※1985年9月までは「古今亭朝太」

関連タグ

NHK教育 おかあさんといっしょ
人形劇(おかあさんといっしょ)

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1041041

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました