ピクシブ百科事典

ジョバリア

じょばりあ

ジュラ紀中期のニジェールに棲息していた原始的な竜脚類である。

データ

1997年にシカゴ大学の調査隊がニジェールのテネレ砂漠のティユラレン累層から大きさの異なる8体分の化石を発見し、1999年に同大学のポール・セレノ博士によってジョバリア・ティグイデンシスと命名された。属名は周辺の原住民であるトゥアレグ族の民話に登場する幻獣「ジョバル」に、種小名は発見地近郊にあるティグイディの崖に因んでいる。

竜脚類としては珍しく全身の約95%の骨格が揃っていたが、分類は長い間議論を呼んだ。これは、頚椎の数が少ない、尾の柔軟性が乏しいなど、原始的な竜脚類の特徴を持ち合わせていながら、発見されたティユラレン累層が白亜紀前期と比較的新しい時代のものだと考えられていたからである。しかし近年の研究で、ティユラレン累層はジュラ紀中期の地層だったと判明し、その時代では妥当な恐竜だと分かった。

全長21メートル・体重約20トンと竜脚類としてはそこそこの大きさであった。また、大きさの異なる8個体がまとまって見つかったことから、群れをなして行動していた可能性が高い。こうすることで、アフロヴェナトルといった肉食恐竜から身を守っていただろう。

有名な復元骨格は後肢で立ち上がった姿で復元されているが、これは現世のゾウの上腕骨と大腿骨の外周の比率と比較した結果、体重の配分がゾウのように前肢よりも後肢に支えられており、ゾウのように後肢で立ち上がることができたというセレノ氏の学説に基づいたものである。

関連タグ

竜脚類 ケティオサウルス アフロヴェナトル

関連記事

親記事

ケティオサウルス けてぃおさうるす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョバリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 888

コメント