ピクシブ百科事典

獣神官ゼロス

ぷりーすとぜろす

『スレイヤーズ』に登場するキャラクター。自称・他称ともに「通りすがりの謎の神官」
目次[非表示]

それは秘密です。」
CV:石田彰

概要

スレイヤーズ』シリーズに登場するキャラクターである。
常に笑顔を絶やさず、味方かわからないのキーマンとして暗躍する。
都合の悪い質問はそれは秘密ですの決めセリフではぐらかすのがお約束である。
のどかな口調で温厚な雰囲気を漂わせているが、本性は極めて冷徹残酷
リナ曰く「談笑しながら相手の首をかき切るタイプ」。

主にアニメ版における演出表現としては、普段は笑顔の状態で閉じられている目を開いた瞬間が、冷徹な本性を現した状態となる。
pixivではほぼ「ゼロス」のタグのみで投稿されているので「スレイヤーズ ゼロス」で検索すると良いだろう。

人物

登場時は自称・他称共に謎のキャラクター(通りすがりの謎の神官?)だったが、実は魔族である。
呪符(タリスマン)「魔王の血(デモン・ブラッド)」を所持していたが、これをリナに目を付けられ、彼女の口車に乗せられて物々交換で譲る事になった。

後の展開を見ると仕組まれていた(予定通り)ように見えるが、その時はリナとは全く関係なく、呪符(タリスマン)を渡す必要は全くなかった。では何故渡したのかというと「単なるもののはずみ」その事で貸した当人から大変怒られらしい(事実原作のあとがきで「貸した呪符(タリスマン)返せ」と言われていた)

その正体はかなり高位の魔族であり、「赤眼の魔王」シャブラニグドゥの腹心の一人・獣王ゼラス=メタリオムが創り上げた唯一の側近で、その実力も五腹心達に次ぐ者である。五腹心はそれぞれ神官と将軍を複数生み出しているが、ゼラス=メタリオムはゼロスのみを生み出しているためゼロスは他の腹心の神官と将軍全員分の実力を持っている。(単純に考えて竜神官、竜将軍、海将軍、海神官のそれぞれの2倍、覇王将軍、覇王神官のそれぞれの4倍の実力となる)
千年前の降魔戦争では竜族をほぼ壊滅させた事から「竜を滅せし者(ドラゴン・スレイヤー)」の異名を持つ。

は言わないが本質は話さず、相手が誤解しやすい話し方で誘導し、己の都合の良いように動かす。

神官の格好をした黒髪の男性の姿をしているが、本来は「漆黒」の様な形態をしている。
作中のレギュラー陣の中では、間違いなく最強のキャラクターである。

エピソード

原作は5巻から、アニメ版では第二期のNextから登場する。
原作での本格的な出番増、及びアニメ化の相乗効果で活躍が目立ち始めると人気が爆発し、公式の第3回人気投票では主人公のリナを抑え(5147票)1位(6359票)に輝いた。
当時のアニメ雑誌の人気ランキング常連キャラでもあり、未だに根強い人気を誇るものの、演じる石田彰は「ゼロスがどうしてこんなに人気があるのか、いまいちピンとこない」とのことである。

関連イラスト

獣神官
▲


祝☆スレイヤーズ一挙放送
困ったものです


関連タグ

スレイヤーズ Slayers XELLOSS
それは秘密です
おかっぱ男子 申公豹

pixivに投稿された作品 pixivで「獣神官ゼロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41045

コメント