ピクシブ百科事典

ヒルルク

ひるるく

ヒルルクとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する医者である。
目次[非表示]

「お前はいい医者になれるぜ!!!おれが保証する!!!」
「おれは決して! お前を撃たねェ!」
「まったく!いい人生だった!」
「やれるさチョッパー!!おめぇは… こんなに優しいじゃねぇか!!」

CV:牛山茂

概要

麦わら海賊団船医であるトニートニー・チョッパーの育ての親(兼恩人)。チョッパーにとって父親代わりとなった人物であり、医者としての心構えを教えた人物である。
不治の病を患う元大泥棒で、どんな病の治療も無償で請け負う医者として国中を渡り歩いている。
しかし、実態は無免許医な上に相当の藪医者であり、押し売り同然に押しかけて重病人の容態を悪化させたり、止めようとする母親を麻酔銃で撃ち抜いて昏倒させたりと素行が非常に悪いため、評判はすこぶる良くない。

人間から迫害され吹雪の中で行き倒れていた人間形態のチョッパーを見つけ助けるために駆けよるが、警戒されて殴られたたため、敵意がないことを示すために猛吹雪の中で全裸になったことでようやく信用され、彼を自宅に連れ帰って治療を施した。
以後、チョッパーはヒルルクを「ドクター」と呼んで敬愛するようになる。
しかし病は着実に彼の体を蝕んでおり、自分の死後チョッパーが再び孤独に陥ることを懸念して治療後にチョッパーを冷たく突き放すが、自分のために命懸けで薬をとってきてくれたチョッパーの優しさに感銘を受け、彼を再び受け入れる。

海賊に対して憧れに近い敬意を持っており、ドクロの御旗に対して『不可能を可能にするマーク』という信念を見い出しており、自宅に「ドクロに桜吹雪という海賊旗を掲げている。桜をあしらっているのは、ある場所で見かけた桜の花に感銘を受け心の感動によって病の症状が和らいだという体験に由来し、『ワポルの悪政に苦しむ人々の心を桜を見せて元気にする』という志しの元、自身の掲げる理想の医療の実現に向けて研究に没頭するようになる。

だがドクロに込めた思いを誤解したチョッパーが万能薬だと思い込んで採ってきた猛毒のキノコ・アミウダケのスープを飲んでさらに寿命を縮めることとなり、完成した研究の成果とチョッパーの行く末を同業者であるDr.くれはに託した後、当時まだドラム王国の国王であったワポルの罠にはめられて誘き出された直後、爆薬の入った酒を飲んで自害し、その生涯を閉じた。(この一件により、反面教師的に医療技術の大切さをチョッパーに示すことになった)

チョッパーの間違いを指摘せずに笑顔でスープを飲み干し、病人がいるというデマで城におびき出されようとも「よかった、病人はいないんだな…!」と安堵するなど、藪医者であれど、人の身を心から案じ思いやる優しさは本物であり、その死に様はドラム王国の多くの人々に影響を与えることとなる。

王国の住人達からはその素行ゆえに毛嫌いされていたものの、ワポルがヒルルクを罠にかけた時は住民の一部から「いくらなんでもむご過ぎるんじゃないのか?」との声も聴かれており、心底から嫌われていたわけではなかった様ではある。

彼の「人はいつ死ぬのか?」という問答は、ワンピース屈指の名言である。

名言

登場こそ短かったものの、彼は名言量産機である。以下はその一部を紹介する。

「おれは決して! お前を撃たねェ!!」

「やれるさチョッパー!!
おめぇは…こんなに優しいじゃねぇか…!!」

「よう…。人はいつ死ぬと思う?」
「心臓をピストルで撃ち抜かれたとき? 違う。」
「不治の病に侵されたとき? 違う。」
「猛毒キノコのスープを飲んじまったとき? …違う!!」

人に… 忘れられたときさ…!!

「まったく!!!!いい人生だった!!!!」

よかった、病人はいないんだな…!

「お前はいい医者になれるぜ!!!おれが保証する!!!」

関連タグ

ワンピ-ス
トニートニー・チョッパー 医者 黄金の精神

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒルルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18015

コメント