ピクシブ百科事典

ゴジラサウルス

ごじらさうるす

三畳紀後期に棲息していた肉食恐竜である。疑問名。
目次[非表示]

発見と命名

アメリカ・ニューメキシコ州クワイ郡のレヴェルト・クリークで肋骨・椎骨・血道弓・肩甲骨・腹肋骨・恥骨・脛骨・中足骨・歯などが発見され、1997年に新属新種として命名された。学名は怪獣映画の代表「ゴジラ」にちなむ。記載者である日系の古生物学者「ケネス・カーペンター」が大の怪獣マニアであることからこの名前となった。綴りは「Godzillasaurus」ではなく、「Gojirasaurus」である。これは、ローマ字読みを考慮した結果だったりする。
・・・が、その後発見された椎骨が実はワニの仲間のものだった等の事情でその存在が疑問視され、更に残りの化石も調べた結果、学名統合でコエロフィシス科の恐竜になってしまい、現在では名前自体が無効化されてしまった

形態

発見された個体は亜成体で全長5.5メートル・体重は150~200キロ程度だが、成体は6.5メートルに達したとされる。三畳紀の獣脚類としては最大級である。

生態 

同じ地域にはコエロフィシスなどの小型恐竜やワニの祖先「ポストスクス」が生息しており、それらとはライバル関係にあったと思われる。ゴジラサウルスは小型恐竜や植物食の爬虫類を捕食していたと考えられる。獲物となっていた動物にとってゴジラサウルスはまさにゴジラというべき存在であった。

関連タグ

獣脚類 恐竜 コエロフィシス 
ゴジラ ゴジラザウルスゴジラVSキングギドラに登場した、ゴジラの怪獣化する前の姿。名前は似てるが、ゴジラサウルスよりティラノサウルスに近い容姿をしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジラサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93

コメント