ピクシブ百科事典

山田涼介

やまだりょうすけ

Hey!Say!JUMP、NYCのメンバー。ソロとしても活動している。
目次[非表示]

プロフィール

性別 男
出生地 東京都
生年月日 1993年5月9日
血液型 B型
身長 164cm
体重 53kg
胸囲 85cm
特技 サッカー・料理
好きな食物 苺・肉・茄子
嫌いな食物 トマト・ネバネバフード
家族構成 父・母・姉・妹
ペット トイプードル・チワワ・亀・ウサギ・ハムスター・モルモット

概要

Hey!Say!7を経てHey!Say!JUMPのメンバーになった。
当時はグループのセンターは中島裕翔であったが、探偵学園Qでの好演をキッカケに爆発的に人気が上昇し、現在はHey!Say!JUMP、NYC、どちらもセンターを担当している。
さらに4代目金田一少年に選ばれたと同時にソロデビューを果たした。
ソロを含め、グループを3つ掛け持ちするのはジャニーズ史上初である。

愛称は「山ちゃん」。
Hey!Say!JUMPのメンバー別キャラクターの名前は「くるすけ」。
涼=クール+介→くるすけ が由来である。

仕事に対して熱心かつ真面目であり、Jr.にも優しい。
山田涼介に憧れているJr.があまりにも多く、2013年8月号のWink UPでは
山田涼介大好き選手権が開かれた。

Hey!Say!JUMPではHey!Say!7に所属。
NYCではYを担当している。
イメージカラーは赤。初期はオレンジ。

メンバーの有岡大貴知念侑李とは家族ぐるみで仲が良い。
憧れの人物は堂本光一である。

メンバーが選ぶおしゃれな人ランキングで毎回1位になるほどおしゃれ。
好きな食べ物はイチゴと茄子と肉。
視力が0.2しか無いが仕事中は裸眼で過ごしている。

ベストジーニストにおいて2012年に8位、2013年に6位を獲得している。


エピソード

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの第5話にて「意外と優しいとこあるし、最近だってもっと髪とかちゃんとしたらHey!Say!JUMPの山ちゃんに似てるし」と、名前だけ出演している。
・Jr.時代に中島裕翔の代役で5時間で24曲の振りを覚えて翌日の本番をやりきったことがある。
・ジャニー喜多川が山田涼介のダンスを見て、感動して涙を流したことがある。
・多くの後輩に尊敬されており、中には「2人きりで旅行に行きたい」「唇を奪いたい」「腹筋を見せ合いたい」など尊敬するあまり常軌を逸した欲求を抱える後輩が多く存在する。
・特技は料理であり、岡本圭人にアスパラガスを使った料理を振舞った結果、「山ちゃんが作った料理よりおいしいの食べたこと無い」と言われた。
・病院で検査した所、頭蓋骨が2枚あることが判明した。
・19歳の誕生日に高木雄也が怒って舞台から出て行くフリをしてケーキを取りに行った際、ドッキリにまったく気づかず、「スパンコールがついたので鏡を見てくる」と言って高木雄也を呼び戻そうとしにいった。
・SMAP稲垣吾郎に「光り輝く天使のような美少年」と称された。
・サックスを演奏できる。
・ダンス中に中島裕翔・高木雄也・岡本圭人・知念侑李などから尻を触られることが多い。
・寝言がとてもひどい。突然飛び起きて「リモコンどこ!?」と叫ぶ、テレビの電源をつけたり消したりを繰り返す、扇風機に謝る、「ブギャー」と言う、などの奇行を起こす。しかし本人はまったく覚えていない。さらに暗い所が怖いので電気をつけたまま寝ている。しかも非常に眠りが浅いため小声で話しかけられただけで起きてそのまま歩き出せる。
・暗い所が苦手でお化けも幽霊もダメ。高い所も狭い所もダメ。
・しかし妖怪は大好きで、妖怪大百科を持ち歩いている。一番好きな妖怪は「たんころりん」。
・顔に似合わず非常に握力が強く、右:45kg左:40kgある。その為腕相撲がとても強い。
・下ネタに非常に厳しい。テレビやコンサートで知念侑李に「くるすけってクールなスケベの略でしょ?」という程度の下ネタを言われただけで親子席に向かって「耳をふさいでください」と注意喚起を促し、その後客席に向かって謝罪したことがある。ただし雑誌では他のジャニーズ同様人並みレベルに対処する。
・小学生時代湘南ベルマーレのジュニアユースに所属しており、ポジションはMFを担当していた。
・小学校低学年の時、ほとんどクラス全員の女子からモテるほどの異常なモテ期を経験したがサッカーを辞めてジャニーズに入った途端それが終了したという悲しい思い出がある。
・なぜか高校時代の友達に「ハニー」というあだ名で呼ばれている。
・ソロデビューの話が来た際、Hey!Say!JUMPの新曲という話が覆されてJUMPメンバー達への裏切りになるのではないかと悩み、断りの電話をかけようと思い悩んでいた所、メンバーの有岡大貴高木雄也に気づかれ泣きながら事務所に一緒に断りに行こうと相談したが、「これはお前にとってのチャンスだ」と説得され、ようやくソロシングルを出すことを決意したという経緯がある。
・なぜかタイでは男女問わず恐ろしくモテる。そのためメンバーの岡本圭人が必死に値引き交渉をしていたにも関わらず、山田涼介に限っては店に近寄っただけで店員の方から無料で受け取って欲しいと迫られたことがある(岡本圭人のラジオより)。さらに見知らぬ男に後ろをぴったりつけられたこともある。

関連タグ

ジャニーズ Hey!Say!JUMP NYC

pixivに投稿された作品 pixivで「山田涼介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 542708

コメント