ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ただしフルネームは、本編中で明かされることは無かったようである。


ゼルガディス」タグが使われるのがほとんど。

また、「ゼルディガス」、「ゼガルディス」など間違った名前で呼ばれることも。


概要

CV:緑川光


原作1巻から登場。赤法師レゾひ孫説もあり)の青年。強さを追い求めていた所をレゾに誘われ、邪妖精(ブロウ・デーモン)、岩人形(ロック・ゴーレム)を合成された合成獣キメラ)の姿に変えられてしまった(体のいいモルモットにされた)。その外見は青黒いのような硬い青肌金属のようなという異質なものであるが、リナ曰くハンサムとのこと。ガウリイのことは「ガウリイの旦那」と呼んでおり、目上ともとれる接し方をしている。


性格

原作

基本的にクールな性格だが、周りの人間に非常識人が多いので突っ込み役に回ったりする。また、時々お茶目。

目立つ容姿とかつての悪行から、人目を避けるため人ごみの中では常に白いフードマスクなどで自分の顔を隠している。その恰好のせいで余計に目立っているのでは、という意見もあるが、本人にその自覚があるかは定かでない。


アニメ版

アニメでは原作よりもお茶目な面やギャグキャラとしての面が強めともとれる。

また、人前でもフードやマスクで顔を隠していない場面がある(ただし、後期については人目を避けようという意識が薄れている可能性あり)、登場回の増加、扱える魔法の増加、魔道知識に長けている、アメリアやエリスとの接点についてなど、原作と異なるところがある。


アニメ版ゼルガディスが他メディアと大きく違う所は、やはりアメリアとお互いを憎からず思う関係となることだろう


EVOLUTION-Rでは合成獣にされる以前の話が語られた。ただしどこまで原作者の考えに沿っているかは不明。

ちなみに、「レゾがゼルガディスに力を与える交換条件として賢者の石を探す手伝いを提示したこと」にはなぜか触れていない。


ストーリーへの絡み

レゾの命令で賢者の石を探しており、それを所持しているリナとガウリイの前に刺客として立ちはだかる。当初はやや強引だが商談で事を治めようとしていたが、リナが無茶な条件を突き付けて事実上拒否されたため戦いとなる。リナが『あの日』で不調だったことでリナを捕らえることに成功する。リナを尋問する際はゾルフからR指定な内容を提案されたが、ゼルガディスは「ピーピー泣く女を抱くなんて無理だ」と拒否している。


その後、場が鎮まったところで密かにリナを助け出し共に逃亡する。実は自分の身体をこんな風にしたレゾを怨んでおり、復讐する機会を狙っていた。ディルギア率いるトロール魔族が現れるが、駆けつけたガウリイとゼルガディスについてきたゾルフ、ロディマスの助力でこれを撃退する。


直後に現れたレゾとの戦いでは、賢者の石を飲み込んだことでシャブラニグドゥ(の分身であるレゾ=シャブラニグドゥ)に変化したレゾに圧倒される。ゾルフとロディマスが犠牲となり、残された三人は部下になるように降伏を勧められたが拒否。一度は三人で撤退したが、リナの援護を担い、レゾ=シャブラニグドゥ撃破に一役買った。


以後は元の身体に戻る術を探し回っており、リナ一行から離脱。後に異界黙示録(クレアバイブル)」の情報を得るため同行し、冥王フィブリゾとの決着後(2部)からは完全に離脱した。


番外編では主人公を務めており、自分と同じく化け物に変えられてしまった男と交流を得るストーリーが描かれた。しかし男は心まで醜くなり果て、人間を殺していたことが判明。交戦の末膝をつかせ、命乞いされるが「人間」として彼の行いは見過ごせずトドメを刺した。


2部終了後の「アテッサの邂逅」では再びリナ達と合流し、事件解決に協力した。


能力

高い技術を持つ剣豪でありながら魔法も使える魔法剣士。しかしアメリアに教わるまで初級呪文の「治療(リカバリィ)」を使えなかったなど攻撃系以外の呪文のストックは少ないようである。

「魔皇霊斬(アストラル・ヴァイン)」という武器に魔力を込める呪文を多用するほか、「地撃衝雷(ダグ・ハウト)」「崩霊裂(ラ・ティルト)」など主に渋い魔法を使う。


アニメでは「治癒」と原作ではマイナーらしい「翔封界(レイ・ウィング)」、さらに高位の黒魔術なども使いこなし、さらに強力になっている。


勝率はガウリイほどではないが高い方で、戦った相手の殆どに勝っている。魔族に追い詰められたアメリアを助けたこともあった。戦い方に関しては一切容赦がなく、原作一巻では再生能力を持つトロールを串刺しにすることで虐殺、リナも引く凄惨な光景を目の当たりにさせた。


漫画版

漫画『超爆魔道伝』では、前述のトロール串刺しの最中にテンションが上がるという一面を見せており、あまりの容赦のなさにリナも恐れをなしていた。

顔芸をしたのはここくらいで、以後は原作よりもクールになっており、盗賊いぢめをしたリナに対して「面白いか。クズ共をいたぶるのは?」と真顔で告げている。


『ファルシェスの砂時計』では、クールだが自分たちが世話になっている村人たちに不安を与えないよう、魔法で戦うのは控えた方がいいと口にするなど気遣いが見られた(隔離された孤島なので見慣れない力で騒ぐのは混乱を招くと判断した)。


不慮の事故(リナの魔法のせい)で船が難破してしまい隔離された孤島に流れ着いてしまい、脱出するための情報収集をしていた。しかしリナたちは水着に着替えて遊び惚けて(現実逃避して)おり、ゼル1人で島を周っていた。

序盤で合流するがリナから「あ、ゼルいたの?」と言われてキレそうになるのを我慢する。

ガウリイからは「魔法で空を飛べばいいじゃないか」と言われたが、「向こう岸が見えないほどの距離を飛ぶには集中が持たず海の底だ」と呆れた様子で答えている。


同じくクールで博識なミリーナとは意見の交流がしやすく、孤島から脱出するための情報収集の際にはペアを組んだためルークからは猛烈に嫉妬された(未遂に終わったが斬りつけられそうになった)。


リアリストということもあり、あらゆる可能性を考慮するので言いにくいことも口にしてしまうことがある。このためアメリアに不興を買って頭を叩かれてしまった。

これ以外にもアメリアとセットで描かれることもあったが、恋愛要素と呼べるのは後述のシーンくらい。


終盤ではラスボスの配下たちをルークとの同時攻撃(魔皇霊斬と魔王剣)で撃破した。

ラストバトルではラスボスの半身と戦うもピンチのアメリアを庇い、二人揃って戦闘不能となる。

その後、ルークの奮闘によってラスボスの半身は倒され、ラスボスもリナが作った隙を突いたガウリイによって仕留められた。


外部出演

2020年11月のコラボイベントでリナ、ガウリイ、アメリアと共に登場。

魔鏡技は「覇王氷河烈」


ファンタジア文庫のキャラクターが集結していたスマホゲーム。(現在はサービス終了。)

序章より登場し、クエストクリア報酬として全プレイヤーが獲得可能だった。作中での活躍から「師匠」の別名で呼ばれる。

なお、こちらでも度々名前の誤植ネタが発生する。

種類は☆3ペネトレーター。絵師は伝勇伝のとよた瑣織氏。サービス開始前にリビルド絵が先行公開されその特徴的な姿にファンはざわめいた。


開催されたコラボイベントにてNPCとして登場。


関連タグ

スレイヤーズ Slayers 魔法剣士 緑川光


ゼルアメアメリアとのカップリングタグ。主にアニメでこの二人はお互いを憎からず思う関係である。原作や義仲翔子の漫画版「超爆魔道伝スレイヤーズ」では二人の関係に特に甘い物は見られない。


表記揺れ: ゼルガディス ゼルガディス・グレイワーズ

関連記事

親記事

スレイヤーズ すれいやーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75901

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました