ピクシブ百科事典

概要

CV:冬馬由美

サイラーグの神官長のでサイラーグの巫女頭。長い黒髪美人
言葉使いは丁寧だが、さらりときついこと言ったり、子供の頃に「祝福の剣(ブレス・ブレード)」を隠したことを気にしてなかったりと、中々いい性格をしている(アニメでは、やや天然ボケな面が強調されている)。かつてサイラーグで起きた事件との関係で、ガウリイとは本編以前から面識がありガウリイに好意を抱いている。白魔術を得意としているが、何故か黒魔術最強の呪文「竜破斬(ドラグ・スレイブ)」が使える。原作ではこの不意打ちで、魔族と読者の度肝を抜いた。しかし、アニメでは攻撃呪文が苦手でヘナチョコ炎の矢くらいしか使えないことになっている(「竜破斬」は使用可能)。
神託を授かる能力があり、リナに「重破斬(ギガ・スレイブ)」が世界を滅ぼしかねない物だと教える。

原作3巻にてコピー・レゾによって町の人間が抱きこまれ、孤立していたところにゼルガディスに会い、ゼルガディスと共にレゾを暗殺しようとするが失敗、逃げる途中でリナ達と合流した。サイラーグが壊滅した後はセイルーンの親戚の元に身を寄せる。なお彼女はセイルーンの「第一王子」に幻想を抱いており、この時「実物」と対面して激しいショックを受け、寝込んでしまった(その為、セイルーンで起こった一連の騒動には登場しない)。

その後、フィブリゾによって再現されたサイラーグの噂を聞き、真偽を確かめに行く途中に、リナ達と再会する。第1部終了後のREVOLUTIONでは、巫女の仕事の傍ら、軍の救援部隊の手伝いをしていることが語られている。

なお、角川つばさ文庫版では1巻より登場し、以降リナ達と旅路を共にする。
また、「スレイヤーズろいやる」等のゲーム版ではよく終盤に参戦する。(アニメでも同様に終盤から参戦することが多い。その為、当時の一部のアニメ雑誌では「終末を呼ぶ女」という微妙なキャッチが付けられていた)

アニメ版準拠なためか「竜破斬」以外に攻撃魔法を使えないが、アメリアとの差別化もあり回復系に特化したキャラとなることが多い。

関連タグ

スレイヤーズ

関連記事

親記事

スレイヤーズ すれいやーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シルフィール=ネルス=ラーダ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シルフィール=ネルス=ラーダ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30109

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました