ピクシブ百科事典

金色の魔王

ろーどおぶないとめあ

『スレイヤーズ』に登場する存在。
目次[非表示]

概要

彼女(?)のことは、呪文「重破斬(ギガ・スレイブ)」の詠唱文に表されている。
通称「L様」。作中では金色の魔王、悪夢の王、すべての闇の母、魔族たちの真の王、混沌の海にたゆたう者などと称される。

スレイヤーズの世界観では、『混沌の海』に突き立てられた杖の上に世界が存在すると言われており、主人公であるリナ=インバースも彼女のことを『混沌の海にたゆたう魔族達の王』だと思っていたのだが、実際は『混沌の海そのもの』であり、魔族のみならず神族や人間を含む『生きとし生ける者すべての母』(世界の創造主)と言える存在であった。

本編ではリナが発動した完全版重破斬により、リナの身体を拠代として降臨。金色の魔王と気づかず攻撃してきた冥王フィブリゾを「自分に牙を剥いたのでムカついた」という理由で滅ぼした。(なお、漫画などではリナの「世界を魔族の遊び感覚で滅ぼされたくない」という願いから降臨した。その際彼女は「私の力を借りれば相応に失うものもある(等価交換?)」とリナに語っている)

彼女の力を借りる術として、重破斬(ギガ・スレイブ)と神滅斬(ラグナ・ブレード)が登場している。
どちらも詠唱は二種類あり、誤った解釈で魔王に呼びかける不完全版、正しい解釈で混沌の海に呼びかける完全版がある。
当然完全版の方が強力だが、その分消費魔力や制御難度が飛躍的に異なる。そのためリナは、正しい解釈を知った後も敢えて不完全版を唱えた事がある。

重破斬(ギガ・スレイブ)

虚無の端末を引き込む、つまり金色の魔王の一部を降臨させる呪文。未完成版は闇の球を目標内部に転移して、闇の火柱を弾けさせ目標を破壊する。完全版は完全に金色の魔王を降臨させる様なものであり、作中ではリナの身体を拠代として降臨している。

詠唱の内容を見ても分かる通り、元々は竜破斬をベースとした改変黒魔術であるが、消耗のレベルは竜破斬の比ではなく、作中何度かある使用場面ではいずれも使用後リナは生命エネルギーの過剰消耗から白髪になっている。
シルフィール曰く「あの神託が本当なら、世界が滅びます」。

詠唱(重破斬)

闇よりもなお暗き存在(もの)、夜よりもなお深き存在
※混沌の海にたゆたいし 金色なりし闇の王
我ここに汝に願う、我ここに汝に誓う
我が前に立ち塞がりし全ての愚かなる者に
我と汝の力もて等しく滅びを与えんことを

※完全版は「混沌の海よ、たゆたいし存在、金色なりし闇の王」

神滅斬(ラグナ・ブレード)

虚無の闇を刃状に収束させる術。切れ味は桁外れに高く、並の魔族はおろか、上位魔族ですら直撃すれば一撃で倒せる程。原作版では短剣程の長さしかないが、アニメや漫画版ではリナの背丈以上の長剣並の長さだった。当初は不完全版だったが、後に完全版として完成した。

重破斬同様に金色の魔王の力を借りて発動する黒魔術であるが、消耗の度合いは現実的なレベルに収まっている(が、リナ曰く「これで素振りをしようものなら数回で倒れることになる」)。竜破斬などと異なり周辺被害が最低限であるなどユーティリティ性も高く、原作第2部及びアニメ版においてはリナの主武装になっていた。

詠唱(神滅斬)

※天空(そら)の戒め解き放たれし
凍れる黒き虚(うつろ)の刃よ
我が力、我が身となりて共に滅びの道を歩まん
神々の魂すらも打ち砕き

※完全版は「悪夢の王の一欠けよ、世界(そら)のいましめ解き放たれし」

関連タグ

スレイヤーズ Slayers

pixivに投稿された作品 pixivで「金色の魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14618

コメント