ピクシブ百科事典

シネミス・ガメラ

しねみすがめら

シネミス・ガメラとは、白亜期前期に棲息していたカメの一種

概要

中国、自治モンゴル地区にて生物学者のリー・ヴァン・ヴェーレン博士によって化石が発見され、1993年にカナダのドナルド・ブリンクマンおよびペンによって命名された。

甲長約13~20cm程度の小柄な海生のカメで、腹甲が大きく退縮して背甲が六角形になり、左右には翼のような突起がついている。この突起は水中を泳ぐために発達した甲羅の形状と推測されている。

名前の由来はもちろん日本の怪獣のガメラから来ている。

関連記事

親記事

潜頸類 せんけいるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シネミス・ガメラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント