ピクシブ百科事典

伊藤和典

いとうかずのり

伊藤和典とは、日本の脚本家。
目次[非表示]

概要

1954年12月24日山形県上山市に生まれる。
実家はトキワ館という映画館であり、そこで怪獣映画を見て育った。
早稲田大学進学後はテレビ芸術研究会に所属。学生時代からテレビドラマの助監督やシナリオライターのアルバイトを行い、大学は二年で中退したがライターだけでは食べていけなかったため、アニメ業界に進出。

サンライズにて『サイボーグ009』の制作進行を務めた後にスタジオぴえろに入社。

スタジオぴえろ第一回作品である『ニルスのふしぎな旅』の制作進行を務める中で、元タツノコプロの演出押井守と知り合い、押井がチーフディレクターに昇格した『うる星やつら』からは文芸を担当。本格的に脚本家としての活動を開始し、同時期にはキャラクターデザインの高田明美と結婚するなど公私ともに転機となった(後に離婚)。なおゆうきまさみの漫画『究極超人あ~る』の「文芸部の伊東君」という猫男は氏がモデルである。(押井の犬に対し、伊藤は猫といわれる。)

ゆうき、出渕裕の企画ごっこから始まった警察ロボットものに興味を持ち、高田と『天使のたまご』の独創性ゆえに干されていた押井を加え『機動警察パトレイバー』の原作チームであるヘッドギアの設立に寄与した。

氏の作風は90年代まで組んでいた押井や、スタジオぴえろの発起人の一人であり押井の師匠にあたる演出家・鳥海永行からは「構成はまだまだだが、ダイアローグ(キャラクター同士の掛け合い)は業界一である。アイデアマンである。」と評されていた。
2016年に公開された『機動警察パトレイバーREBOOT』では、伊藤が監修として脚本をリライトした結果、筋は変わっていないのにキャラクターがとても魅力的になったと吉浦康裕監督は語っている。

押井と同じくゲーム『wizardry』にハマり、また職業『Ultima』とも呼ばれるほどだったという。後に押井と『サンサーラ・ナーガ』シリーズや『アヴァロン』、『不帰の迷宮‐THE GREAT MAZE OF OVERKILL』を制作し、この経験が『.hack』の構成や脚本にも生かされている。

MTG』(特に「黒」)も好きで『平成ガメラ』ではマナなどの設定をはじめ、いくつもネタが仕込まれているという。

実写での活躍

押井の初実写映画『紅い眼鏡』や3作目の『トーキング・ヘッド』は、伊藤の実家の映画館にセットを組み撮影され、自身も助監督として参加した。なお『トーキング・ヘッド』には、存在自体が人体切断マジックのトリックで構成され、メインビジュアルにもなった怪しい特撮狂いの脚本家「伊藤和麿」が登場している。
金子修介監督と組み、地球環境を激変させる怪獣の侵略を描いた『ウルトラQ』劇場版の脚本を書いたが実現しなかった。しかし円谷プロとの関係ができたことによって『ウルトラマンパワード』(と『イングラマン』)の脚本を担当することになり、没になった脚本も後の『平成ガメラ』シリーズに結びついている。
押井との間でも多くの企画を練っていたが、ワイバーンの大軍と自衛隊の戦いをシミュレーションしたものや、ウルトラマンのデザイナー成田亨がデザインしたヒーローが天空から襲来する謎の敵と戦う『NEXT』、『ガルムウォーズ』の元となった『ガルム戦記』などがある。その中の一つ『アヴァロン』を押井が監督する際、上層部からエンターテインメントについて良くわかっている「伊藤を脚本家にすること。」を条件に出されたといわれる。
また鈴木清順監督の『殺しの烙印』の続編的な作品『ピストルオペラ』の脚本にも抜擢されている。
樋口真嗣監督と組んだ深夜特撮『MM9』では、「気特対」職員同士による「特車二課」を思わせる軽妙なやり取りが見られたが、原作者山本弘の作風とはかけ離れてしまったという例もある。

主な作品

脚本

アニメ

実写

ゲーム

助監督

外部リンク

Twitterアカウント
Wikipedia

関連タグ

脚本家 横手美智子
ヘッドギア ゆうきまさみ 出渕裕 押井守

高田明美(元妻)

pixivに投稿された作品 pixivで「伊藤和典」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 323

コメント