ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鉄腕バーディー

てつわんばーでぃー

『鉄腕バーディー』(英語表記:BIRDY THE MIGHTY)とは、漫画家のゆうきまさみ氏が描くSF漫画、及びそれを原作とするアニメなどのメディア・ミックス作品である。
目次 [非表示]

概要

原作漫画は、最初1980年代半ばに「週刊少年サンデー増刊号」で連載された(未完)。

その10年後、旧作を下敷きにしたOVAが制作され人気を獲得。

2000年代に「週刊ヤングサンデー」でリメイク作が連載されたが、「週刊ヤングサンデー」が休刊してしまったために連載を一事中断。

「ビッグコミック・スピリッツ」で『鉄腕バーディー EVOLUTION』と改題されて連載されていたが2012年に終了。

やや性急な展開が続いた後にあっけなく物語が終わったため、ファンからは不満の声が漏れた。

このような経緯もあり、作品群はやや入り乱れている。


アニメ版に関してはこちらを参照⇒鉄腕バーディーDECODE


物語

遥かかなたの星系から太陽系までテロリストを追跡してきたアルタ星人連邦捜査官バーディー・シフォンは、地球上での捜査中に“事故”により、地球人の少年千川つとむに瀕死の重傷を負わせてしまう。

緊急措置としてやむを得ずバーディーはつとむと体を融合させ、一つの体に二つの精神を宿す「二心同体」の身となる。

こうして、つとむや彼の周りの地球人達を巻き込みつつ、バーディーの新たな捜査が開始された…。


関連イラスト

センシティブな作品Birdy Cephon Altera

センシティブな作品センシティブな作品


よもやま話

グラビアアイドルの木口亜矢嬢がタイアップ企画で、バーディーのコスプレ撮影を行った。

イラストの通り、バーディーのコスチュームは前身頃と後ろ見頃で分かれており、“不慮の事故”で「生まれたままの姿」になりかねない。

このため、イベントで一般客の前で披露した時には、要所をテープで固定したとか。

ちなみにゆうきまさみは、わざと透明の紐でも使わない限り実現不可能なデザインにしたそうである。(山本貴嗣、談)

OVA

1996年に制作された。10年以上まえのゆうきまさみの未完作品であるどマイナーな題材を選んだのは他ならぬ監督の川尻善昭氏である。全4話。

卓越した作画と豪華声優陣の熱演、完成度の高い脚本から高い人気を得た。このOVAから鉄腕バーディーという作品は再評価され、旧作の再出版にもこぎ着けた。

リメイク版執筆の起点となったわけではないが、少なからず影響は受けていたようで、OVAで使われた設定も逆輸入されている。

関連タグ

表記揺れ

鉄腕バーディバーディー


【TVアニメ作品】

鉄腕バーディーDECODEDECODEDECODE:02


【登場人物など】

バーディー・シフォン・アルティラ:主人公。アルタ星人の連邦捜査官。「狂戦士(バーサーカー)殺し」の異名を持つ、強靭な肉体の持主。

有田しおん:アニメ版での、バーディーの地球人としての仮の姿。

テュート:バーディーの相棒の小型ロボット。アニメ版では人間に擬態。


ゆうきまさみ:作者


外部リンク

関連記事

親記事

ゆうきまさみ ゆうきまさみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2313033

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました