ピクシブ百科事典

家なき子(1994年テレビドラマ)

さまざまなできごとをとおしてせいちょうするあるしょうじょのものがたり

家庭内暴力を受けている小学生の少女が、理不尽な環境の中でも困難に負けずに生きていく様を描いた物語。 ドラマの中のセリフ「同情するなら金をくれ!」は新語・流行語大賞にも選ばれた。一方で過激ないじめ、暴力シーンは大変胸が締め付けられる。
目次[非表示]

概要

1994年と1995年に日本テレビの土曜グランド劇場で制作・放送されたテレビドラマ
1994年12月17日には劇場版が公開されている。

1994年版

あらすじ

乱暴かつ酒浸りな養父、重病で入院中の母親。そして、その不遇な環境によりクラスメイトから冷たい視線、時には暴力、いじめを受けながらもそれにもめげない主人公相沢すず。彼女は母親を助けることを生きがいにしていた。彼女の境遇に自分を重ねた彼女の担任片島智之は彼女に何かと手助けをしようとするがすずは反発。そんな小学校生活と同時に盗みなどに手を染めていく。ある日、家に帰ったすずの母親相沢陽子に養父相沢悟志は暴力を振るう。それによりすずは養父を殺害するために自分の住むアパートに放火。彼女は「家なき子」となり以降波瀾に満ちた人生を歩んでいく。

劇場版

あらすじ

母親が死に、相棒のリュウと放浪するすずは、クリスマスの夜に路上販売をおこなっていたケーキを盗ん店主に捕まってしまう。窃盗犯として警察に突き出される直前、サーカス団経営者でもある磯貝が現れ「ケーキの代金を肩代わりする」と言う。しかし磯貝は身寄りのない子供達を集めてサーカス団員として不当な労働を強制しており、すずとリュウも軟禁状態でサーカス団に連行されてしまう。

1995年版

あらすじ

すずはサーカス団から旅立ったあと、父親の悟志が生存していることを知り、再会。愛犬であるリュウと共に暮らしていた。ある春の日、駅で落ちていた財布を手にしていたところを窃盗と誤解、留置される。しかし留置所の牧村晴海の機転で脱走。警官に追われていたところをかつて窃盗団としてすずと一緒に暮らしていた圭太に救出される。現在は大富豪である一条家の屋敷で運転手をしているという圭太は、すずに「当主が孫娘を探している」と伝え、過去と身分を偽って屋敷に来る事を勧めた。嘘をつく事に負い目を感じつつも、経済的な理由と父を救うために一条家に乗り込み、私立修学館中等部へ編入することになったすずだが、間もなく海外から帰国した一条の親族である絵里花の弁により、偽物扱いをされるようになる。同時期に孫娘を名乗ってやって来た千穂と屋根裏部屋に住まわされ、絵里花らから殺人罪の濡れ衣を着せられ、屋敷内・学校内で辛辣ないじめを受け続ける。そして、修学館高等部に在籍する牧村晴海と再会を果たす。

pixivに投稿された作品 pixivで「家なき子(1994年テレビドラマ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント