ピクシブ百科事典

徳間ガメラ

りぶーとしたがめら

徳間ガメラとは、映画会社『大映』の看板キャラクターであった大怪獣ガメラが、当社が倒産した後に徳間グループに買収されて『徳間大映』になった後にリブートされたガメラ族または該当個体である。
目次[非表示]

概要

金子修介樋口真嗣のタッグにより製作された、日本(特撮)映画界の歴史を変えたとされる「平成3部作」に登場する主役怪獣。いちおう同族にはカテゴライズされるものの、それまでの昭和シリーズのガメラとは大きく異なる生物である。

アトランティス文明によって、地球生命の守護者として作り上げられた生体兵器であり、「マナ」と呼ばれる、地球上に存在する生体エネルギーを集めて作られた人工の生命体である。後に玄武的な存在として考察する者たちも現れた。

俗に「平成ガメラ」として広く認知されているのはこの個体。なお、本来なら正式呼称は「徳間大映ガメラ」になるのだが、長すぎるので割愛。また、後の作品群に登場した亜種たちとは、どちらも平成の世に産み出されたので、便宜上「徳間ガメラ」としている。お察しください

特徴

身長80m
全高不明(京都駅ビル構内に侵入できる程度)
体長不明
甲羅長径60m
甲羅短径40m
体長不明
重量120t
年齢約1億5千万歳
飛行速度マッハ3.5(宇宙空間では亜光速
水中潜航速度180ノット
歩幅不明
出身地古代アトランティス大陸

※ちなみに、亜光速に達すると物質の質量は無限に近くなる。

アトランティスの滅亡から1億年以上もの間、手足を引っ込めた状態で環礁となって休眠、太平洋上で漂流していたが、同じくアトランティスの高度な遺伝子工学によって生み出されたギャオスの覚醒に呼応して活動を再開。なお、漂流中も多少の意識はある模様。
ギャオスレギオンイリスなどの怪獣と激闘を繰り広げ、最後は総力を結集した自衛隊と共に、1万羽以上のギャオスハイパーの大群に立ち向かっていった(その結末は語られなかった)。

孤高の鬼神(G3その後)


地球生命全体の守護者としての立場が強く、特に人間に贔屓した味方というわけではない。むしろ、地球環境を脅かすのであれば人間とも容赦なく敵対するとされる・・・。その姿は鬼神ならぬ亀神。




とされるが、実際は人間との繋がりを断ち切れない模様。これは、産まれた経緯だけにかかわらず、自身の人間ふくめた無垢なる生物に向ける優しさも関係していたと思われる。この慈愛と、「地球の癌」とも形容される人間に対する感情に深く悩んでいたと推測される。
「ガメラは誰も殺したくないのよ!あの火を見て、あの中には-。」

生体兵器としての覚醒が進んだ3作目では、ギャオス撃破のために1万人以上の人間を巻き添えにするなど、人類に対して多大な被害を及ぼした。
その一方で人間の少女と交信したり、全作品に渡って人間を守ろうとするなど、作品が進むにつれて薄れたものの人間との絆を持ち続け、それを断ち切ることはなかった。
この人間との絆がガメラ自身の選択なのか、ガメラを作った存在の意思に沿ったものなのかは不明。

人間側も最終的には、より大きな脅威に対してガメラを支援する。とくに第二作目では、自衛隊がガメラの援護をするシーンがある。特にレギオンとの戦いで陸上自衛隊が見せた、79式対舟艇対戦車誘導弾による支援射撃シーンは必見。

  • ガメラの設定は、金子と伊藤のコンビ結成が叶わなかった作品に登場する怪獣ナギラに似ている。

身体機構

基本的には昭和ガメラと武器は同じで、怪力や知能、そして何より強靭な生命力や再生力、不屈の精神が特徴。
エネルギーとなっているのは体に満ちる「マナ」である。
昭和同様、熱や電気などもエネルギー源とする。

莫大なエネルギーを体内で濃縮し、超放電を伴った巨大なプラズマ体にして吐き出すプラズマ火球が代表的な武器。これにより、鉄など本来は燃焼が不可能な物質でさえ一気に燃やせる。
連射が可能で、特技監督の名をとって「樋口撃ち」と呼ばれる火球3連射は全作で披露している(三作目では二回)。

高濃度の酸素や炎を媒体にしたり、喉元にある「プラズマ・チャンバー」でエネルギーをチャージする事により、通常よりも遥かに威力の高い火球「ハイ・プラズマ」を放つことが可能。3部作でも一発ずつ使用しており、西部劇よろしくギャオスと繰り広げた撃ち合い(一作目)、札幌でレギオン草体に向けた手始めの一発(二作目)、渋谷に墜落した満身創痍のギャオスハイパーへのとどめ(三作目)として拝見できる。

その他、欠損した自分の腕を相手のプラズマ火球で補い、巨大なエネルギーの拳にして相手に突き刺すバニシング・フィストや、地球上のマナの殆どを自らの体に取り込み、腹部から巨大な熱線として打ち出すウルティメイト・プラズマなど、多彩な技を持つ。

ウルティメイトプラズマ!!!
バニシング


その他、採用はされなかったがジェットの出力を極限にまで高めて武器とする「バーナー」や、ミサイルの如く目標を自動追尾する火球「ホーミング・プラズマ」等の設定もある。

ガメラの禁じ手2


(バーナーに近いイメージ)

肘部にはエルボークローと呼ばれる鋭利な骨の突起をもち、格闘時に強襲用に使って大きなダメージを与えることが可能。一作目では内蔵され、二作目以降は固定式となる。なお、二作目のみ二股のクローが生えている。三作目では、後ろ足の後部にも同様の「カーフ・クロー」が生えている。大外刈りやアキレス腱の防御に使うのかもしれないが、イリス相手には失敗。

林家しん平師匠による自主制作版『ガメラ4 真実』では、エルボークローを基点としたビームソード状の武器を展開可能。

怪獣図鑑・ガメラ1996
コミティアおつかれさまでした


回転飛行と、足だけを引っ込めての飛行が可能なのも昭和ガメラと同様だが、2作目からは、腕部がウミガメのヒレのようなブレード状に変形し、まるで翼のような働きをして高い機動力を持つようになる。3作目では甲羅や腹部の装甲の一部、尻尾も可変し、航空機のフィンの如く持ち上がったり可動する。また、3作目での描写から甲羅の内部に空気を溜めて調節し、飛行に利用している可能性がある。戦闘機以上の高速性とヘリコプター以上の高機動性を両立している。なお、やはり最速の航行法は回転ジェットで、進化が進んだ『3』の空中戦では、マッハ9を誇るイリスに追いつきかけた(ところで人間による介入が入ったため失速した)。

もういちど、できるなら


(片腕を失った後、二足ジェット飛行ができるかは不明である)

ガメラ御三家
GAMERA1999

 
半永久的に稼動可能な生物兵器であり、短期間の間に自身の体細胞や肉体構成を進化させることが可能なため、より戦闘的な容姿・能力へと変容を遂げていく(1年間で、ひっくり返ったら起きられない弱点を克服しているが、どちらかというとこっちの方がガメラ本来の姿に近いらしい)。なんと、破損した甲羅までも再生させるどころか形状そのものを進化させることもできる(鹿やトナカイなどの角や、生物の爪などに近い性質を持つのかもしれない)。
また、自身の身体を貫通するほどの傷でも1時間程度で治癒するほどの素晴らしい再生力も必見。更には、対レギオン戦にて、炭化する以前と後という半日前後でも既に進化しているという意見も(レギオンの角に対する皮膚の耐久性)。

  • 公式かどうかは不明だが、『2』公開時に発売された一部の解説本には、「これがガメラ本来の姿」と書いてあり、確かに見た目の印象も『2』以前と『3』とで異なる印象を受ける(ただし、制作側からしたら『3』みたいなのが本来の姿)。また、ファンによる考察では、マナ不足を少しでも補うために肉体改造をしているのでは?という声がある。

ガメラ火球発動寸前(過去作編集version)


平成3部作のガメラはすべて同一の個体だが、容姿に関してはまったくの別物となっている。
プラズマ火球の威力も上昇し続けており、3作目のそれは自身の強靭な右腕を吹き飛ばし、渋谷および京都戦では「樋口撃ち」の一発一発が約1kmの街並みを火の海に変える巨大な爆発を起こしている。

なお、炎を攻撃以外にも自在に操る念力またはパイロキネシスも持ち合わせている。そしてこれは、金子監督の別作品(『クロスファイア』)にも、火球ふくめて受け継がれている。

また、マナを操る能力は非常に有用であり、場合によっては(肉体が破損していない)死者を複数同時に復活させるというまさしく神獣といっても過言ではない能力も披露している。テレパシーや敵怪獣の出現を察知するなど超能力を持っている節もある。また、三陸沖でイルカが浮上するガメラに道?を譲った描写からも、他の生物たちとの交信が可能なのかもしれない(少なくともこの時、イルカたちはパニックを起こしている様子は見られなかったので、ガメラを怖れている節もないので、地球上の全生物から存在を認識されある程度の敬意を抱かれている可能性もある)。

ガメラシリーズの敵は、エグい能力に秀でた者が多く、特に貫通力に関しては目を見張るものがある。そのため、ガメラの防御力に関しては、自慢の甲羅はまだしも皮膚はけっこう弱いのでは?という意見が出されることがあるが、実際は敵の攻撃がかなり高水準なことが関係している。実際、G3では、進化して強化されたギャオスハイパーの超音波メスを手で防ぎ、光線のかなりの部分が反射しており、ガメラの手はほとんど傷ついていないレベルにまで達している。

「手足を引っ込めて飛ぶ亀の怪獣」というコンセプトに、特撮担当の樋口は「どう頑張ってもギャグにしかならない」と一時は絶望したものの、努めて生物的なデザインを取り入れてそれを防ぐことに成功している。

あと、やっぱり軽い。その軽さは昭和ガメラに輪をかけたもので、計算上は体長を2mまで縮めると重さがわずか1.8㎏発泡スチロールよりも低密度なのだ。






ちなみに、「ガメラ3」での最終決戦を、裏設定的な話だと普通に勝利するらしい。もしこれが本当なら、もはや地球が存続する限り死なないんじゃないだろうか…。

トラウマガメラ

トラウマガメラ
トラウマガメラ


1995年のガメラとギャオスの東京での死闘に巻き込まれて両親を失った少女の悪夢に登場するガメラ。歴代のガメラでもダントツに禍々しい姿をしており、同監督によるゴジラ映画『ゴジラ・モスラ・キングギドラ-大怪獣総攻撃-』に登場する「怨霊ゴジラ」に通じるものがある。

白目対決・再び



関連リンク

全ジャンル主人公最強議論スレまとめ@wiki - ガメラ(平成三部作)

関連イラスト

ガメラ
トラウマ(カラー版)
MXでやってましたので。




関連タグ

怪獣 大映 ガメラシリーズ ガメラ怪獣 平成ガメラ ガメラ大怪獣空中決戦 ガメラ2 ガメラ3 ガメラ100users入り カメ 主役

pixivに投稿された作品 pixivで「徳間ガメラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27784

コメント