ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ジッチャンの名にかけて!」

プロフィール

身長170cm(最新の公式ガイドブックより)※167cmとしているガイドブックもあり、本編でも170cm未満であることが分かるセリフもある
体重58kg
足のサイズ25.5cm
視力左右とも2.0
血液型B型
年齢17歳
誕生日8月5日
IQ180
本籍地埼玉県
現住所東京都不動山市
趣味テレビゲーム
特技手品、スリ、卓球、五目並べ(囲碁と将棋もそこそこできる)
苦手なものジェットコースター
カラオケの十八番ひとりじゃない堂本剛
CV・演後述


人物

高校時代

本作の主人公。かの名探偵、金田一耕助の孫(耕助は母方の祖父)。
私立不動高校2年。ミステリー研究会・演劇部所属。成績は最低、スポーツも全く駄目な上に、遅刻・早退・サボリなどの常習犯だが、IQ180もある推理の天才。

決め台詞は「ジッチャンの名にかけて!」、「謎はすべて解けた!!」、「犯人はこの中にいる!」。

父、母、居候の従妹の金田一二三の四人で暮らしている。二三が同居するのは『魔犬の森の殺人』のエピローグの時から。幼馴染の七瀬美雪からは「はじめちゃん」と呼ばれ、家族や親族以外からは「金田一」「金田一君」と呼ばれることが多い。名前を縦書きにすると「金田二」になる。肩まで伸びた髪を後ろで束ねており、太い眉毛(父からの遺伝)が特徴である。就寝時も入浴時も基本的に髪をほどかないが、本編で一度だけヘアゴムを外したことがある(金田一少年の決死行)。また、小学生時代は髪は短かった。一応黒髪のはずなのだが、最近では原作やアニメでも茶髪として塗られていることが多い。

オープニングのはじめちゃんがカッコ良すぎて


※アニオリシーンの髪下し金田一

美雪とは(現在は)友人以上恋人未満な関係である。事件を通してアイドルの速水玲香をはじめ、女性に好感を抱かれることもあるが、たいていの場合既に相手がいたり、加害者なり被害者なりになるため進展はない。

ライバルに警視の明智健悟殺人鬼高遠遙一がいる。
明智とは事件のたび、推理合戦になり、周りをおいてけぼりにして盛り上がることも。高遠にははっきりと敵意を向けており、ジッチャンの名にだけでなく、自らの誇りをもかけて捕まえることを決意している。他にも警察を手こずらせる日本有数の怪盗である怪盗紳士からも好敵手(もとい格好のからかい相手)として一目置かれている。

かなりの不幸体質であり、自身がよく事件に巻き込まれる他にも、友人が事件に巻き込まれて殺されたり、友人が事件の犯人だったというケースも幾つもある(尤もこれは彼に限った話でなく、探偵を主役とした物語の主人公全体に言える事なのだが)。

また、本人も捜査中に真相の発覚を恐れた犯人や解決中に逆上したした犯人に殺されかけるなど危険な目に遭うことが度々ある。猟銃で腹を撃たれたりとか沼に沈められたりとかツルハシが顔を直撃しそうになったりとかナイフで腹を刺されたりとか(他、眠らされたり殴られたりなど多数)。殺人の罪を着せられることも多く、何度もスケープゴートにされている。事件の途中のギャグシーンでもよく死にかけていて(吊り橋の足場に穴が開く、時計台の梯子に片手でぶら下がる、断崖絶壁の前で足を止めるなど)、エグ過ぎてアニメやドラマで表現が変わっていたこともある(『魔犬の森の殺人』のキノコ汁のシーンなど)。

普段は学業に対する意欲がないため落第寸前の成績だが、不動高校の入学試験は開校以来トップの成績で合格している。暗号やパズル的な問題に関しては一目で看破でき、中国語の四行詩や容疑者のアリバイ表を一度見聞きするだけで覚えるなど記憶力にも優れている。つまり、成績が最低なのは自身の性格が大きく災いしており、本人がやる気さえ出せば、そのIQと推理力からして当然ながらトップに立てる。教職員や同級生でも一の真の頭脳明晰さを一部の者たちが認識している。また、留年が賭かった試験などにおいては、功名なトリックを応用したカンニングを用いる事で落第を回避するなど、悪知恵も効かせる事もある。その為、周囲の生徒からは「本当は二十面相の孫じゃないのか?」と皮肉られている。その知識や応用力を学業にも発揮すれば良いものを…

また、スポーツに関しても運動神経は鈍いが卓球は一家揃って得意であり、マイラケット・マイウェア・イニシャル入りマイボールを所持している。走る速度も決して遅くはなく、50mを6秒台後半で走れるのが体育系の唯一の自慢である。

かなりの大食らいで食い意地が張っており、刑事であり年の離れた親友である剣持勇に対して捜査に協力した見返りとしてよく食事を強請っている。また、未成年にもかかわらずAV鑑賞・飲酒・喫煙をすることもある(原作のみ)。一度、それまでの事件解決のお手柄から警視総監より直々の奨励が下されそうになったが、その席でうっかり隠し持っていたAVをビデオデッキに入れて(よりによって本番中の場面を)再生してしまった事で、『品性に問題あり』という事で奨励が取り下げられてしまった事も…

お世辞にも優等生とは言えないが、初対面の目上の人をさん付けで呼び、やや砕けたながらも敬語を使う程度の礼儀はある。

自分が推理以外において、誇れる部分が無い事は少なからず自覚し、コンプレックスになっているようで、故に明智警視をはじめとする、自分よりも優れた才能や容姿を持った同性(特に美雪にアプローチを仕掛けたり、美雪自身が満更でもない反応を示した者)に対して過剰に警戒心や敵愾心を顕にしたり、自らの唯一のアイデンティティである推理力を軽視されたり、懐疑的な発言(例:「素人探偵」「ボーヤ」など)をされると躍起になる傾向がある。

社会人時代

『金田一37歳』では、社会人になった金田一が描かれており、音羽ブラックPR社という会社に就職している。所属は営業部。それほど偉いわけではないようだが、全くの平社員ではなく「主任」と呼ばれている。新卒で入社したという台詞があるので、転職経験はないようだ。部下に葉山まりんがいる。

社会人になってからは、家を出て一人暮らしをしている。隣人はシングルマザー森下桃香と、その子供の森下走野。走野は金田一に生意気な口を聞きながらも、一の部屋を訪ねて将棋を指すことがあるなど、それなりに深い近所付き合いをしている(高校生の時、森下麗美という同姓のキャラクターが出ているが、特に関係はない模様)。

年齢を重ねているが、あまり容姿や性格は変わっていない。後ろで長髪を束ねた髪型も、高校生の時のままである。佐木竜二村上草太とは今でも付き合いがある。美雪は作中に登場していないが、縁が切れたわけではないらしく、チャットなどで連絡を取り合ってるようだ。

ただ、37歳になるまでの間に「何か」があったらしく、事件が起こっても推理することを極力避ける傾向がある。このため、高校生の時の決め台詞「謎はすべて解けた」から「謎がすべて解けちまった」に変化している。この「何か」は速水玲香が関わった「事件」であるとされているが、詳細は未だ不明。

性格

シリアスとコミカルを同時に担当する。コミカルな面を見せるシーンではシリアス一色の高遠さえも動揺したほど。普段の性格はお調子ものでスケベ。美雪によくセクハラをして叩かれる。

しかし、本性は奥手なタイプであり、いざ女性の方から積極的にアプローチされるとしどろもどろになりその場を逃げ出してしまうことが多い。普段はかなり抜けたところの多い普通の高校生だが、事件が発生すると一転、祖父、金田一耕助譲りの抜群の推理力と正義感で事件を解決に導く熱い少年である。トラウマを持っている色は紫色(理由は説明されておらず、欲求不満だと予想されていた)で、潜在的な願望を表す色でもある様子。

謎解きや推理勝負などに情熱をかけるのではなく(時に情熱的になる事もあるが)、これ以上犠牲者を出さないことと、復讐に手を染める犯人を救うことを基本的な芯に動いている。そのためか、自らが進んで事件に関わるケースは滅多に無く、自ら「金田一耕助の孫」と名乗ることも少なく(孫と紹介されることはあるが)、「探偵」と名乗ることも殆どなく解いた事件も自分の名前を伏せてもらっている事が多い為、関わった人たちや警察関係者以外には、時に噂が流れる程度で社会的にそれほど有名ではない。

「金田一少年の事件簿」における犯人の犯行動機は、ほとんどの場合が加害者に対する怨恨からくる(しかも加害者側に非があるパターンが大抵)ものであるため、追い詰められた末に自殺に走ってしまうことが多い。

連載初期の頃は真相を見破られた犯人に自殺されてしまう傾向があったが、それを阻止するよう説得する場合も多くなった。(説得むなしく自殺されてしまうパターンもあるが)
また、逮捕された犯人に面会をして心のケアをすることもある。

自殺は追い詰められた犯人が行う最後の逃げ道
殺人を犯しても報われることはない
殺人を犯したことが判明しても、生きて償えば人生はやり直せる

を信条としている。

なお、一はあくまで一般人の高校生であってプロの探偵というわけではない。いわゆる「高校生探偵」としての自覚やプライドも、全く無いわけではないが極めて薄い。事件の解決を依頼されるという形で物語が始まることは少なく、自分自身が出かけた先などで毎回のように偶然事件に巻き込まれてしまうというのが概ね定番の展開である。

あまりにも殺人事件に遭遇する機会が多く、犯人を自殺させてしまうことが多かったことや、中には美雪や親しい人物が被害にあってしまうこともあって、読者からは「死神」などと揶揄されることも。このことに関しては、本人も自覚しているようで作中でもちょっと気にしている描写がある(この点は主人公が高い推理力を持つ高校生である『名探偵コナン』でも同じ要素の一つとされる。但し、『名探偵コナン』では、主人公探偵事務所に居候しており、その探偵事務所への依頼で謎解きする話もあり、(もちろん、『名探偵コナン』にも、『金田一少年の事件簿』と同様、自分自身が出かけた先で偶然事件に遭遇する話もある。重要なのは、『名探偵コナン』では、『金田一少年の事件簿』のように、事件に遭遇するのは、必ずしも、自らが意図せぬ遭遇ばかりではなく、自らが居候する探偵事務所への依頼という形で積極的に遭遇する話もある点。)や、『名探偵コナン』では、基本的に友人らは被害者にも犯人にもならないこと、『名探偵コナン』では、劇場版(映画版)を除き、殺人事件の被害者は一人のみであり、連続殺人事件ではない点などから、作中、周囲の人物から度々死神として扱われている『名探偵コナン』の主人公、江戸川コナンをも超える死神ぷりである。)。ただ、「電脳山荘殺人事件」によれば、犯人を追い詰めるとき、ある種の高揚を感じているのは確かなようである。

とはいえ、それ自体は推理小説や同系統の漫画におけるある種のお約束的ファクターであり、事件に遭遇しなければ解決できないし犯人を暴かなくては推理漫画の前提が成り立たないのだから、突っ込むだけ野暮というものである。そもそも人が死ぬのは犯人のせいであってはじめのせいではないし、やはり『コナン』でも同様の指摘があるが、どんな理由があろうと犯罪はいけないことである。

悲恋湖殺人事件では、甲田医師に「きっとこの許しがたい犯罪を暴くために、神が君をこの地に送り込んだのだ…」という言葉をかけられており、探偵の孫(推理漫画の探偵役として)として事件に遭遇しなければならない彼の宿命に対するある種の回答が示されている。こういった事から自身は探偵ではなくとも、探偵としての能力及び役割を果たさなければならない自覚や責務を少なからず感じている部分がある。

明智曰く「人を殺すようなことはないでしょう、人を騙すことはしてもね」。

推理能力

一から信頼を得ている剣持の協力のもと、現場に残る状況を探ったり、被害者たちや容疑者に隠された関係「失われた輪(ミッシング・リング)」を探りながら持ち前のIQを持って真相を見つけ出す。

基本は地道に状況証拠を集めていく単純なものであり、そのため途中までは犯人の術中にはまり、思惑通りの推理(ミスリード)をしてしまうこともある。「金田一少年の事件簿」は連続殺人事件であることがほとんどであるので、それぞれの容疑者の間にある共通点などを見出せることが重要な鍵を握る場合が多い。

祖父から手品を習ったこともあり、その技術・知識が推理に役立つこともある。頭の回転の速さを活かし、犯人に誘導尋問を仕向けることもある。自ら積極的に探偵として事件に介入することは少なく、既に述べたように探偵の自覚も薄いが、多くの事件を解決してきた探偵の孫として自身の推理能力に対するプライドは高い。

祖父について

連載初期は、「金田一耕助」と書いて、ルビで「ジッチャン」とフられていた。
しかし、当時「金田一耕助」シリーズ著者たる横溝正史氏の遺族への許可申請の経緯で問題があり、途中からは「金田一耕助」とは書かず「ジッチャン」とするようになった。しかし『金田一少年』の人気にあやかる形で「金田一耕助シリーズ」も再ブレイクしたため、現在は正式に許可をもらっているが、自分から「金田一耕助の孫」と名乗る演出は控えられており、その代わりに美雪や剣持警部が代わりに紹介するようになった。

この事は2016年、岡山で行われた「千人の金田一耕助」イベントで、横溝夫人が許可を出したということ自体は事実であると、次女の野本瑠美氏がファンの質問に対し回答している。
※詳しい経緯の情報があれば追記願いたい。

なお、『金田一少年』の世界では耕助の生死は明らかにされていない。ただし本編で金田一家に住んでいるのは一、父母、居候の二三の4人のようであり、祖父が別居とも考えづらいため、耕助は亡くなっていると考える読者もいる。

また、祖父には事件後に一人旅に出る癖があるので、実は長期の旅に出て帰らないだけと言う説もある。いわゆる「謎本」では、『金田一ファミリーの謎』(飛鳥新社)では、耕助はロスで健在であるという説が唱えられている。

ちなみに連載開始(1992年)時点で1913年生まれと言われる耕助は79歳。
作中の時間の経過を便宜上、現実世界と同様の流れで算出すれば単純計算で100歳を超えている事になる。

担当声優

松野太紀アニメ・劇場版第2作目・悪魔の殺人航海(DS
山口勝平劇場版第1作目
関俊彦CDブック
岩永哲哉悲報島 新たなる惨劇・地獄遊園殺人事件・青龍伝説殺人事件(全てPS
草尾毅星見島 悲しみの復讐鬼SS
櫻井孝宏長崎十字架島事件(CR
FROGMANチャンネル5.5

※山口氏は『名探偵コナン』の工藤新一役を担当しており、当時のテレビアニメは『金田一』と『コナン』が連続で放送される形となったため、松野氏に譲る形になった。

担当俳優

すべて、ジャニーズ事務所出身

堂本剛95年単発スペシャル 学園七不思議殺人事件・95年第1シリーズ・95年スペシャル 雪夜叉伝説殺人事件・96年第2シリーズ・97年劇場版 上海魚人伝説
松本潤2001年単発スペシャル 魔術列車殺人事件・2001年第3シリーズ
亀梨和也2005年単発スペシャル 吸血鬼伝説殺人事件
山田涼介2013年単発スペシャル 香港九龍財宝殺人事件・2014年単発スペシャル 獄門塾殺人事件・2014年 金田一少年の事件簿N(第4シリーズ)
道枝駿佑2022年第5シリーズ

金田一少年の事件簿(ドラマ)も参照。

関連イラスト

金田一まとめ
主人公


金田一一
一ちゃん落書き


THE NEW KINDAICHI FILES STARTS!
金田一落書き③



関連タグ

金田一少年の事件簿 高校生 探偵 
金田一37歳の事件簿 社会人 主任

金田一少年の事件簿の登場人物一覧



平行線コンビ 死神コンビ:コンビ名

関連記事

親記事

金田一少年の事件簿の登場人物一覧 きんだいちしょうねんのじけんぼのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「金田一一」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「金田一一」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6142289

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました