ピクシブ百科事典

目次[非表示]

フィブリゾとは『スレイヤーズ』に登場する魔族の1人。

CV:伊倉一恵

概要

「赤眼の魔王」シャブラニグドゥ五人の腹心のひとり。称号は冥王(ヘルマスター)。本拠地は神封じの結界の東「滅びの砂漠」。原作第一部におけるラスボス。
属性精神方角中央

腹心の筆頭で五人の中で最強の力を持つ存在であり、魔王が封印され、唯一復活している北の魔王氷漬けでまともに意思疎通できないため、魔族上層部の行動の指揮はほとんど彼が執っている。後述の経緯により本編時点では直属の部下はいない。

性格は殷険悪辣で、自ら力を使うことよりも策を用いて戦うことを好む狡猾な策略家。
ガーヴゼロスからは蛇蝎のごとく嫌われ、リナ=インバースも「根性悪魔族」と呼んでいる。

外見で人間を油断させて騙しやすくするため少女と見間違えるような少年の姿をとっている。漫画『超爆魔道伝』では「リナと知り合った少女の姿を奪った」という設定で登場するため、言動や立ち振る舞いがかなり女性的なものになっている。

精神世界を自由に操り、輪廻転生を視る力で封印の解けかかった魔王の存在を察知することができる。その力を利用して約1000年前にデーモンを大量発生させ争いの種をまくことで魔王の封印が解けやすい状況を作りレイ=マグナスを魔王に覚醒させた。この時に冥神官と冥将軍(裏設定ではいずれも女性)を失っている。
本編では北の魔王から金色の魔王呪文を使う人間の存在を教えられリナに重破斬を使わせ世界を無に帰す計画を立ててそのついでに裏切った魔竜王ガーヴを滅ぼそうと画策。順調に事を進めたが、最後の最後でリナに金色の魔王が降臨していることに気づかずに攻撃したことで「彼女」の怒りを買い、逆に滅ぼされる。
この結果をリナは「運よく生き残った」と述べている。スレイヤーズとしては珍しく戦いらしい戦いが描かれなかった敵である。

L様曰く「あとがきをちゃんと読め」とのことである。

フィブリゾの力を借りる呪文には冥王幻朧呪(ラグナ・ドライブ)、冥王降魔陣(ラグナ・ブラスト)などがあるが、
彼が滅んだ後は呪文そのものが使用不可能。

余談であるが、本編開始前の時系列であるすぺしゃるでは、リナがある依頼で適当に高位魔族の名前を出すときにフィブリゾの名前を出しており、その時は「カマドウマの足を長くしたような外見をしており、得意技はセクハラだ」と適当な事を言った。リナ当人は、フィブリゾと関わる予定は無いが、もしも聞いていたら怒りそうな発言と思っている。後に嫌でも
関わる事になるとは思ってなかった様子。

ガーディアンテイルズ

ガーディアンテイルズで開催されたコラボイベントに登場。
ガーヴの残留思念だけでなく彼の残留思念もカンタベリー王国に出現していた。少女に化けて城下町でガーヴが盗賊ギルドに成りすまして悪事を働いている同時期に拉致事件を起こしていた。
相変わらずやりたい放題するガーヴを始末した際にリナ達の前に現れ、交戦状態となった。リナは彼の残留思念も存在していることを予測していた。ゼロスからは「残りカス」と言われた。
あまりにも強力な敵であったがエヴァが魔力塔から魔力を供給したリナが放ったラグナ・ブレードで倒された。誘拐された人々もゼルガディスとアメリアによって救出された。

関連タグ

スレイヤーズ 冥王 ショタジジイ

ガーディアンテイルズ

関連記事

親記事

五人の腹心 ごにんのふくしん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フィブリゾ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フィブリゾ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました