ピクシブ百科事典

フランダースの犬

ふらんだーすのいぬ

少年と犬の友情を描いた名作。
目次[非表示]

※部分の編集不可

概要

原作はイギリスの作家・ウィーダが1872年に発表した児童文学。タイトルから誤解される事が多いが、舞台はフランスではなくベルギーである。
アメリカで実写化、日本アニメ化された。世界中で日本での評価が最も高く、特に有名なのはラストシーンで、パロディのネタに使われることも多い。
アニメ放送後、物語の舞台であるベルギーで日本人観光客が急増したが、ベルギーでは無名の作品で、当時の現地観光局は日本人の多さに驚き、対応に苦慮したという。所謂サブカルチャーにおける聖地巡礼の先駆であった。
アメリカでは4度実写化されているが、終盤の悲劇的要素がオミットされている。

※原作と日本で放送されたアニメ版ではラストの表現に相違がある。
日本版はラストでネロとパトラッシュが天に召される話だが、原作でははっきりと自殺となっている。

パトラッシュの犬種について『世界名作劇場』版では黒田昌郎監督が子供になじみやすくと考えたセントバーナードと和犬を参考にした容貌になっている。
又、よくブービエ・デ・フランダースという黒くもしゃもしゃした大型犬種だったのではないかと言われていたが、原作の文章と照らし合わせるとどちらかというとアニメ版の外見の方が近いことが分かっている。

この記事では日本で広く知れ渡っている『世界名作劇場』版について説明する。

ストーリー

19世紀のベルギーはフラーンデーレン地方の農村。
主人公の少年・ネロは両親を亡くし、祖父・ジェハンとの貧乏暮らしをしていた。
ある日、金物屋に酷使され死にかけていた大型犬・パトラッシュを助け共に暮らすようになる。
ネロとパトラッシュは荷車を引いておじいさんの仕事である牛乳運びを手伝ったり
親友のアロアたちと遊んだりして過ごすが、その中で様々な出来事が巻き起こる。

主な登場キャラクター


ラストの展開

病気のおじいさんが亡くなってしまう第44話以降、悲惨な展開とトラウマの連続となる。

一人取り残されたネロは家賃が払えなくなり、ハンスに家から出て行けと言われる。
コゼツとハンスの過失により村で火事が起こったが、ハンスが「ネロが放火した」と言い張る。
これによってネロは村の人々から疑いの目で見られるようになり、仕事を失う。
全財産を美術館で絵を見るために使い、全食糧をパトラッシュに食べさせてついに一文無しになる。
さらに、記憶の中のおじいさんを全身全霊で描いた絵をコンクールに出品するも、落選する。
コンクールの賞金が生きていくための唯一の希望だったネロは目の前が真っ暗になる。
「パトラッシュ、もう何もかも終わったんだよ、みんなおしまいになっちゃったんだ」

村の人々へ書き置きを残したネロは、パトラッシュをアロアの家に置いたまま村を出て行く。
ネロがいないことに気づいたパトラッシュは、フラフラになりながらもネロを探すため足跡を追う。
最期に一目だけ大聖堂のルーベンスの絵を見てみたいと思い立ったネロが大聖堂まで辿り着くと
いつもはカーテンがかかっていて見ることができない二枚の絵が公開されていた。
念願叶って大感激のネロ。そこにパトラッシュがやってきて・・・

「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。何だかとても眠いんだ。パトラッシュ・・・」

関連イラスト

「なんだかとても眠いんだパトラッシュ…」
僕の夢はね…



関連タグ

 動物   芸術 ベルギー キリスト教 天使  みんなのトラウマ 天才バカヴォン

pixivに投稿された作品 pixivで「フランダースの犬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343885

コメント