ピクシブ百科事典

サービス終了

さーびすしゅうりょう

サービス終了は何らかのサービスが提供されなくなることで、主にオンラインのサービスが終了することを示す。
目次[非表示]

概要

広義的にはサービス打ち切られることを意味し、これは「ポイントカードの終了」など「商品券の配布停止」など複数の意味が存在し、ネットでも同様の意味として用いられ、ブログホームページ等のレンタルサービス提供終了、SNSコミュニティ閉鎖などに用いられるが、特にネットゲームおよびソーシャルゲーム運営終了の意味で使われることがあるため、この項目ではその点を中心に説明を行う。

初めに

あなたが今プレイしている作品がいつか、下手したら明日にはサービス終了が発表され、歴史から消え始めるかもしれない。本当に愛しているなら、忘れ去られてもいいと思うだろうか?

終了する理由

運営終了には複数の理由が存在する

  • 経営上の理由
  • ゲーム側の問題
    • 目的達成のためこれ以上動かす必要がなくなった
    • リニューアルのため
    • 現状以上の改良が不可能
    • プレイヤーの各種データが消失、回復不能

「打ち切り」と「予定終了」

一昔前のPBM等ではサービス期間を区切り提供( 6か月から1年 )されており、こちらの場合は上記の打ち切りと言うよりも無事に終了したと言えるかもしれない( ただし、人気のあったものはインターバルを置いて同様のゲームが行われる場合がある )。しかし近年のソーシャルゲーム等においては、そのようなことはほぼ発生せず、終了の気配がしだしたら、そのうち「重要なお知らせ」が運営から発表される、ということがほとんどである。

終了後の影響

かつての家庭用ゲーム携帯ゲーム( 以下"従来の作品" )の場合、販売が終了しようが、開発元が倒産しようがゲームから撤退しようが、実物が存在するならばゲームそのものにはあまり影響がない場合が多かったが、クライアントのダウンロードおよびサーバでのプログラム動作が必要となるソーシャルゲームは終了により様々な方面に影響が及ぶ。

二度と遊べなくなる

従来の作品は販売終了後や開発元の倒産、あるいは業界からの撤退などの後もハードウェア( ゲーム機 )および環境、そしてソフトウェアが存在すればいつでも遊べるし、ハードウェアや動作環境が入手できなくても近年は名作であれば移植の機会に恵まれたり、有名なシステムではエミュレータ等の各種手法も充実しているため、本来の対応機種に対するこだわりが無ければそれらを利用することでやはり遊べる。だがソーシャルゲーム等はサービス終了後、主たるプログラムおよび処理を行うサーバーが閉鎖されるため、オフラインモードのあるゲームでもない限り一切遊べなくなってしまう。仮にそうしたモードがあったとしても、オンラインでのみ入手できるアイテムや、オンラインのみで解除できる実績が取得不能になる等、プレイに多かれ少なかれ支障を来す場合が多い。

通信とゲーム

また近年のゲーム機用のゲームにおいても同様の状況が発生しており、例えばサテラビューなどは現状プレイ不能であるし、現在においてはダウンロード販売が主となり、フルバージョンのソフトウェアをパッケージソフトとして発売、あるいは移植する事は比較的少なくなっている。DLCなどが必要となる場合、同様の事例が発生し、例えば2015年9月10日までサービスが行われていた『プレイステーションモバイル』で配信されていたゲームは、サービス終了後も最後に機器認証を行った機器でのみプレイが継続できるものの、機器認証の手続きが終了しているので再認証は出来ないため、何らかの形でその機器が使用不能になってしまった場合は今度こそ本当に二度とプレイ不可能となる。

購入した商品の効力がなくなる

従来の作品ではアイテム課金に近い要素としてDLCが存在するが、これは基本的に「販売終了前に購入しておけば絶版後も購入した商品の恩恵は引き続き利用できる」場合が殆どである。しかしソーシャルゲームの場合前述の性質により課金要素に使用した金も無意味になってしまい、つぎ込んだ額が多ければ後悔や喪失感もそれだけ大きくなる。

場合によっては人々の記憶からも消え、歴史に残らない

従来の作品は前述の必要なものさえ揃えれば遊べることや移植版の多さから、有名な作品は勿論、無名な作品でも動作環境やその歴史が残る場合がある( むしろ「現存物が無い」、「開発された経緯が不明」といった作品の方が稀である )。一方ソーシャルゲームは注目されていた、あるいは著名シリーズ作品ならニュースサイト攻略wikiなど、記録が残る場合が多いためどのようなゲームだったか知ることが出来るかもしれないが、無名、かつユーザーも少なかった作品の場合紹介も攻略も行われず、情報が殆ど残らない場合も存在する。更にそれらが存在したとしても、サイトのリニューアルやサービス終了により、それらが削除される場合もあるため保存状態は不安定である。

著作権と作品保存面

そして前述のように終了後に遊べない以上、著作権が切れるまでは遠い未来でレトロゲームとして久しぶりに遊んでみるといったことすら出来ない。
その上、それまでには「動作させる環境」や「動かすべきプログラム」などが「存在しない」、あるいは「失われた」という事態も否定できず、こうなるとゲームの存在を覚えているのは「開発あるいは運営に関わった者」だけになり、彼らが忘れたり死んだりすれば完全に歴史から消えてしまうことになりかねない。

法律面

上記の作品保存面はかつてバーチャルコンソールJコミなどのDL販売や電子書籍が浸透する前には、割れ行為の格好の口実にされていた歴史がある。
この状況は同様に「プログラム等を不正に入手し非合法に動かす」ような違法な勢力の格好のカモにされる事も多く、違法な勢力にとってすればアップロード作品を含めデジタルデータならば、違法な形を含め後世まで残すことは技術的には簡単なのでサーバを稼動させるコストが発生するが、手に入れて「やる」価値は十分ある代物である。
実際に幾つかのサービス終了したゲームがプログラムなどが不正に入手されて非合法に動かされているといわれており、プレイヤー側にもウイルスや非合法のリスクこそあるが、如何せん需要・流通・文化保存面のリターンが大きすぎる。
現状、このままだと莫大な文化的・法律的損失が生じると考え、サービス終了後も合法的に独自のサーバーを立ち上げてプレイできるようにしようとしている団体や非合法な手段でしか遊べなくなる事と失われる事を防止する為に著作権保護期間を大幅短縮した上で作者の死亡だけでなく作品の絶版からも年数計算すべきという考えの集まりもpixivに存在する。

そのほか

その他のサービス終了も大きい場合が存在する。

コミュニティ

コミュニティの閉鎖の場合、避難所と呼ばれる「ユーザーが集まる場所」が作られたり、アーカイブが作成される場合が存在し、Miiverseのばあい、避難所としてMiiverseNEOというサイトが作成されたりしている。

レンタルサービス

ウェブサイトwikiブログ電子掲示板等をユーザーにレンタルさせるサービスが存在しているが、この提供終了により、各種情報等が失われる場合も多く、例えばinfoseekiswebの提供終了およびユーザーサイトの際には大量の情報喪失が発生し、サービス利用者の難民が発生している。

pixivでは

長寿だった作品では終了後も熱烈なファンが作品を投稿し続ける場合が多い。

ありがとうパンヤ絵 再編成
ジュイス


左:スカッとゴルフパンヤ 右:トリックスター
それぞれ13年、11年続いた。

一方短命だった作品は無名である、絵を描く程思い入れが無いなどの理由で、作品が投稿されていないか、投稿数が少ない場合が殆どである。また、評判の悪かった作品では完成度の低さを揶揄した絵が投稿されることもある。

ロックマンXover 完結編 -改訂版-
終了後の世界


左:ロックマンXover
ギャグマンガ日和のエピソード、『ソードマスターヤマト』のパロディ漫画の形でストーリーの終わらせ方や運営の杜撰さを批判している。

右:テガキモンスター
ゲームが終わった後の荒廃した世界を描き、世界観の完成度の低さを皮肉っている。
また2枚目の差分では背景の壁に"10 yen per second"(1秒10円)と書かれているのが確認でき、仮想通貨の価格設定への批判も見受けられる。

関連タグ

コミュニティ ネットゲーム ブラウザゲーム ソーシャルゲーム
閉鎖 終了 リニューアル 倒産

外部リンク

togetter:ソシャゲ、ネトゲ等のサービス終了後のゲームの保存について考える
gigazine:サービス終了でサーバーが閉鎖したゲームでも合法に改造プレイできるよう電子フロンティア財団が要請中

pixivに投稿された作品 pixivで「サービス終了」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9138

コメント