ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「この作品は、犯罪を助長するゲームではなく、『金田一少年の事件簿』の世界を舞台に推理トリックを楽しむゲームです。」


概要編集

正式タイトルは『金田一少年の事件簿 星見島悲しみの復讐鬼』。


金田一少年の事件簿』を題材としたアドベンチャーゲームで特徴としては他のアドベンチャーゲームとは違いは、プレーヤー自身が犯人となって金田一一に犯行がバレないように完全犯罪をやり遂げるのが目的の異色作で、犯罪を前面に押したゲームのためか、パッケージ裏・取扱説明書・本編冒頭では注意書きがされている。


主人公が犯人という「誰にも気づかれずに殺人を実行する緊張感」は他のゲームでは味わえない独自の色を出しているが、それ故にゲームの難易度は高めでターゲットの探索、殺害方法、トリック、逃走の仕方と事件に関わる全ての事を自分で計画しなければならず、少しでも手順を間違えたり、不審な行動をしてしまったら金田一に気付かれてしまいそのままエンディングを迎える事になる。


そして本ゲームにはシーンお色気要素があるにも拘らず何故か「全年齢対象」。

今だったら確実に対象年齢が引き上げられるか、発売自体が難しいであろう。

ゲームのテーマは金田一少年の事件簿外伝犯人たちの事件簿をオリジナルストーリーにしたゲームで、その犯人が主人公もといプレイヤーをその視点にしたものと言えば分かりやすいか。


ストーリー編集

人気アイドル「桂木なお」と所属事務所の社長の息子「辰巳伸也」との密会写真がスキャンダルされてしまった。この事でマスコミは加熱し、それが元で「辰巳伸也」が自殺してしまい、「桂木なお」やマネージャの「立花由布」は世間からは厳しく冷たい声が続き、しばらくして「立花由布」が自殺をし、「桂木なお」は失踪してしまう。


しかしこのスキャンダルの全ては彼女を陥れるために仕組まれたものだった。


「阿佐桐卓也」は婚約者である立花由布を奪った人物たちへの復讐の為に…

「桂木なお」は2人の弔いと自身を陥れた人物たちへの復讐の為に…


真犯人への復讐を誓う2人の怪人を生み出した。


そして星見島のツアーで開催されるレジャー施設で陰謀がひしめく。


シナリオ編集

本作は推理ゲームになるのだが、主人公は犯人側に立つので「いかに犯行を行うか」「いかに犯人と疑われないか」と犯罪の謎を解き犯人を推測するのではなく、犯罪を遂行し探偵の目を欺くのに焦点が置かれている。


主人公のモノローグ以外は全編フルボイスでかなりのボリュームがある。


このほか、おまけシナリオとして「金田一編」があり、その内容はパロディで、あまりにもぶっとんだギャグ調のものになっている。ただし本編の内容の暗さを吹き飛ばすような明るさのため、ある意味救いのあるシナリオでもある。ちなみにテキストのみで、グラフィックや音声はない。


アドベンチャーモード編集

金田一一や仲間たちに怪しまれないように犯行を実行し、注意を払い、犯罪トリックを計画し、それに使えそうな道具を探す事になるが、何処かで間違えると犯行がばれてしまったり、逆に真犯人に殺されてしまったり、無関係な人を巻き込んでしまいゲームオーバーになる。


そして真面目に実行するのから突拍子もないお遊びまで自由度の高い選択肢があり、それによって様々なバッドエンドになり、色々楽しめる要素なのだが、しかしどちらを選んでも展開に変化がない選択肢もあり、中には何回も選択肢を選ばせるくどい展開も存在する。


リアルタイムサスペンスモード編集

アドベンチャーモード合間に挿入されるモードで主人公を操作して、犯行を行ったり、逃走したりと溢れる緊張感の中で主人公をうまく操作し冷静かつ速やかに計画を実行する事が求められる。


犯行が失敗したり見つかったりすると、即ゲームオーバーになったり今後の展開が変わったりする。


暗号編集

なお編・阿佐桐編、共にバッドエンドになった際、歴代の怪人達がヒントと共に教えてくれる暗号。


桂木なお編の暗号を集め解読すると、ボイステストモードが起動出来る。

『オープニングムービー中に、下・L・スタートボタンを押す』事で各ボイスのテストモードに入る。


阿佐桐卓也編は暗号を集め解読すると、ミュージックテストモードが起動する。

『オープニングムービー中に、R・上・スターボタンを押す』事で、各BGMのテストモードに入る。


登場人物編集

主人公編集

  • 桂木なお(CV:緒方恵美
    • 怪人名は「復讐の歌姫」
    • 自身のスキャンダルやマネージャーである立花由布の死により失踪してしまった元アイドルで、スキャンダルが仕組まれたものだと知り、復讐を誓う。
    • 14歳の時に両親を事故で亡くし路頭に迷うトコだったが、立花由布にスカウトされ、アイドル歌手になった。
    • ゲーム内では髪を長髪から短髪に切り、髪色を茶毛から藍色に染め、胸にサラシを巻き男装して「直木桂一」と名乗り、星見島ツアーのアルバイトスタッフの1人として行動する。
    • なお編の犯人としてはおっちょこちょいで、製氷皿を落としたり、事件後にサラシを巻き忘れたり、「 ポケットから〇〇が… 」とバッドエンドに陥る傾向がある。
    • 寝ぼけた金田一に胸を揉まれトキメク等、男性経験が少ない。
    • 事件を起こす為に毒薬やカツラ、拳銃に爆弾を用意しており、用意周到である。

  • 阿佐桐卓也(CV:置鮎龍太郎
    • 怪人名は「審判の使徒」
    • 星見島ツアーの責任者で結婚を2ヶ月後に控えていた婚約者の立花由布が自殺してしまい、その死の真相を探っていくと自殺ではなく他殺だと判明し、しかもツアー客の中にその犯人がいる事を知り恋人の復讐を果たそうとする。
    • 母が病死した直後に父親が愛人を作った事で18歳の時に反発し家出。
    • チンピラ同然の暮らしをしていたが、とある喧嘩をし死に絶えそうになってた時に、母の友人である立花華江に引き取られ、立花家の居候(立花姉妹とは兄姉妹同然に育った)をしていた時期がある。
    • なおとは違い、犯人としては酒に入れた毒以外、殺害品の用意はしておらず、現地にあるモノを使用し事件を起こしていく。


ゲーム概要編集

2人の事件が同時進行するわけではなく、このうちの1人を選んで事件を起こす。

ストーリー設定だけを見るとまるで2人が同じ場所で同時に事件を起こすように見えるが、実際にはそれぞれのストーリーは完全に独立しているパラレル設定で、動機や関わっている相手が違うため、対象も異なる。

選ばれなかった方の主人公は第三者として登場し事件には関わらない。


またシナリオによっては、被害者Aはなお編だとここに居たが阿佐桐編では違う場所に居たり…と微妙にキャラの位置や居る場所の設定が違ったりする。


金田一サイドのキャラ編集

  • 金田一一(CV:草尾毅
    • 本作のラスボス
    • 彼を欺き完全犯罪を行う事が目的なのだがそう簡単には行かず、些細な事から事件の真相を暴く事も有り、彼を敵に回すとどれだけ恐ろしいかを実感できる

  • 七瀬美雪(CV:飯塚雅弓
    • 金田一の幼なじみで、事件には関わらないが相変わらず巻き込まれる。
    • このゲームのお色気要因として、ぶつかった際のパンチラや、シャワーブースの水着シーン等がある。

  • 剣持勇(CV:土師孝也
    • 警視庁刑事部捜査一課所属の警部なのだが犯人視点からだと頼もしい味方に見える時もある。
    • また主人公が場当たり的な事件を起こし、金田一が事件を推理する前に捕まる場合、剣持警部が事件を解決するバッドエンドオチも幾つかある。

  • 明智健悟(CV:子安武人
    • 警視庁刑事部捜査一課の警視で剣持の上司。登場は物語終盤なので影が薄い。
    • すっごくダンサブル…
    • 最終日に警察を引き連れ、必ずあわられる人物。
    • なお編では最終日に間違った犯人を誤認逮捕してしまう無能さを見せている。
    • またこのゲームでは明智警視によるバッドエンドは存在しない。

  • 速水玲香(CV:倉田雅世
    • 星見島ツアーに呼ばれたトップアイドルで、主人公の桂木なおとは同業者でライバル扱いされている。
    • なお編では最期の事件でアリバイトリックのヒントを見せてしまったりと、アリバイのダシに使われる事がある。

  • いつき陽介(CV:藤原啓治
    • フリーのルポライターで金田一たちとは顔なじみ。
    • 水が苦手なのに船に乗り、星見島ツアーに取材に行く。
    • 剣持警部と同じく場当たり的行動をしたバッドエンドでは、犯人である主人公を体を張って捕まえる一幕もある。
    • メインキャラクターのCVはアニメ版とも、プレイステーション版とも異なっており本作のみのキャスティングになっている。


ゲームオリジナルキャラ編集

両シナリオに登場編集

  • 立花由布(CV:豊嶋真千子
    • 阿佐桐卓也との結婚を2ヶ月後に控えた婚約者で、桂木なおのマネージャー。
    • 彼女がなおのスキャンダル後、仕事に疲れ飛び降り自殺してしまった事で2人の復讐劇が始まる。
    • 彼女自身は高所恐怖症である。
    • 阿佐桐編のバッドエンドでは返り討ちにあった阿佐桐に対し、天国で遭うオチもある。

  • 立花麻衣(CV:金月真美
    • 立花由布の妹で星見島レジャーに金田一と美雪を誘った。
    • 事件には関わる事は無いが、阿佐桐編バッドエンドの一つでは麻衣に好意を抱く選択肢を選ぶととんでもない事に…オチが待っている。

  • 渚ちはる(CV:鈴木史華
    • 桂木なおの後輩。なおのスキャンダル後には彼女の代理として沢山の仕事が入り、今回の星見島ツアーもなおの代理として招待された。
    • 阿佐桐編では彼女にとってショッキングな隠された謎が判明する。

  • 高木ちえ(CV:片岡富枝
    • 渚ちはるの母親でマネージャーで業界ではちえママと呼ばれている。
    • なおのスキャンダルには関わってはいないが、言い方が悪い印象を受けやすい為、誤解されがちである。
    • なおのスキャンダルやマネージャーの事件では、同情して仕事もほったらかしで必死に失踪したなおを探していた。
    • 阿佐桐編では隠された事実の為に、主人公とはまだ別の行動を起こしており、審判の使徒の衣装を持ち込んでいた。

  • 久堂明子(CV:根谷美智子
    • フリーのルポライターで、桂木なおのスキャンダルをスクープした張本人。
    • 結構モテるらしく、大山良介や沢沼研に言い寄られている。

  • 大山孝志(CV:三木眞一郎
    • 渚ちはるのスタイリストで、キレやすい性格をしており直ぐ行動に移してしまう
    • 竹村正彦とは恋人同士で指輪を渡した仲でもあるが、スキャンダル以降、渚ちはるのスタイリスト業が忙しくあまり正彦を構って居ない。
    • なお編・阿佐桐編、共に場当たり的な行動をした場合に主人公を追い詰め、自前のナイフで刺すなどバッドエンドへ導く犯人である。

  • 竹村正彦(CV:高戸靖広
    • 久堂明子の仕事仲間でカメラマン。
    • オカマで孝志とは恋人同士で赤いスポーツカーの持ち主。
    • オカマである事を公言しており、右耳にしかピアスが無いなど金田一に事件の推理ヒントを与えてしまうこともある。
    • 良い男を見ると手をつけたがる悪い癖があり、なお編・阿佐桐編のホモバッドエンドで一癖ある人物である。
    • なお編の竹村正彦 殺害のみ、部屋に招き入れられて撲殺、又はピンボールカメラの原理を応用した空倉庫に呼び出し首吊り…と2パターンの殺害方法がある。

  • 阿佐桐剛(CV:立木文彦
    • 阿佐桐卓也の父親。阿佐桐病院の院長(婿養子)で彼が愛人を作った事で、卓也が18歳で家出をした時から絶縁状態になっている。
    • 阿佐桐卓也の母である妻の見舞いにはあまり行かなかったらしい。
    • 船内では船医が居ない為、船医代わりをしており、島では事件捜査の検死解剖を務めている。
    • 阿佐桐編終盤では星見島の宝探しをする為、岡田淳子と共に古井戸に行くが、主人公とは別の犯人の犯行により、井戸から出れなくなり救助を待つ羽目になる。

  • 岡田淳子(CV:兵藤まこ
    • 阿佐桐剛の愛人。
    • 剛の息子である卓也を嫌味嫌っている。
    • 阿佐桐編終盤では星見島の宝探しをする為、古井戸に行くが主人公とは別の犯人の犯行により、井戸から出れなくなり救助を待つ羽目になる。

  • 久堂進(CV:坂口哲夫
    • 久堂明子の父親。立花由布が運ばれた剛の病院の事務長。
    • 島では天気(台風)を気にしており、スタッフである主人公に聞いてくる。
    • 受け答えには 「体操部です」,「サイボーグです」等ふざけた解答があり、関西弁で怒られる。
    • 阿佐桐編では飛び降り自殺した事件で、まだ息のあった立花由布を面倒だからと、殺してしまった張本人である。

  • 辰巳哲(CV:大友龍三郎
    • 辰巳プロダクションの社長で桂木なおや渚ちはるが所属している。
    • 阿佐桐編で部屋の鍵を無くした為、阿佐桐に鍵を持ってくる様に指示した人物で、なおの芸能界復帰を望んでいる。
    • なお編では電話のボイスのみ登場。
    • 実は息子 伸也が産まれた時に、もう一人死産した双子の片割れがおり…

  • 支配人(CV:高木渉
    • 星見島レジャー施設の支配人。
    • ホテルのフロントが忙しい故に、部屋の合鍵管理が甘い。

  • チーフ(CV:石井康嗣
    • 船内のバー(未成年お断り)にいるバーテンダーでダンディな初老の男性チーフ。
    • なお編では氷をトリックに使う事を示唆した内容を教えてくれる。
    • 船内ではスタッフの人手が足りてない事もあり、船の朝食コックも担当している。


桂木なお編のみに登場編集

  • 辰巳伸也(CV:うえだゆうじ
    • 桂木なおと密会していたとされていた人物だが、その日は熱を出していたのでなおとは会っていないと証明されたにも拘わらずスキャンダルが過熱してしまい学校の停学だけでなく最後は自殺してしまった。
    • 角野幸夫とは生き別れた双子であり、渚ちはるとは恋人関係である。
    • 島のイベントツアーにはスキャンダル口封じのため、辰巳幸夫と入れ替わって包帯を顔に巻き、参加してる。


  • 角野幸夫(CV:うえだゆうじ)
    • 辰巳伸也に似ている人物で桂木なおと密会していたのは彼であり、ツアーに参加していた時は顔に包帯を巻いていた。
    • 渚ちはるの大ファン。
    • 学校では寮生活をしている為、家族と離れ一人暮らしをしており、生き別れた双子である伸也とは(事情をどこで知ったかは不明だが)手紙をやりとりしていた。
    • なおの事件に伸也としてスキャンダルに一枚噛んでしまった後悔から警察に電話した後、辰巳伸也として自殺した。

  • 矢追つとむ(CV:肥後誠
    • 桂木なおのファンで匂いだけで彼女が分かるという特技(?)を持っており、彼の行き過ぎた行動でなおと無理心中するバッドエンドもある。

  • 司会者(CV:泉尚撃
    • 速水玲香と渚ちはるが出演する予定だった生放送番組「スーパーヒット」の司会者。
    • なおのファンからの応援ハガキの山を見せ、なおに戻ってくる様、TVを通じて説得した。


阿佐桐卓也編のみに登場編集

  • 立花光一(CV:清川元夢
    • 立花レジャー開発の社長でリゾートのオーナー。由布と麻衣の父親。
    • ホテルのイベントでは前話が長く、誰も話を聞いていなかった。
    • 阿佐桐編のバッドエンドの1つでは、夫婦共に間違って毒を飲んでしまい誤殺される。

  • 立花華江(CV:さとうあい
    • 立花レジャー開発の社長夫人で由布と麻衣の母親。
    • アレルギー体質で、阿佐桐に製薬会社のプロパーである大山から睡眠薬をもらって来てくれと頼んだ人物。
    • 高木ちえとは友達である。
    • 阿佐桐編のバッドエンドの1つでは、夫と共に間違って毒を飲んでしまい誤殺される。

  • 大山良介(CV:鈴木淳
    • 孝志の弟で研にアニキと呼ばせており久堂明子に惚れている。
    • 由布の家に忍び込んで阿佐桐母の形見のネックレス(宝の地図が示されてる)を盗んだ犯人の一人。

  • 沢沼研(CV:関智一
    • 大山をアニキと呼んでおり内心は小心者。久堂明子に惚れている。
    • 由布の家に忍び込んで阿佐桐母の形見のネックレス(宝の地図が示されてる)を盗んだ犯人の一人で、ラジカセのスイッチを誤って押してしまい証拠を残した。
    • 自前のナイフと、厨二な黒歴史詩集を持ち歩いており、審判の使徒として事件の小道具として使用された。

  • 大山征二(CV:泉尚撃)
    • 孝志と良介の父親。
    • 阿佐桐医院と提携する製薬会社のプロパーで、いつも薬を持ち歩いている。
    • 阿佐桐編ではとある隠された事実を脅した為に主人公とは違う犯人によって、銃殺されてしまう。
    • なお編では島に到着した後、部屋のTVを付けると、製薬会社の錠剤 サッパリンSのcmのナレーションとして大山征二の声を聞く事が出来る。

  • 船長(CV:鈴木泰明
    • 星見島に行く船の船長で星見島の伝説を教えてくれる。
    • 頑固で偏屈な船長で気に入らない事が有ると、台風が来るから船を引き返す等、阿佐桐編のバッドエンドの1つでは犯人視点からすると嫌味な事をしてくる。
    • 船長室では部外者には頼まれても鍵を渡さない等、船内の部屋の合鍵管理をしっかりしている。


マルチエンディング編集

金田一に犯行がばれたりするとバッドエンドになるのだが、犯行がばれる以外にも「復讐相手に殺される」、「おかしな選択肢を選ぶ事で事件が起きない」、「メインキャラを排除しようとすると逮捕される」等々自滅に近い形やネタ系のEDが存在するが、その中には金田一らしいEDもあったりとそのバリエーションは豊富。


復讐の歌姫


バッドエンドになった時は原作に登場した事件簿の怪人たちからアドバイスを受けられるが、その中には何故か佐木竜二もいたりする。


しかし、金田一からの逃げ切れたとしても後味が悪いEDとなっている。また主人公選択画面は「供述調書」となっている事もあり、復讐を遂げた主人公はそのまま逃げたのか、それとも自首したのかはプレイヤーの想像に委ねるという事なのだろう。


余談編集

原作にも本作品と同じく、倒叙スタイルのバッドエンディングに向かうエピソードがいくつか存在しており、その多くは犯人から見た金田一の恐ろしさを余すところなく描写している。


ネタ選択肢からのバッドエンドは妙に生々しく作り込まれていて、芸能界マンガゲーム、そしてオタクへの扱いが、悪ノリを通り越して喧嘩を売るつもりなのではないかと勘くぐってしまう。また、ちゃっかり『ハドソン』と『週刊少年マガジン』を宣伝していたりもする。


関連イラスト編集

【金田一犯人コンプリート企画】星見島~悲しみの復讐鬼~


犯人視点の金田一少年の事件簿

有名実況者であるレトルト氏が実況された事も有り彼を含めたイラストもある。


関連タグ編集

金田一少年の事件簿 アドベンチャーゲーム ADV

ゲーム ハドソン キャラゲー


金田一少年の事件簿外伝犯人たちの事件簿:同じく犯人視点での作品。

関連記事

親記事

金田一少年の事件簿 きんだいちしょうねんのじけんぼ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6038

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました