ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

白亜紀前期に生息していた古代の亀の一種である。


中国、自治モンゴル地区にて生物学者のリー・ヴァン・ヴェーレン博士によって化石が発見され、1993年にカナダのドナルド・ブリンクマンおよびペンによって命名された。


甲長約13~20cm程度の小柄な海生のカメで、腹甲が大きく退縮して背甲が六角形になり、左右には翼のような突起がついている。この突起は水中を泳ぐために発達した甲羅の形状と推測されている。


名前の由来はもちろん日本の怪獣のガメラから来ている。甲羅の両側に翼のような突起を持つという独特な形態が「まるで空を飛びそう」という理由で命名されたという経緯がある。


また、白亜紀後期の北米に生息していた「ガメラバエナ」という種類の亀も存在し、こちらもやはりガメラに因んで命名されている。


関連項目

ゴジラサウルス:こちらはゴジラが名前の由来の恐竜

関連記事

親記事

潜頸類 せんけいるい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました