ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

北海道出身。1980年、「ざ・ライバル」でデビュー。
デビュー当初はサラリーマン稼業の傍らアニメパロディ誌で活躍。退職後、1980年代後半頃から週刊少年サンデーで「究極超人あ~る」「機動警察パトレイバー」などを世に送り出し一世を風靡した。その後は出版社にこだわらず徳間書店角川書店のレーベルなどで単発作品や原作を担当したり、1990年代の少年サンデーでは「じゃじゃ馬グルーミンUP!」を連載。
2003年から活動の場を「週刊ヤングサンデー」に移し、「鉄腕バーディー」のリメイク版を連載。2009年のヤングサンデー休刊後は「ビッグコミックスピリッツ」に移籍し連載を続けている。
メグッポイド」のデザインも手がけた。ちなみにニコ厨である。

作品

アッセンブル・インサート
究極超人あ~る 
機動警察パトレイバー 
じゃじゃ馬グルーミンUP! 
でぃす×こみ
鉄腕バーディー
白暮のクロニクル
メグッポイド(キャラデザ)
マリアナ伝説(原作。漫画:田丸浩史)
ゆうきまさみのはてしない物語(連載中。月刊ニュータイプの最長寿連載。) 

関連人物

川村万梨阿

女性声優。デビュー前からの知人で、『パトレイバー』の大元となった企画ごっこにも参加している。『究極超人あ〜る』に登場する西園寺まりいのモデル。

出渕裕

漫画家の他メカニックデザインなどと幅広く活動するクリエイター。1983年ごろに『アニメック』の編集部で知り合い意気投合。素人の「企画ごっこ」でしかなかったものを『機動警察パトレイバー』として実際にアニメとするために尽力する。またリメイク版『鉄腕バーディー』には漫画ではアイデア協力として、このアニメ版となる『鉄腕バーディー DECODE』にはクリエイティブプロデューサーとして関わっている。

とり・みき

漫画家。ゆうきがアニパロ漫画を描いていた時代に知り合い、原田知世ブームを機に交友を深めた。

新谷かおる

漫画家。彼のアシスタントになったことでサラリーマンを辞めた。

伊藤和典

ヘッドギアでは脚本を担当。『究極超人あ〜る』に登場する伊東のモデル。

高田明美

ヘッドギアではキャラクターデザインを担当。『究極超人あ〜る』に登場する伊東の彼女のモデル。また同作のドラマCDでは西園寺えりかの声を担当している。

押井守

ヘッドギアでは監督を担当。

しげの秀一こしたてつひろ

元アシスタント。

火浦功

小説家。彼の作品の挿絵を担当したことがある。

関連タグ

漫画家 少年サンデー 

外部リンク

ゆうきまさみのにげちゃだめかな?(氏の個人サイト)

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゆうきまさみ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゆうきまさみ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 745062

コメント