ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

正式名称は「大日本映画製作株式会社」。


昭和17年から昭和46年まで存在した映画会社であり、倒産後は徳間書店が設立した大映映画株式会社に経営が引き継がれたものの、諸事情により角川書店グループに引き取られ、現在ではKADOKAWAの社内ブランドの一つとなっている。


現在では、大映特撮ガメラ大魔神妖怪大戦争シリーズなど)を生み出した会社として特に知られているだけでなく、ゴールデンウィークという言葉の発祥も大映である。


また、プロ野球の球団を所持していた。


さらに、この会社より時代劇制作会社である映像京都や、ドラマ制作会社の大映テレビなどもできたとされる。


※上述事情から、親記事はKADOKAWAに設定しています。


歴史編集

時代により撮影した特色のある映画が異なるため、その区分も含め解説を行う。


設立編集

当時存在した映画会社、新興キネマ大阪にあった帝国キネマの流れを引き、松竹傍系の映画会社、なお東映はこの会社と関係が深かった)と大都映画(低予算娯楽作の大量供給で名を成した映画会社)、さらに日活(の製作部門)を合併して設立された。


当初社長作家菊池寛恩讐の彼方に父帰るなどを執筆、フランダースの犬の翻訳など。また現在まで続く雑誌文藝春秋を立ち上げたり、麻雀競馬にも造詣が深かった)を据え、京都撮影所では阪東妻三郎(歌舞伎役者や芝居役者としては大成しなかったものの、映画俳優として一世を風靡。阪妻プロを畳み日活専属となる。なお、田村高廣田村正和田村亮の父親でもある)・片岡千恵蔵(歌舞伎界出身であるが因習を嫌悪し、映画俳優になる。時代劇の貴公子といわれたが、千恵プロを掲げ日活と提携した後日活専属に。後に東映の重役となる。なお、林家木久扇がたまにネタにする)・市川右太衛門(歌舞伎界でそれなりの成功をおさめたがそれ以上なくなって映画俳優に転向。右太プロを畳んだあと松竹→新興キネマ専属に。なお北大路欣也の父でもある)・嵐寛寿郎(歌舞伎界出身、因習が嫌になり映画界に転向、鞍馬天狗が当たり役。寛プロの解散後は日活専属に。割と苦労人だったりする)の四大スター中心、東京撮影所では中田弘二(日活出身。中田博久の父親でもある)・水島道太郎(大都映画出身)・月丘夢路宝塚歌劇団出身。一和高麗人参茶のCMでお馴染み)ら中心の映画興行をスタートさせる。



終戦後からしばらく編集

終戦後、正式名称を大映とし、公職追放された社長に変わり元新興キネマの京都撮影所長であった永田雅一(政界の黒幕だったりプロ野球のオーナーだったり忙しい人物、一部では映画界の父もしくは永田ラッパと呼ばれた。この人物に関しては本気で面白そうなことがかけそうなほどエピソードが多すぎる)が社長となり、ワンマン経営を行うようになった。


映画としては「七つの顔」シリーズ(片岡千恵蔵主演の探偵もの、当時はチャンバラものがGHQにより禁止されていた)や三益愛子悲劇を演じた「母もの」シリーズが当たっている。また横溝正史江戸川乱歩原作などのサスペンスものを量産していた。


また、プロ野球においては当初大映球団((連盟などに未加入のプロ野球球団、紆余曲折を経てフライヤーズに合併)を作ったり、国民野球連盟(戦後存在したプロ野球リーグの一つ。日本野球連盟税務署やくざにつぶされた)の大塚アスレチックスを買収したり、東急フライヤーズに出資して急映フライヤーズとしたりしたものの、昭和24年にパ・リーグ金星スターズを買収し、大映スターズとした。


しかし、社長の性格(気の短さと失言癖)などにより京都撮影所の主力四大スター全員(特に片岡千恵蔵と阪東妻三郎は確実にそれ)に逃げられ、それについていく形で多数の役者スタッフたち(月形龍之介、大友柳太朗、原健策、月丘夢路、喜多川千鶴、松田定次監督、丸根賛太郎監督、等)も他社に移籍してしまう。その受け皿のひとつが東横映画(後の東映)だった。


日活の復活まで編集

これらの事態により、京都の新たな看板スター大河内伝次郎新国劇から映画界に転身、日活に10年以上在籍後東宝に移籍、さらには新東宝立ち上げにかかわる。丹下左膳が当たり役)、長谷川一夫(歌舞伎出身、ただし合意の上で映画界に転身、当初松竹に在籍、その後東宝に移籍、さらには新東宝立ち上げにかかわる。銭形平次が当たり役)を重役に迎え、移籍の流れを食い止めるとともに、ニューフェースの新人やフリーやよその役者も使い盛大に映画を作りだす。この時期出てきたのは船越英二船越英一郎の父親)、市川雷蔵(八代目。歌舞伎役者だったが見切りをつけ映画に進出した俳優)のほか三大女優と呼ばれた京マチ子(大阪松竹歌劇団出身。劇団在籍中から大映に出演。海外の映画祭で主演作が受賞したためグランプリ女優と呼ばれる)・山本富士子(ミス日本、この後テレビドラマ演劇に進むことになる)・若尾文子(当初は性典女優などとひどいことを言われていたが、返上し正統派美人女優として活躍。なお旦那は黒川紀章)が登場した。


また、作品としては羅生門アカデミー賞)や雨月物語ヴェネツィア国際映画祭)が賞を受賞したことにより、外国の賞を狙う路線が成立した(ただし社長はこの手柄すべてを自分の名誉にしたらしい)。


また、五社協定(名目は映画会社同士の専属監督・俳優の引き抜きの禁止であるがこれにより活躍の場を奪われる俳優が続出した、またテレビの台頭や映画界の凋落により自然消滅)を描く映画会社と結んだ。


しかし、日活が映画製作を復活させることにより、それによりもともと日活にいたスタッフなどが移籍するという事態に陥った。


テレビ時代の幕開けまで編集

このころ、社長の愛馬であったトキノミノル(戦績10戦10勝、朝日盃三歳ステークス皐月賞東京優駿(日本ダービー)、なお、破傷風を発症し、死亡した)をモデルとした映画を作成したりしていた。


また勝新太郎叶順子(ミス資生堂、カラー映画の照明で目を痛め引退)が入社した。大映スターズが高橋ユニオンズ(当時のパリーグでは7チームと奇数で試合を組むことに問題があったため、戦前に大日本麦酒を経営していた高橋龍太郎個人がオーナーとなった球団、1954年から1956年まで存在)を引き取って大映ユニオンズとなったり(ただし実際には佐々木信也を始めとする一部選手を引き取ったに過ぎないが)、社長の大口たたき(最下位のチームを解散させようというもの、この辺り松竹ロビンスと類似)が原因で毎日オリオンズに合併され、大毎オリオンズとされる羽目に陥ったりした。ただし合併後は優勝したりしてわずかの間黄金期を迎えた(なおオーナーである社長は監督であった西本幸雄とケンカして首にしてしまい、暗黒期を迎える)。


また、テレビも盛んとなっており、この時代には大映テレビ製作室(テレビ映画を作るための社内部署)や東宝松竹といった映画会社と文化放送ニッポン放送といったラジオ局と合同でフジテレビジョンを開局。


ただし、他社(特に東映)に比べて大映はテレビを軽視しており、大映でテレビの仕事というと負け組がやる仕事という風潮が強く、社内でもテレビの仕事をする人間に対する差別が多々あったという。この風潮が後に会社の存続を危うくするとは誰も思わなかった。


特撮への参入編集

政治家との付き合いがあった社長がそのあたりで逮捕されるも無罪を勝ち取り、会社は大作路線に突入した。さらにディズニー映画の配給権も手にしていた。


1963年には東宝が作成したゴジラシリーズ1964年にはモスラ対ゴジラ/三大怪獣地球最大の決戦が公開されている)のヒットを受けて特撮怪獣映画を作ることを画策、巨大ネズミを怪獣にした大群獣ネズラを作成しようとするも衛生面などの問題から頓挫、1965年ガメラシリーズの1作目である『大怪獣ガメラ』が完成、好評となる。また、1966年には大怪獣決闘ガメラ対バルゴン大魔神の特撮2本立てという東宝ではほぼ不可能なことをやってのけたりした。


これ以前から大映では特撮を用いた映画は制作されていたがそれを前面に出した作品は少なく、サスペンスやホラーを魅せるための添え物でしかなかった。反面、合成では東宝よりリードしていたところもあり、戦前の公職追放により一時期東宝から離れていた円谷英二もここでミニチュア操演を教える代わりに合成技術を学んでいたという。ちなみに初期の作品「かくて神風は吹く」では東宝が特撮を担当した。


しかし、社内で特撮に理解のある人間が少なく、テレビの仕事同様に蔑視の風潮があった模様で、優れた技術を持った社員は次々に他社に移って行ったという。


また、球団は1962年に社長の私財で建設したとされる東京球場に本拠地を移転、1964年東京オリオンズと名称変更。さらに1969年には、ロッテをスポンサーとしてロッテオリオンズに名称変更した。


スターの喪失編集

その一方で、長谷川一夫が映画からの引退を表明、また、菅原謙二(劇団俳優座出身、柔道の段位持ち、現代劇のスター)や川口浩(作家で大映専務の川口松太郎三益愛子を母に持ち、現代劇で活躍。後に川口浩探検隊が有名となる)が退社した。さらに叶順子も引退。さらにひどいことに当時二枚看板だった勝新太郎は独立、市川雷蔵は病死してしまう。


さらに、「五社協定」の関係では山本富士子が社長と揉めて(これは社長が口約束でフリーにすると言っていたのを守らなかったことに起因する)映画に出せなくなったり、田宮二郎(端整なルックスと高身長で人気を博した。代表作に白い巨塔クイズタイムショックなど)とケンカして解雇してしまったり、テレビで人気が出ていた丸井太郎を飼い殺しした挙句自殺させてしまったりした。


この件によりこの会社の作る映画にはスターの姿が見えなくなり、空席が目立つようになった。


そして破綻編集

同様に景気の悪くなっていた日活と配給網を統合(=ダイニチ映配)したものの、弱者連合ではどうしようもなく、映画が不人気でペイできない、次の映画が作れないという悪循環に陥りかけていた。このころの映画としてはテレビに押され不景気であったものの、他社は多角化によりそれを乗り越えようとしていた、しかし、この会社はそのような副業はほとんど持ち合わせていなかった。


1971年にはとうとう球団もロッテに売却してしまう。


この時代に作成された映画は暴力エログロをテーマにしたものが多く、これらの映画を安価に作成したものの、もはやこれらには会社を立て直す力はなく、1971年12月に大映は倒産する(なお日活は日活ロマンポルノ路線で食いつないだが、アダルトビデオと競合し、1990年代に会社は買収され、現在は日本テレビスカパーの子会社)。


破綻後編集

この会社が破綻したのち、1974年徳間書店がスポンサーとなり業務を引き継ぐこととなる。大映映画株式会社を設立した。土地資産の売却や人材の合理化で負債を減らし、同時にメディアミックスで作品を作り出す。


しかし、1982年以降は時代錯誤の大作主義に陥ってしまい、ヒット作は出すものの、その借金がかさみ、さらにバブル崩壊により親会社である徳間書店は住友銀行の管理下に入ってしまい、2002年角川書店に事業を売却し、法人は清算され「大映」の社名は消えた。


この売却された映画部門は2004年にほかの会社と合併して角川映画となる。


上記の通り、過去の映画は徳間期の大映からKADOKAWAへ移管。ソフト化等では歴史的意義から、往年の大映マークはダイニチ映配マークを含めカットや差し替えされる事なく往年の雰囲気を保持し現在に至っている。


スピンオフした会社編集

この会社のテレビ部門は大映テレビ製作室であるが、倒産前に分社化され、大映テレビとなった。この会社は1970年代から多くの名作ドラマを製作し、1980年代にものすごく特徴的な作品(いわゆる大映ドラマ)が集まっている。なおこの会社は現存し、2時間ドラマや昼ドラマを制作している。


また、映像京都は別資本により立ち上げられた時代劇メインの制作会社、木枯し紋次郎などを作成した。この会社は時代劇の減少により2013年に解散した。



ピクシブ上では編集

特に二つの作品に分かれると推測される。一つは時代劇を書くもの、もう一つは特撮ネタである。


関連項目編集

映画 時代劇 特撮 KADOKAWA 千葉ロッテマリーンズ 大映テレビ


外部リンク編集

wikipedia同項目および永田雅一、およびそれらのリンク先。

関連記事

親記事

KADOKAWA かどかわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125323

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました