ピクシブ百科事典

荘子

そうしまたはそうじ

古代中国の思想家、または思想書。
目次[非表示]

思想家「荘子」

 古代中国戦国時代国蒙の思想家老子と共に道家の代表的人物とされ、合わせて「老荘」とも呼ばれる。姓は荘、名は周。『警世通言』に拠れば、字は子休。南華山に隠居したという伝承から、後に玄宗に「南華真人」と追号されている。生没年は不明。『史記』に拠れば、漆園の役人をしていた事があるらしい。極めて史料に乏しい人物であり、架空説もある。
 思想書『荘子』からは、老子を始めとした道家の先人の他、儒家墨家名家等の影響が窺われる。特に名家の恵施とは親密であったらしく、『荘子』には二人の議論から成る説話も少なくない。ちなみに、荘子の活動は儒家の孟子と同時期と考えられているが、互いに言及は見られない。

思想書『荘子』

 「荘子学派」による古代中国の思想書。荘子の追号から『南華真経』とも呼ばれる。
 現行の『荘子』はの郭象の編纂によるもので、全33篇が内篇7・外篇15・雑篇11に分けられている。しばしば「内篇が荘子の著作で外雑篇は後世の加筆」と説明されるが、確証のある説ではない。ただ、内篇が荘子思想の中核である事は広く認められている。
 内容を要約する事は困難だが、おおよそ「人知の相対性と限界を指摘し、自然に自由に生きる事を主張している」と言えるだろう。その華麗奔放な比喩と逆説に彩られた文章は、文学的にも高く評価されている。

読みについて

 「そうし/そうじ」と二通りの読み方があり、『日本大百科全書』などでは思想家を「そうし」・思想書を「そうじ」と呼び分け、『広辞苑』などでは儒家の曽子(曽参)と区別するため濁るとする。

関連タグ

胡蝶の夢

関連リンク

「荘子」内篇の素読
『荘子』原文(中國哲學書電子化計劃)

pixivに投稿された作品 pixivで「荘子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3086

コメント