ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ナス科トウガラシ属スパイスの一種。
は細長く非常に強い辛味を持ち、熟すると赤い色が鮮やかで、生食も可能だが、ほとんどは乾燥させて香辛料彩りとして用いられる。未熟で緑色の青唐辛子も利用される。
ビタミンAビタミンBが豊富で夏バテ防止などに役立つ。
英語では「チリペッパー(chili pepper)」(単に「チリ」とも)。
ピーマンパプリカなどと、植物の種としては同一であり、Wikipediaでは、野菜としては「唐辛子」、植物種としては「トウガラシ」の項を設けている。

カプサイシン

唐辛子の辛味成分「カプサイシン」はワサビカラシの辛味成分「アリルイソチオシアネート」同様に痛覚神経を刺激して辛味を感じさせるが、揮発性が高い「アリルイソチオシアネート」の辛味が一瞬なのに対し、「カプサイシン」は後を引く。
なお、胡椒の辛味成分「ピペリン」は感覚神経の温度受容体を活性化させて辛味を発生させる。

口や鼻にある痛覚受容体は「カプサイシン」で痛みを伴う刺激を受けた際、傷ついたと錯覚して脳に警告を発し、涙が出る。
また、脳に運ばれた「カプサイシン」はアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗動悸を促すため、ダイエットに効果があるとされる。
ただし、多量に摂取し続けると胃炎食道炎、味覚障害を引き起こす原因になる。

鳥類はカプサイシンに辛さを感じることがない。トウガラシの辛さは種を食べる哺乳類小動物を避け、丸のみする鳥類にのみ食べてもらい、糞とともに分布を拡げるための進化と考えられる。

別名

  • 胡椒とは別の植物だが、渡来当初に「南蛮胡椒」と呼ばれていたため、「トウガラシ」の意で「コショウ」という言葉を使うこともある(柚子胡椒など)。
  • 英語名のchili pepperの「pepper」も胡椒を代表とする辛いスパイスを示す語で、ピーマンはgreen pepper、青唐辛子はgreen hot pepper、パプリカはbell pepperとなる。
  • トウガラシの「トウ」を省略した「カラシ」も使われるが(辛子明太子など)、辛子とも別の植物である。


余談


関連イラスト

トウガラシとスパイス
ポッポペッパー
唐辛子
とうがらし



関連タグ

香辛料 調味料 スパイス 野菜 材料 一味唐辛子 七味唐辛子 タバスコ 豆板醤 ラー油 辛味 辛い

表記揺れ

トウガラシ とうがらし

唐辛子の品種

ピーマン パプリカ ししとう(獅子唐シシトウ) 鷹の爪 青唐辛子 ハラペーニョ ハバネロ ブート・ジョロキア

唐辛子を使った料理

辛子明太子 麻婆豆腐 キムチ タコス ペペロンチーノ カレー

関連記事

親記事

香辛料 こうしんりょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「唐辛子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 470420

コメント