ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スレイヤーズ

すれいやーず

『スレイヤーズ』とは、神坂一によるライトノベルのシリーズ、及びこれを原作とするアニメ作品。
目次 [非表示]

概要

富士見ファンタジア文庫より刊行された神坂一のライトノベルシリーズ。

主人公の魔道士リナ=インバースが各地を旅しながら、魔法をところ構わずぶっ放し、盗賊から追い剥ぎをしつつ、各地の名物を食いまくる物語。


ガウリイ=ガブリエフを相棒に展開する本編「スレイヤーズ」と、主に白蛇のナーガがレギュラー登場する外伝「スレイヤーズすぺしゃる」「スレイヤーズすまっしゅ。」で構成される。


明朗な印象の強い本作だが、原作本編は他のメディアミックス作品に比べて殺伐とした世界観が色濃く出ていて、意外とシリアス寄り(特に第二部は結構陰鬱で悲劇的だったりする)。一方の外伝では珍妙なキャラクター達と理不尽な騒動でひたすらギャグに突っ走る。


1990年代中盤からTVシリーズが3年に渡って放映され、同時に映画やOVAも制作されるなど当時たいへんな人気を博したタイトルで、ライトノベルを原作にしたメディアミックスブームの先駆け的な存在である。

原作の発表手法を反映して、本編系統(TVシリーズ)とすぺしゃる系統(第4作までの映画・OVA)で別々の制作体制が採られたのも特徴的であり、前者はイージー・フイルム、後者はJ.C.STAFFによる制作で、メインスタッフもそれぞれ異なる。


更に2008年からは11年ぶりに新作アニメが放送されるのを機にメディアミックスが再燃。


原作本編は2000年に完結していたが、その後も外伝「すぺしゃる」の連載が継続し、再アニメ化に伴う「すまっしゅ。」への改名後、2011年まで続いた。2018年には本編が18年ぶりに再開し、発売後即座に売り切れ重版が決定している。

現在は「17巻 遥かなる帰路(2019年10月19日発売)」までが刊行されている。


2009年には児童文学レーベル『角川つばさ文庫』でリメイクされた(執筆は南房秀久、イラストレーションは日向悠二)が、原作3巻のエピソードは1巻に統合されている。現在2巻(原作1巻「スレイヤーズ!」に相当する「リナとキメラの魔法戦士」、2巻「アトラスの魔道士」に相当する「リナと怪しい魔道士たち」)まで出ているが続報は不明。

また、リメイク版ではナーガとリナが一緒に旅をしており、それからガウリイと出会う筋書きになっており、原作では一度も顔を合わせていないキャラ同志の掛け合いも見られる。


ドラゴンマガジン19年7月号に於いて第3部開始の一報が伝えられ、新たな出会い、魔術大系などが登場すると云う。


なお、メディアミックスにおけるアニメ3期『TRY』、コミック『水竜王の騎士』、スーパーファミコン版『スレイヤーズ』は原作者によるとそれぞれ「パラレルな第3部」であり、正史の媒体は特に決まっていない(原作第3部も正史というわけではなく、「パラレルな世界観の一つ」という位置づけ)。


アニメ

テレビアニメ第3作まではイージー・フイルム、第4・5作と劇場版(『ぷれみあむ』を除く)とOVAはJ.C.STAFFが製作。

TVシリーズ

監督は渡部高志、キャラクターデザインは宮田奈保美が5作全てを担当。

OVA

  • スレイヤーズすぺしゃる 全3巻。1996年7月25日~1997年5月25日
  • スレイヤーズえくせれんと 全3巻。1998年10月25日~1999年3月25日

劇場版

  • スレイヤーズ(1995年)
  • スレイヤーズRETURN(1996年)
  • スレイヤーズぐれえと(1997年)
  • スレイヤーズごぅじゃす(1998年)
  • スレイヤーズぷれみあむ(2001年)

関連イラスト

スレイヤーズ面白いってばよスレイヤーズ .Thanks 2010

¤RevolutionTRY!

主な登場人物

主人公パーティ


赤法師レゾ一味


セイルーン王家


魔王崇拝教団


ルヴィナガルド


魔道士協会


魔族


その他原作に登場する人


原作以外


関連タグ


他の記事言語

Slayers

関連記事

親記事

神坂一 かんざかはじめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25016297

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました