ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ブンブンたいむ

ぶんぶんたいむ

「ブンブンたいむ」とは、過去に「おかあさんといっしょ」で放送された人形劇である。放送期間は1979年4月~1982年3月。
目次 [非表示]

概要

同時並行で放送された『ミューミューニャーニャー』を除き、人形劇シリーズ歴代7作目にあたる。


前期の『ゴロンタ劇場』の形式を引き継ぎ、開始から暫くは子供達と人形劇キャラクターが直接触れ合う形を採っている。

しかし1981年4月からは、人形劇の公開形式が「子供達がいるスタジオで、子供達が見ている前で直に演じる」形式から、現在でもおなじみの「人形劇を別のスタジオで撮影する」形式に改められている。


放送終了後も『ゴロンタ劇場』と共にファミリーコンサートにゲスト出演している。


キャラクター

  • ブンブン

CV:小原乃梨子

本名「ブンブン・イザトナルトブン」。

レッサーパンダの男の子。一人称は「ボク」。

普段はおとなしいが、尻尾を踏まれると怒って強くなる。


「タヌキのブンブン」「アライグマのブンブン」と覚えられていることが少なくないが、正しくは「レッサーパンダのブンブン」である。


  • つねきち

CV:山田康雄

本名「いなりやま つねきち」。狐の男の子。一人称は「あたし」「オレさま」。

ズル賢く、いつもあの手この手でブンブン達を騙しては、楽をしたり、自分だけ得をしようと目論む。そして痛い目を見る。

「わいわい」「~ってばさってば」といった、独特の口調でしゃべるのが特徴。


  • ごじゃえもん

CV:肝付兼太

一人称は「アタイ」。「おしらせどり」という鳥(?)の男の子。

口がメガホン状になっており、背中にネジを背負っているのが特徴。

語尾に「ごじゃる」をつけて喋る。

背中のネジが切れると、動きが極端に鈍くなったりする。

また、この時逆方向にネジを巻くと、「テケースタ」と叫びながら後ろ向きに走ってしまう。

放送開始直後は「おしらせどり」と呼ばれていたが、その後、一般公募で名称が募集され「ごじゃえもん」となった。


また、声を演じた肝付は次作の『にこにこぷん』で、ふくろこうじ・じゃじゃまる役として出演した。


小ネタ

実は「ブンブンたいむ」の面々は、「おかあさんといっしょ」の人形劇キャラクターとしてはNHK紅白歌合戦に出演した回数が多く、キャラクター全員で第30回(1979年)・第31回(1980年)・第46回(1995年)の3回。また、ブンブン単身で第43回(1992年)に出演している。

2024年現在までに、「おかあさんといっしょ」の人形劇キャラクターで同回数出演しているのは「にこにこぷん」の面々のみである事を考えると、放送期間の割に出演回数が多いと言って良い。


  • 「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート

今ではおなじみの「ファミリーコンサート」。その公演が開始されたのは「ブンブンたいむ」終了から約3年後の1985年以降の事だが、本作の面々はこちらにも顔を出しており、1989年春の30周年記念コンサートに出演し「にこにこぷん」の面々と共演。

また、同年秋のコンサート、1990年秋のコンサートにも出演している。


そして放送終了から30年後……

朝

突如、彼等はゆっくりした。


関連タグ

NHK NHK教育 おかあさんといっしょ

人形劇(おかあさんといっしょ)

ごじゃえもん いなりやまつねきち(つねきち)


ゆっくりした結果がこれだよ!!!:ゆっくりしていってね(ゆっくり)

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11289

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました