ピクシブ百科事典

竜破斬

どらぐすれいぶ

竜破斬(ドラグ・スレイブ)とは、ライトノベル作品である『スレイヤーズ』に登場する魔術である。本作を代表する魔術の一つであり、この詠唱が出来ない奴はスレイヤーズファンに非ず、と言わんばかりの超メジャーな呪文。
目次[非表示]

表記揺れ
ドラグスレイブ

概要

赤眼の魔王(ルビーアイ)シャブラニグドゥの力を借りて放つ呪文で、主な使用者はリナ=インバース

人間の引き出せる限界魔力(人にはそれぞれ魔力そのものを溜めこむプールみたいなのがあり、そこから魔力をくみ出すバケツギリギリまで詰め込んだのが竜破斬)を全て使用した最大最強の黒魔術。一般的に使用できる魔術としては「これより強力なもんなんかない」と思われている。
一つくらいなら丸ごと消滅させるほどの威力を持ち、アニメ版の各シリーズ第一話のラストでは必ずこの呪文が使われており、リナの代名詞とも言える魔法である。
勘違いされやすいが「爆発を起こして巻き込む技」ではなく「対象を爆発させる技」であり、爆発は単なる二次災害に過ぎない。メカニズムの実体としては物理空間の裏側に存在する精神世界面から呪文の破壊エネルギーを叩きつけ、その余剰エネルギーが物理空間に爆発という形で溢れ出すというもの。その性質上、精神攻撃という側面があり、実体を持たない存在や物理肉体に依存しない魔族にも有効である(これは黒魔術全般に共通することだが)。従って下級魔族ならば即死、中級魔族でもかなりのダメージを与えうる。

しかし原作小説において当初さほど印象的な存在ではなく、長らくリナの手で使用されることすらなく(初使用はなんと四巻)、決め技どころか有効打になる場面すら少なかった。
リナの代名詞たる存在としてこの呪文を昇華したのはアニメシリーズにおける必殺技扱い、およびギャグ短編シリーズ「スレイヤーズすぺしゃる」における爆発オチ用途であろう。
付け足して言えば、原作長編小説で活躍しなかったのはドラグスレイブが過剰火力になる市街戦・対人戦が多かったというのも要因として挙げられる。その分、リナの近接戦闘における技の冴えや駆け引きの手腕、ガウリィとのコンビネーションが描写されてもいるのだが。

長編小説最終章においては、一巻で無効だったドラグスレイブが意外な形で決め手となる。

作中ではカンヅェルとの戦いにおいて、ガウリイ光の剣に上乗せして使用したシーンもある。

詠唱

黄昏よりも昏きもの 血の流れより紅きもの
時の流れに埋もれし 偉大な汝の名において
我ここに闇に誓わん 我等が前に立ち塞がりし すべての愚かなるものに 
我と汝が力もて 等しく滅びを与えんことを!

使用者


関連タグ

スレイヤーズ 神坂一 リナ=インバース 魔法

pixivに投稿された作品 pixivで「竜破斬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94605

コメント