ピクシブ百科事典

胡蝶の夢

こちょうのゆめ

あれが夢だったのか、これが夢なのか……。
目次[非表示]

概要

現実の区別がつかない状況、または、その区別をつけない境地を喩えた言葉。

出典

古代中国の思想書『荘子』にある説話。
「むかし、荘子は夢に胡蝶となり、自由に楽しく飛び回っていたが、目覚めると紛れもなく荘子である。しかし、荘子が夢に胡蝶となったのだろうか、胡蝶が夢に荘子となったのだろうか……」といった内容で、荘子の思想を象徴する寓話とも言われる。
この説話は、『荘子』の中でも重要とされる「斉物論篇」を締めくくる位置にある。「斉物論」とは「万は全てしい(等しい)とする」とされ、是非・善悪・彼我を始めとした区別は絶対的なものではない事を主張している。
この説話でも、夢と現実(胡蝶と荘子)の区別が絶対的ではないとされると共に、とらわれのない無為自然の境地が暗示されている。

類話:邯鄲の枕(邯鄲の夢黄粱の夢黄粱の一炊一炊の夢)
こちらは沈既済の小説『枕中記』の中にある故事。

引用作品

引用されてないが同等の例

  • リトルバスターズ!(一部ルートでは同等に現実と虚構の境界が曖昧な表現がされている)
  • のび太と夢幻三剣士(物語そのものが同等の現象であり、ひみつ道具の効力によって区別が付けられなくなる模様が描いている)


関連イラスト

はやくおいき
胡蝶の夢



関連タグ

別名・表記ゆれ:胡蝶之夢
白昼夢 夢オチ 現実オチ 夢と現実
タイムリープ パラレルワールド

科学も発展しすぎると、仮想(夢)と現実との区別がつかなくなる
バーチャル バーチャルリアリティ VR 仮想現実 マトリックス

関連記事

親記事

ゆめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「胡蝶の夢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1331717

コメント