ピクシブ百科事典

斬妖剣

ぶらすとそーど

斬妖剣とは、架空の作品に登場する剣やスキルについて表す言葉。 こちらでは、「スレイヤーズ」に登場する剣について主に記載。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • fateシリーズのサーヴァント・哪吒の保有スキル。


概要(ネタバレ注意)

スレイヤーズの主要人物、ガウリイゴルンノヴァを失った後に、とある町にて入手した剣。
本編では伝説の剣の一種として、名前だけが広まった代物で、番外編でも名前が使われたことがある。
はじめは、魔族に対抗できるだけの魔術が施された、無銘ながら有用な魔力剣としてガウリイが使用。ガウリイの技量の高さもあって、無銘の状態でもそれなりの働きを見せていたが、本編が進むにつれ、その正体が鋼の刀身をかぶせて封印された伝説の剣、斬妖剣(ブラストソード)であることが判明。
以降、終盤まで活躍するほどの魔剣としてガウリイに活用された。

ちなみに、なぜ鋼の剣にわざわざ伝説の剣が隠されていたのかというと、この剣、邪剣ととらえていいのか、魔剣ととらえていいのか判断に悩む代物で、周囲の魔力を吸収し、持ち主が必要と思う時でもそうでもないときもお構いなしに、切れ味一点に転化するという特性を持つ。
そのため、切れ味がとてもいいのは確かだが、魔族や敵対者だけでなく鞘なども斬ってしまう。
なんでも斬れるというフレーズはあるが、一応鞘に保管でき、こんにゃくなどで止めることが可能な斬鉄剣が可愛く見えるほどの問題児であるため、鋼の剣を鞘代りにして切れ味を抑え、保管などができるようにしたという、いわば苦肉の策。

一応、勇者と呼ばれても否定できないほどの剣技の腕前と、下記の処置などが行えるだけの魔術の知識が要求される武具なので、伝説の剣と呼べなくもないのだが、剣を嗜んでいる戦士はおろか製作者ですら迂闊に触れられない紙一重ぶりに、一部の登場人物から製作者の知性などを疑問視されたことも。(…心なしか、この魔剣の切れ味に耐えられるだけの強度を誇っていた鞘のほうが、伝説の武器のように思える気がするが、考えたら負けなのだろう)

これには本編でも指折りの剣士であるガウリイも、剣にも魔法にも精通しているリナも困ったようで、他の術者に切れ味を抑えるための処置をしてもらった。

ただし、欠点こそひどいものの、吸収する魔力が高ければ高いほど攻撃力が増していくため、持ち手の意志力を刃に変えるゴルンノヴァ以上の攻撃力を持つ。
特に、魔力の塊である魔族には致命的といってよく(吸収するのが「周囲の」魔力であるため、攻撃対象の魔力も切れ味に転嫁される)、理論上は魔王クラスにもダメージを与えられる。

関連タグ

スレイヤーズ ガウリイ=ガブリエフ 魔剣

関連記事

親記事

ガウリイ=ガブリエフ がうりいがぶりえふ

兄弟記事

コメント