ピクシブ百科事典

ギャオス

ぎゃおす

「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」及び「ガメラ 大怪獣空中決戦」に登場した怪獣である。
目次[非表示]

概要

ガメラ以外に昭和平成にまたがってシリーズに登場している唯一の怪獣で、ガメラシリーズを代表する人気怪獣でもある。
昭和シリーズに登場したものを昭和ギャオス、平成シリーズのものを平成ギャオスと俗に呼称する。
昭和シリーズには、宇宙ギャオスと呼ばれる亜種が、平成シリーズにはイリスという突然変異種が存在する。

昭和版、平成版に共通する設定として

等が存在する。

俗に怪鳥と呼ばれるが、平成ガメラで言及されるとおり「羽毛が無く、牙がある」という異常な性質を持っており、鳥とはいえない生物である。どちらかといえばコウモリなどに近い。

外宇宙の惑星での繁殖や成層圏への超短時間での到達など、異常ともいえる空戦能力を持ち、宇宙空間での生存能力も示唆される

昭和版のギャオス


ギャオス



第3作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』に登場。
富士山火山活動によって覚醒した怪獣。
身長65m、翼開長175mと巨大だが、体重はたったの25t。参考までに書いておくと、全幅45mのB-29が32.9tである。どういうこっちゃ?

名前はこの怪獣と接触し、ガメラに助けられて生存した少年の、「ギャオーって鳴き声だからギャオスだよ」という言葉に由来する

特徴は首の骨が二本あり、これが音叉の役割を担っている事である。
この二本の首の骨で、ギャオスはその代表的な武器である「超音波メス」を発生させる。
ただしその首の構造上、横に向けることは難しく、急激な左右運動に対応できず目を回すことがある。

弱点は太陽光(というより紫外線)、長時間紫外線を浴びると体細胞が破壊されてしまう。そのほか、炎もあまり得意ではないが、どういうわけか胸から消火気液を噴射する能力ももち、ガメラの飛行能力を無効化してしまうほどの効果性がある(これは、後のイリスにも受け継がれる予定があった)。

活動開始後は付近の人間家畜に被害を及ぼし、中盤には名古屋を襲撃して名古屋城を破壊、甚大な被害を出すものの、ガメラとの激闘の末に撃退される。
この「海上のガメラに脚を食いつかれたギャオス」の構図は怪獣映画史でも名場面の1つとして数えられ、後にフィギュアも発売されている。この時、ギャオスは自らの脚を超音波メスで切断したが、自己再生能力ですぐに復活した。

人類側の拘束して弱点の太陽光で殺害する、ごと燃やすなどの大規模な作戦もことごとく失敗する。
しかし、最後にはガメラとの戦いの末、富士山火口に引きずり込まれ死亡する。

当作品から子供向け映画の路線をとり始めた昭和版ガメラだが、劇中、舞台となった地の道路開発を巡る地元民と道路開発側の人間の対立や、それを巡る人間のエゴなどを書いており、人間ドラマとして見ても面白く仕上がった作品である。

イメージモチーフはヴァンパイアであり、人間を餌にする、光を嫌うなどの設定は吸血鬼がモデル。しかし、新作の時に明かされたが、実は昭和ギャオスも後の平成ギャオスの様なスタイリッシュな体型でデザインされたのだが、着ぐるみと表現の限界によって実際の作品のような姿になったとのこと。

平成ギャオス


あんな鳥はいません!



古代文明・アトランティスの高度な遺伝子工学技術によって作り出された怪獣。身長85m、翼開長185mと昭和よりさらに大きいが、やっぱり体重は75tしかない。分類上、「スーパーギャオス」と称されることも。

多様な生物利点のみを集めて作られており、怪鳥と呼称されるも、多くの生物の特徴を持っており、「遺伝子的に完璧すぎるほど完璧」だとされている。

古代文明アトランティスは、自らの手で作り出したこのギャオスがあまりにも強力すぎたために滅んだ、と劇中で推察されている。が、第3作ではさらに踏み込んで、「人類は滅ぶべきであるという考えを持つ一部の人間によって、初めから人類の天敵として作られた」という推測もされた。
ガメラは、存在意義も含めてギャオスに対する対抗手段として作られたと考えられている。

  • なぜガメラは亀なのか?は不明だが、四神や五行においては玄武すなわち「黒」が最強であり、地球を支える亀の神話もあり、古代人はそれを取り入れたのかもしれない。

昭和版ギャオスの設定を受け継ぎつつも、より生物的な外見、特徴が加えられている。
周囲の生物を積極的に捕食する獰猛さを持ち、特に、最初に覚醒した姫神島の3個体は、6世帯17人の住人を全滅させた。第1作終盤では、中央線の列車一両を攫い、中の乗客を全て捕食するという暴挙にも及んだ。
成長速度も尋常ではなく、出現から数週間で、翼長15mから100mへと成長する。
また、基本的に全てメスであるが単為生殖が可能で、メスがオスに変わることもあり、爆発的な繁殖力も持っている。
人類に対する嫌がらせとしか思えないこれらの悪質な特徴は、遺伝子操作によって生体兵器としての特性を伸ばして作られたために備わった性質であると思われる。
第1作に出現した3個体は全てガメラによって撃破されたが、マナの消費が進んだ第3作では世界各地で異常発生し、最終局面ではを埋め尽くさんばかりの大群でガメラを襲撃する。

鋭い牙や爪が主な武器。から発する超音波メスは、鋼鉄をやすやすと切断し、ガメラの体にも傷をつける。

羽ばたき無しも含めて超高速で安定して飛行できるのには、尾部の膜を超高速振動させることで推進力を得ていることも関係しており、場合によっては二重の極みのごとき攻撃力をもった格闘攻撃を行うことも理論上は可能である。

知能も高く、誘導ミサイルの接近を察知し、逆に東京タワーへと誘導して破壊させ、営倉に適した環境を作るなどの行動も見せた(本記事のメイン画像は、東京タワーに営巣したギャオスの姿を映した、劇中の印象的なカットである)。
唯一の弱点として、孵化直後は強い光に弱いという点があるが、成長すると目に遮光板のような器官が発達し、昼間でも活動可能になる。
片足を切断してガメラから逃れるという昭和版へのオマージュも披露しており、この状態での地上戦も可能なほどバランス保持能力も高い。

耐久力その物はそう高くなく、ガメラのプラズマ火球がクリーンヒットすれば一撃で死亡する程度で、設定上はミサイル等でも命中すれば撃破可能とのこと。まあ、あれだけ軽ければねえ…。

ギャオスハイパー

ギャオス


第3作から登場する、進化・変異型ギャオス。

第1作に登場したものよりも若干だが大型で凶悪。爪から強力な毒液を分泌する能力を新たに得ているほか、形態的に地上戦能力は落ちていることが予想されるものの、飛行速度はマッハ4.5以上にまで上がり、超音波メスの威力と発射時間も向上していること、またラストシーンでうかがえる、集団行動能力の上昇から、(見た目をふくめて)断捨離してより尖がった感じである。細型だが耐久性は上がっているらしく、一撃で撃墜されたが死亡してはいない個体もいれば、未成熟の時点ですら、威力の上昇した火球の「樋口撃ち」がクリーンヒットしなければ爆散しないなどのレベルになっている。

世界中で異常発生を起こしているが、その内の2体は、ガメラの追撃を受けて渋谷上空にまで到達し、ガメラの圧倒的な戦闘力の前に2体とも死亡する。

活躍

ガメラ大怪獣空中決戦

アトランティスの滅亡後、世界各地に耐久卵(苛酷な環境に耐え、長期保存に適した卵)を生んで覚醒の時を待った。
その後、現在の人類文明が発達し環境破壊が起こると、マナの消費が進んだことで覚醒に適した環境が作られ、1995年、最初の数体が五島列島姫神島で孵化する。

雛は共食いを行って成長すると島の住民に発見され、調査が行われたが、やがて島の住民を全員捕食して翼長15mにまで成長する。このとき、共食いによって既に3個体にまで減少していた。

その存在を掴んだ人類側によって捕獲作戦が展開されるが、呼応して覚醒したガメラが出現し、ギャオス殲滅へと動く。
ギャオスは徐々に成長を続けて行くが、1体目は福岡港で、2体目は木曾山中でガメラに殺害される。

残る1体は、人類側の「ギャオス保護・ガメラ排除」という方針にも救われて生き延び、翼長100mの大怪鳥と化して東京を襲撃。人類の対抗策を翻弄し、逆に東京タワーに営巣する。
が、東京に現れたガメラと激闘を繰り広げ、最終的にはコンビナートで爆死した。

ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒

その後、「ギャオスの卵は世界中どこにあってもおかしくない」という危惧の通り、世界中で異常発生が起こる。
特に、第2作終盤で、ガメラが地球上のマナを大量消費してウルティメイト・プラズマを使用したことで、ギャオスの覚醒に適した環境の形成が急激に進んだ。
また、この頃から、ギャオスハイパーが出現する。

邪神イリスをガメラが撃破した終盤、ガメラ排除のために世界中のギャオスが日本へと飛来する。
ガメラは右腕を失い深傷を負いながらも、自衛隊の総力を結集した人類と共に、ギャオスの大群との戦いへと向かうことになる。
その結末は語られなかった。

小さき勇者たち~ガメラ~

ギャオス


体高(身長ではない)30m、翼開長90m、体重500t
ガメラ族同様にデザインに歴代と異なる特徴性が(若干だが)あり、翼には皮膜がなく、腕の爪が2本になっている。
歴代でももっとも小さいが最も翼の比率が大きくて飛行には理想的なプロポーションで、体重もぶっちぎりの最重量級
平成ガメラ三部作が終了し、角川ヘラルドに籍を移してもガメラとギャオスの因縁は続いた。
港町を数匹の群れで襲い、その代のガメラを自爆に追いやった上に、凶悪な人喰い怪獣ジーダスが生まれた原因にもなっている。

  • コミックス版で明かされた設定では、当時の自衛隊の全勢力の17%がギャオスによって失われており、この大惨事の規模を考えると、ギャオスたちによる攻撃が広範囲かつ一日・二日どころの話ではなかった可能性がある。
ギャオスが登場するシーンは短いが、夜に人間を襲う恐怖の存在として描かれていた。

なお、ガメラを捕食対象と見た唯一の亜種である。

小説版では、死してなおガメラ族への深い恨みを細胞レベルで遺しており、それがジーダスを焚きつける原因ともなっていた(別の小説では他の昭和の同期の皆さん)。書籍等ではジーダスと比較されてか、オリジナル・ギャオスと呼称されている。

角川のガメラ族とギャオスたちの配色の対比は、歴代のガメラとギャオスのそれらと逆転したものになっている。また、昭和版やギャオス・ハイパーの影響を強く受け継いでいるほか、歴代でもひと際コウモリ感や怪鳥感が強く、ガメラへの捕食攻撃も含めて、ある意味では『ギャオス』というものにより深くアプローチしているともとれる亜種である。

GAMERA(50周年記念映像版)

ギャオス


2015年にシリーズ50周年記念として公開された新作映像でもガメラと共に9年ぶりのカムバックを果たした。
大量の群れで東京を襲撃し人々を喰らい続け壊滅状態にしていたが、突如出現したガメラの火炎放射で一掃させられた。
外見、挙動共にギャオス・ハイパーや角川版のオリジナル・ギャオスに近いが、
嘴の先が歴代程尖っておらず、猛禽類か何かのように湾曲していることや、背びれが生えたり翼の付け根に妙な突起物が生えたり胴体が長くなったりするなど、鳥やコウモリというより西洋のドラゴンのような顔つきとボディになっているが、見た「目」の狂いっぷりは史上最狂。眼はバルゴンのものをさらに虚ろかつ貪欲さと狂気にまみれたかのような感じである。舌がとにかく長い、というか今まで舌を見せつけながら飛んだ亜種はいない。舌の生え方も異なる。体色は茶色っぽく1995年版に近い。
自分より小型の同族に襲いかかり共食いをするなど今までにも増して貪欲で凶暴な性質となった(平成ガメラ第1作目でも、孵化個体の共食いを示唆する場面はある)。


アップで発射するシーンこそ無いが背景ではそれらしき光線が映っており、超音波メスを発射する能力も健在な模様。もはや伝統の被撃墜・目玉焼き状態も登場。

頭や首を踏みつぶされるのは、アヴァンガメラが本来やるはずだった攻撃である(漫画版ではきちんと行われている)。

その他

メインの敵役以外にも、その他のガメラ作品にもたびたび登場。
人気の高さを窺わせる。

アルビノギャオスがもっとも有名どころか。超振動と重音波によってプラズマ火球を無効化するなど、通常の個体とは比較にならない強さを持つ。

幻のアルビノギャオス
無題



ゲーム「ガメラ2000」では、二首の「ネオ・ギャオス」や「バイオニックギャオス(イリスも真っ青の魔改造版)」、ワイバーン型、アルマジロクトゥルフなどなど、漫画ではジグラに近い水中適応型(「シーギャオス」)や他の昭和怪獣とのキメラ型もいる。

デフォルメ || ガメラ2000



もちろん翼が生えてるので飛行にはそれを用いている。
が、平成版ガメラでは劇中、何故か翼を折りたたんで大気圏を突破(音速を超えての高速飛行により、慣性の法則に従って勢いが付きすぎたため?)したりしている。

また、「幼虫」もいる。「ギャオスの墓場」も存在する(参照)。 平成版に負けず劣らずの変態ぶりである。マグマに耐性を持たないのに火山の地下に住むのはラドンと似ている。「お山の大将」であるのはスマウグに似ている。

GYAOS


巨影都市』でも登場する。

関連イラスト

GYAOS 1995
やんのかコラ2



関連タグ

怪獣 特撮 映画 火事 東京タワー 福岡ドーム ガメラ ギロン イリス 宇宙ギャオス ジーダス
みんなのトラウマ
バードン・・・・こちらも怪鳥の異名を持ち、人間を捕食する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 552171

コメント