ピクシブ百科事典

クラッシュフィーバー

くらっしゅふぃーばー

「クラッシュフィーバー」とは、2015年7月にリリースされた、ワンダープラネット株式会社とユナイテッド株式会社の共同開発による、iOS/Android対応のスマートフォン向けアプリゲームである。日本語版のほかにも2016年5月に「台湾・香港・マカオ版」と、2016年10月に15言語対応の「グローバル版」2017年1月に「韓国版」がリリースされている。略称は「クラフィ」。
目次[非表示]

概要・世界観

大規模なシステムエラーの発生した「ALICE」と呼ばれる電子仮想空間を舞台に、プレイヤーはその仮想世界で発生したトラブル対処やそのトラブルの中心人物と戦う「適合者」となる形でゲーム内のクエストに挑む。

「ALICE」が具体的にどのような仮想世界なのかは作中での説明がほとんどなくユーザーの想像に委ねる形になっているが、ガイドキャラクターがウサギ型であったり、大規模なエラーを起こしたシステムが「女王」と呼ばれるなど、童話「不思議の国のアリス」を模した要素が随所に見受けられる。

登場キャラクターはそれぞれ神話や歴史人物がモチーフの名前のものが多くを占めるが、開発当時のプロデューサーインタビューによるとそれらもあくまで仮想空間内のユーザーやAIという設定である。

キャラクターイラストの主線を明るめの茶色にしていることや、街が宙に浮かぶ島状になっている電脳世界のビジュアル設定は、スタッフインタビュー記事内の発言からしても映画「サマーウォーズ」の影響を大きく受けていると推測されるが、類似しているのはあくまでビジュアルだけであり、その他のシナリオや登場人物、世界設定等は全くの別物であるので注意されたい。


ゲームシステム

公式サイト等に表記されているジャンルは「ブッ壊し!ポップ☆RPG」。シングルプレイだけでなく最大4人までのマルチプレイにも対応している。

基本のシステムは

・味方・敵と交互に行動するターン制。プレイヤーの手番は1ターンに原則3タップまで。
・画面上部から降ってくる赤・青・黄・緑・ピンクのパネルを1タップすると、同色の隣接パネルを一度に連鎖して破壊することができる。
・赤・青・黄・緑のパネルを破壊すると、その破壊した枚数が多ければ多いほど敵にダメージをより多く与えることができる。
・ピンク色のパネル(ハートパネル)のみ例外で、これを破壊しても敵に直接ダメージを与えることはできないが、これを多く破壊すれば破壊するほどHPを多く回復することができる。

という以上のシンプルなルールで構成されている。

他にも特殊パネルとして使用ユニットの種類ごとに効果の異なる「クラッシュパネル(Cパネル)」、周りのパネルを巻き込んで破壊する「ボムパネル」、Cパネルとボムパネルの性能を併せ持つ「スペシャルクラッシュパネル(SCパネル)」、特定の色のパネルを一気に隣接に引き寄せる「マグネットパネル」、あるいは敵が妨害で与えてくる「お邪魔パネル」や、規定ターン数以内に割らないとダメージを受ける「時限式ダメージパネル」等が存在する。

また、一定数以上パネルを破壊するとこのゲーム特有の「フィーバーモード」が発動可能になる。フィーバーモードを使うと連鎖こそ発生しないがタップ回数の制限がなく、一度に大量のパネルが降ってくるため、制限時間内に連打して破壊したパネル枚数に応じて相手に大ダメージを与えることが可能である。またフィーバーモード後はそれまで盤面にあったパネルが全てリセットされるため、エネミーが作った妨害パネルの類を一掃する使い道もある。使用後もまたパネルを一定数以上破壊するとフィーバーモードは再度使用可能になる。

一見すると画面構成などはパズルゲームのように思われがちだが、「ブッ壊し!ポップ☆RPG」と銘打つ通り、このゲームはパズルゲーム要素よりも「コマンド選択式RPG」要素が非常に強い。
特定のタイミングでエネミーが繰り出してくる攻撃や妨害行為の類を、味方ユニットのスキルでそれぞれ対処していくなどのようにエネミー行動に応じたユニット編成やプレイングが求められる。

関連タグ

クラフィ

コラボ作品タグ

(※日本語版とコラボしたもののみ抜粋。復刻を除くイベント開催順)
初音ミク
デュラララ!!
サンリオ
進撃の巨人
にゃんこ大戦争
鋼の錬金術師
KOF98
この素晴らしい世界に祝福を!

関連サイト

クラッシュフィーバー 公式サイト
ワンダープラネット株式会社 公式サイト 

この記事のカテゴリ

ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「クラッシュフィーバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 732526

コメント