ピクシブ百科事典

ビューティフル・ドリーマー

びゅーてぃふるどりーまー

押井守監督による『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作の副題。アニメにおける「ループもの」の元祖的作品である。
目次[非表示]

運転手「お客さん、亀に乗って竜宮城へ行く話、知ってます?」
サクラ「今その気分を味わっとる」
運転手「亀に乗ってったのが太郎だけでなく、村人全員だったらどうだったでしょうねぇ。全員が竜宮城へ行ってそして揃って村へ帰ってきたとしたら、それでもやっぱり数百年の歳月が経っていたことになるんでしょうかねぇ。村人が誰一人気付かなかったとしても?」
サクラ「…何の話をしとる?」

亀に乗ったのが太郎だけでなく村人全員だったらどうだったでしょうね



概要

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』とは、高橋留美子原作の漫画『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作である。監督は押井守で彼の出世作であり、のちの日本のアニメーション業界全体にも多大な影響を与えた。

そしてループもの」アニメの先駆けとなった作品でもある。

1984年2月11日東宝系で公開。

あらすじ

学園祭を翌日に控えた友引高校は、生徒達が連日泊まり込みで準備を行い、大騒ぎのさなかにあった。

諸星あたる達のクラスの担任教師である温泉マークは、生徒指導に疲れ果てノイローゼとなり、保健医のサクラの助言から一旦学校を離れ、自宅のアパートへと帰ることになる。

その後、サクラが手違いに気づき温泉マークの自宅を訪ねると、彼の部屋はカビキノコが繁殖し、まるで何年も時間が経過したかのような、ホコリまみれの酷い有り様になっていた。

温泉マークは「学園祭の前日」が毎日繰り返されているのではないか?という奇妙な感覚にとらわれていることを告げ、まるで自分が浦島太郎になった様だと言う。サクラは温泉マークの話をにわかに信じられなかったが、高校に戻った際に目にしたある光景に既視感を覚え、温泉マークの直感に共感。

彼と共に「学園祭の前日を繰り返し続ける世界」からの脱出の糸口を探し始めるが…。

備考

本格的なSFアニメとして当時各界から非常に高い評価を獲得し、押井の名を世に知らしめた傑作ではあるが、放映時は映画第一作とあまりに違う作風だった為に世間でも賛否両論であった。また押井守の作家性が色濃く反映されていたので、原作者の高橋留美子は「これは押井さんの作品。私の作品じゃありません」と、「うる星やつら」としては否定的な見解を示している…という誠しやかな噂が放映当時から囁かれていた。だが2020年サンデー本誌の畑健二郎との対談で高橋留美子本人はその噂自体について完全否定している。

また諸星あたるが「それを言っちゃダメだろ」と多くのうる星ファンが疑問に思う、とある本音を吐露するシーンがあり、その点を批判する声もある。

ラスト間近のちびラムの台詞は押井監督本人が直接女性から言われたものを引用したのではないか、と制作関係者は語っている。

関連イラスト

Dreaminess
センシティブな作品



関連タグ

うる星やつら ループもの
押井守 高橋留美子

表記ゆれ:ビューティフルドリーマー

エンドレスエイト:本作とよく似ているループもの

関連記事

親記事

うる星やつら うるせいやつら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビューティフル・ドリーマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36963

コメント