ピクシブ百科事典

説明

本名・鳥越幹雄で、Mickey Birdのネームでも知られる。1958年2月23日生まれの熊本県人吉市出身の男性。
とり・みきのペンネームは、姓名おのおのの上2文字を合せたもの。日本SF作家クラブ所属。
代表作は『クルクルくりん』(学園もの)や、『遠くへいきたい』(テレビブロス。定型コマを一定数だけ配置し、その中でセリフなど「音をあらわす表現」を一切使用しないなどの制約を課したギャグマンガ)がある。

 ゆうきまさみとは親交が深く、『土曜ワイド殺人事件』という共作がある他、ゆうきの作品『機動警察パトレイバー』の映像化作品である『廃棄物13号』の脚本を担当している。

 山下達郎のファンであり、山下のアルバムのジャケットイラストをいくつか担当するほか、ファンクラブの会報に『タツローくん』という作品を掲載していた。

 ギャグマンガの他、考古学民俗学に基づく作品(に関する『パシパエーの宴』や、石細工と巨石信仰、それの祭祀を行うシャーマンの末裔としての物部氏、というものへ「迫りくる大怪獣!!迎え撃つ自衛官!」という、かっこいいフォーマットをつけた『石神伝説』とか)、エッセイ(『愛のさかあがり』『くだんのアレ』などのマンガの他『とり・みきのしりとり物語』などの文章版もある)、「オジギビト」(工事現場にあるお辞儀してる人の絵の看板)の体系化を行ったもの、「吹き替え」に関するものなど、文章による仕事もこなす(『攻殻機動隊』のDVDでキャストの声優さんにインタヴューしてたね)。

さらに、上述のゆうきの他、唐沢なをきとエッセイ漫画『とりから往復書簡』、ヤマザキマリと『プリニウス』を描くなど、ほかの漫画家との共作がある他、とりの作品『猫田一金五郎の冒険』の中の『美容院坂の罪作りの馬』では、京極夏彦が漫画の方でも参加している。なお『妖怪馬鹿』では京極の描いた「とり・みき風」の妖怪がみられるが、コラボ作品では「京極パート」が若干識別できる程度の表現となっている。

関連サイト

Wikipedia

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「とり・みき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297

コメント