ピクシブ百科事典

家なき子レミ

いえなきこれみ

『家なき子レミ』とは、『世界名作劇場』シリーズ23作目のアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1996年9月から1997年3月まで全26話が放送された。

主人公は8歳の少年から10歳の少女に設定され、一座の仲間・ドルチェ・ゼルビーノの死因の変更され、もう1人の仲間・ジョリクールは生存している設定になった。

物語

第1部・ビタリス一座編

レミ・バルブランは貧しいながらも母親アンヌと妹ナナとともに幸福に暮らしていた。
しかしパリまで出稼ぎに行っていた父親が大怪我をしてレミたち家族の元へ帰ってくると、レミは自分が捨て子だったという出生の秘密を知らされる。
そして父によって人買いに売られたのがきっかけで、村を訪れた旅芸人・ビタリスと共に愛する者、親しんだ土地から離れなければならなくなった。

レミはビタリスから字や芸などの知識を受けながら旅を続けていく中、放火犯に出くわしたのがきっかけで一座の仲間を次々と失い、一座を立て直すためにビタリスの知人・ガルパールに会いにパリに向かうのだった。

第2部・パリ編

ガスパールの住むルールシーヌ通りの集合住宅を訪れたレミ・ジョリクール・カピは、ある大柄な男性と出会う。その男性はビタリスの友人の辻音楽師・ガルパールの甥のガスパールで、伯父の死後は家業を引き継ぐがかなりの極悪人である。パリに身寄りのないレミは彼の元で働くことになった。

そんな中、パリではトゥールーズの屋敷で知り合ったイギリス名門の大富豪・ミリガン家のメイド・ネリーと弁護士・ブレルがレミの消息を追っていた。なんとレミはミリガン家の娘で赤ん坊の時に何者かに攫われて、パリに置き去りになっていたところを養父に拾われたのだった。

全てを知ったレミは仲間の協力を得て母と再会し、ガスパールもブレルとネリーによって警察に逮捕されてしまう。
こうして母との再会を得たレミの長い旅は幕を閉じていったのだった。

登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ
「愛について」
作詞・歌 - さだまさし / 作曲・編曲 - 服部克久

エンディングテーマ
「しあわせの予感」
作詞 - 岡田冨美子 / 作曲・編曲 - 服部克久 / 歌 - Youca(うちやえゆか

各話リスト

話数サブタイトル
第1話悲しい誕生日
第2話さよなら お母さん
第3話ヴィタリス一座
第4話素敵な贈り物
第5話奇跡のマリア像
第6話幻のおかあさん
第7話もうひとつの家族
第8話さよなら私たちの家
第9話運命の出会い
第10話ひとりぼっちのアーサー
第11話ペンダントの秘密
第12話悲しみの雪山
第13話雪の日の別れ
第14話新しい旅の始まり
第15話新しい仲間
第16話雨の日の子猫
第17話地下迷路での誓い
第18話すれちがう母と子
第19話旅の一家
第20話心の友達
第21話思い出のバイオリン
第22話地下からの生還
第23話二人の願い
第24話引き裂かれた愛
第25話脱出!
第26話私のお母さん

関連タグ

家なき子・・・原作では主人公は男性である
ペリーヌ物語・・・同じ作者の世界名作劇場作品

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「家なき子レミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78500

コメント