ピクシブ百科事典

ペリーヌ物語

ぺりーぬものがたり

1978年に放映されたテレビアニメーション作品。
目次[非表示]

作品解説

日本アニメーション制作の世界名作劇場シリーズ4作目。

放映期間

1978年1月1日~12月31日(全53話)

原作

エクトル・マロ作「家なき娘」

あらすじ

旅の途中のボスニアで父を亡くしたペリーヌと母のマリは家馬車で写真屋を営みながらフランスの祖父ビルフランの元へ急ぐのだが、母も無理がたたりパリで帰らぬ人となる。
ペリーヌの父は昔父親の反対を押し切って家を出て結婚したため、行ってもビルフランに歓迎されないかもしれないと亡くなる前に母に聞いたペリーヌは、一人でマロクールに着いた時オーレリーと名乗り、素性を隠して祖父の営む織物工場の従業員として働き始める。
英語が話せるオーレリー(ペリーヌ)は社長であるビルフランに秘書に抜擢され、時期社長の地位を狙う甥のテオドールと工場長のタルエルの陰謀に巻き込まれながらも孫と名乗れないまま頑なな祖父の心を次第にほぐしていく。
工場の跡取りとして家を出た息子を探していたビルフランは息子の死と孫ペリーヌの存在を知り、自分の側にいる知性と教養のある賢い娘が息子の忘れ形見であるのではないかと思い始める。
そして調査の報告の日、オーレリーと名乗っていたペリーヌは初めて孫として祖父の腕に飛び込むのだった・・・。



登場人物

ペリーヌ・パンダボアヌ

CV:靏ひろみ(現・鶴ひろみ)
主人公。13歳。いつも変な顔の犬(バロン)を連れている。

ペリーヌ☆


マリ・パンダボアヌ 

CV:池田昌子
ペリーヌの母

マルセル 

CV:岡村悦明
旅の途中で知り合うサーカス団の少年

ビルフラン・パンダボアヌ

CV:巌金四郎
パンダボアヌ工場の社長。ペリーヌの祖父

ロザリー 

CV:黒須燕
マロクールで初めて知り合ったペリーヌの友だち

ロザリー


ファブリ 

CV:村山明
パンダボアヌ工場の技師

タルエル

CV:丸山詠ニ
パンダボアヌ工場の工場長

テオドール 

CV:田中崇
ビルフランの甥

関連作品

家なき子・・・アニメ家なき子レミ世界名作劇場でのそれを原作とした作品

関連イラスト

情報を出し渋って誘導尋問に失敗したフィリップ弁護士



関連タグ

ペリーヌ バロン

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

pixivに投稿された作品 pixivで「ペリーヌ物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71019

コメント