ピクシブ百科事典

日帰りクエスト

ひがえりくえすと

『日帰りクエスト』(ひがえりくえすと)は、神坂一による日本のライトノベル。イラストは鈴木雅久。角川スニーカー文庫刊行(全4巻)。南天佑による漫画版も出版されている(全9巻)。
目次[非表示]

概要

異世界に召喚された村瀬栄理は、自身を召喚した魔道士レックスに舌先三寸と脅迫によって、休日の暇潰し目的で毎週日曜日午前10時に召喚し続けることを約束させる。その後、人間の国家であるファインネル王国とギオラム・バスカーと呼ばれる竜人の国家との争いや、ギオラムの奴隷狩りなどに巻き込まれた栄理はひょんなことから2国の関係を揺さぶる要因となっていく。

登場キャラクター

エリ(村瀬栄理)
普通の高校2年生。召喚先の異世界の様子を知るためだけに、ただの偶然で選出される。特別な能力は何も持たないが、異世界の人間と違う価値観やそれに伴う行動は彼女に関わったファインネル王国とギオラムの人物に良くも悪くも影響を与える。

クルーガー=ゼス=ファインネル王子
エリが召喚されたファインネル王国の第二十五代王位継承者。ギオラムの侵略によって父王等を亡くしており、領地奪還のため王位に即位しないまま、ギオラムの占領軍と戦っている。始めは物見遊山的にしか見えないエリに大いに反発していたが、エリと触れあううちに、少しずつ心を許してゆく。

レックス(レキサンドラ)
ファインネル王国の魔道士。小心者であり、エリに振り回されるが魔道の腕は人間の中では高い。

ラーディー
ファインネル城跡周辺に造られたギオラムの街に住む学者。青い肌をした女のギオラムで、ギオラムから見ると美人だそうで、外出の際はナンパを防ぐため顔の半分を布で覆っている。奴隷となったエリを人間研究の題材として購入し、交流を持つこととなる。

ベヅァー
ファインネル城跡の結界を生み出し、また、結界の塔を守護する白い肌を持ったギオラムの術者。強力な魔道の使い手であり、黄金王とも謁見できる高い地位の魔道士。半ば偶然にも似た顛末で、エリの為に手痛い敗走を強いられ、エリに執念深い憎悪を燃やす。シリーズを通してエリを狙う最大の敵。



関連タグ

神坂一 角川スニーカー文庫

pixivに投稿された作品 pixivで「日帰りクエスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1931

コメント