ピクシブ百科事典

ガウリイ=ガブリエフ

がうりいがぶりえふ

『スレイヤーズ』に登場する金髪長髪の剣士。
目次[非表示]

概要

CV:松本保典

リナ=インバース相棒
かつて、魔獣ザナッファーを倒した「光の剣の勇者」の末裔で、超一流の天才剣士
職業はフリーの傭兵だが本人ですら時々忘れかける。

身長182cmの長身長髪金髪碧眼イケメンであるが、戦闘以外は万事に疎く物事には拘らない。リナと同等以上の大食い
ガウリィのトレードマークのような青いは巨大なシーサーペントを加工した物らしい。
腕前はの間を通して切断したり、の上に乗せたコインを瞬断するほどのものであり、それなりに腕が立つリナですら「何をやっているのか目で追えない」と言わしめるなど、おそらく作中でも最強ランク。その他にも菱の実をで弾き離れた敵を攻撃するなど結構芸達者な人物。
体力トロルオーガに喩えられるほど高く、実際それらの巨体と怪力を持つモンスターを何の魔法的能力も使わず剣一本で仕留めたりバーサーカーで倒したりするなど完全に人間離れしている。
性格は生真面目かつ実直で鷹揚な人物だが、場の空気を読まなかったり、天然な上とぼけた所がありピントのズレた発言をしては周囲に嘆かれる。リナ曰く、「脳みそキクラゲ」「頭蓋骨の中にパスタが入っている」「クラゲ頭」「スケルトンと知恵比べしてタメ張れる」「オーガの体力にスライムの知能」等。
しかし感覚は人間のレベルを超えており、リナでさえ気づかなかったゼロスの正体を、出会った当初から見抜いていたと、しれっと衝撃の告白をしてゼロスさえも含めたその場全員を驚かせた。

リナが盗賊の逆襲に遭っている時に勝手に救いに来たが、「いい女かと思ったらドングリ目のペチャパイのチビガキじゃねーかよ」と滅茶苦茶落胆し、たまたま行き先が一緒だったため保護者代わりに付いてきた。このセリフから察するに、どっかの乳しかとりえのないねーちゃん辺りが好きな外見の可能性があるが、ゲーム版や角川つばさ文庫版でその乳しかとりえのないねーちゃんと出会った際にはリナの母親と勘違いしてコブ付き呼ばわりしたくらい(リメイク版ではリナは12歳と原作より幼い)で特にこれといって絡んでもいない。

前述の通り、出会った当初は小柄なリナの「保護者」のつもりでいたが、一連の出来事を共に潜り抜けていく内に、互いに信頼する良きパートナーとなったようだ。(恋愛感情は不明。それ以前に脳の中身が危ぶまれている)
メタい事を言うならば、作中の世界観を読者に理解させるため、読者と同じく独自の観念や知識に対して無知であるキャラクターが求められ、常にリナと行動を共にするガウリィがその役割を背負うことになった。
天然ボケで物を知らないという特徴も、その魔法に関して無知であるという部分がどんどん発展していったもので、それに伴い性格も初期から変化していった経緯がある。

原作1巻の直前を描いたすぺしゃる21巻の外伝小説「刃の先に見えるもの」では主人公を務め、態度のデカい雑貨屋の親父と共に魔族と闘う。
本作終盤では盗賊に追われる少女を助けようとするが、その少女はどことなく武器屋の親父と似ており…。

劇場版スレイヤーズ第一作ではガウリイに良く似た光の剣の所有者ラウディが金髪碧眼エルフ・メリルーンと共に登場。しかしガウリイと直接の関係があるのかは語られなかった。 ガウリイの話でのみ登場する婆ちゃんと関係があるかどうかは不明。

RTされたらシリーズ001



武器

光の剣

旧友への誕生日絵!


ガブリエフ家に代々伝わる家宝。普段は普通のを被せているが、物理攻撃の効かない相手には刃を外し(柄の留め金をで突くことで抜ける)、中から光の奔流となったライトセイバー状の真の刃を顕現させる。この光の刃は持ち手の精神力を具現化したもの。かつて魔獣ザナッファーを撃ち滅ぼしたのもこの光の剣である。
また、魔力を載せることも可能であり、人類最強魔法である竜破斬を上乗せした際には中級魔族カンヅェル(竜破斬の直撃に耐えたほどの実力者)に引導を引き渡していた。
正体は並行宇宙を支配する闇を撒く者ドゥグラディグドゥ武器「烈光の剣(ゴルンノヴァ)」。最期は冥王フィブリゾによりスレイヤーズ宇宙から追放された。

斬妖剣(ブラストソード)

フィブリゾ没後に「魔族と闘える魔剣」を捜して放浪していたリナとガウリイが魔力剣を集めていた悪党から奪った剣。当初は本来の刀身に鋼を巻いて表向きの刀身とすることで封印されていた。
伝説級の武器ではあるが、その正体は周囲の魔力を吸収することにより万物を断つ魔剣であり、封印を施さなければに入れることすらできず、地面に落としでもしたら大地をどこまでも突き破ってマントルに直行するとまで言われていた
とにかく切れ味「のみ」に特化したため扱いづらい事この上なく、ガウリイの様な一流の剣聖のために存在するような武器である。
見方を変えれば、周囲の魔力を攻撃力に転化する性質上、周囲が高濃度の魔力で満ちていたり、相手が高位魔族のような高い魔力を持っていればその攻撃力は光の剣以上となり、理論上は魔王クラスにも通用する。

余談

作中の設定によるとガウリイの魔力容量(キャパシティ)自体はあと一歩で「竜破斬(ドラグ・スレイブ)」が使えるクラスと、かなり高いのだが記憶力がない為魔法を使う事が出来ないとファンから言われている。

関連タグ

Slayers スレイヤーズ 松本保典 メカクレ 残念なイケメン
愛すべき馬鹿 お人好し 
表記揺れ: ガウリイ ガウリイ・ガブリエフ
ルパン三世 祖先が有名人と金欲なトラブルメーカーな彼女?持ちつながり

pixivに投稿された作品 pixivで「ガウリイ=ガブリエフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138069

コメント