ピクシブ百科事典

FROGMAN

ふろっぐまん

FROGMAN(フロッグマン)とは、CGアニメクリエイター・監督・声優。
目次[非表示]

概要

FLASHアニメクリエイター、映画監督。株式会社DLEのブランドのひとつ「蛙男商会(かえるおとこしょうかい)」の代表、DLEの執行役員CCOを務める。
本名は小野 亮。既婚である。

自制作のアニメにおいて監督脚本キャラクターデザインまで全てを手がける。キャラクターや背景、エフェクトなどを使い回すことで一人での制作や時間の短縮を可能としている。
声優としてもさまざまな声色や口調を使い分け、時には加工も利用して主役からモブキャラまで複数の登場キャラクター全般をほぼ一人で演じている
反対に自身が制作に関わっていない作品で声を当てることは殆ど無いが、例外として弥栄堂制作のFLASHアニメ『アームズラリー』で監督こと五木リンタローを演じている。
ノイタミナ枠のアニメテルマエ・ロマエ』では、プロの声優陣を押しのけて主役・ルシウスを演じた。
またディスカバリーチャンネルのドキュメンタリー番組『フューチャー・ウェポン・21世紀 戦争の真実』の第1期のみマックの吹き替えを担当している(第2期以降は大塚芳忠が担当)。
ちなみに、デラックスファイターは全キャラ中でいちばん素の声に近いとのこと。

作中でたびたび島根県をネタにしているが本人は東京都出身。 妻が島根県出身で、結婚後しばらく島根県に在住していた。その後仕事が忙しくなったため東京に住居を移し、暇ができたら島根に戻るという生活スタイルになっている。

名前は幼少期に愛聴していた『スネークマンショー』に由来。長らく幻の作品状態だったスネークマンの『楽しいテレビ』がDVD化された際にはブックレットの表紙を描き下ろし提供している。また、TwellVにおけるレギュラー番組では同作のタイトルをそのまま借用するなど、その思い入れの深さが窺える。
イメージキャラクターは全身が黄色い蛙。これもまた、「には絶対に敵わない」という謙遜と愛情を込めてのチョイスである。 

本人によれば、劇団四季所属のミュージカル俳優阿久津陽一郎は小中高と同窓生であった。ただし一度と同じクラスになったことはなかったという。

経歴

高校卒業後、映画監督を夢見て読売映画社の撮影部に契約社員として入社。その後フリーランスとなり、映画の制作・撮影に携わった。
しかし映画「白い船」(監督:錦織良成)の撮影先の島根県平田市(現出雲市平田地区)で知り合った女性と結婚したことを期に、一旦映像業界から離れる。

島根に移住後は個人でWebサイト「蛙男商会」を立ち上げ、実写のショート映像を公開していたがなかなか陽の目を浴びることはなかった。
2002年ごろ青池良輔の『CATMAN』に触発され、ツールをAdobe Flashに移行し、「練習がてら」に作ったアニメ『菅井君と家族石』が大きな注目を浴びる。以降、積極的なセールス展開を続け、2006年に株式会社「蛙男商会」の設立に至る。

なお、蛙男商会は現在DLEの社内ブランドという立ち位置になっており、また「FROGMAN」としてDLEの他の作品に関与することも増えたため、混乱を防ぐ目的で2013年ごろからは屋号として用いられることはなくなっている。

関連タグ

DLE 蛙男商会
FLASH 監督 声優
菅井くんと家族石 秘密結社鷹の爪 天才バカヴォン
土管くん 汐留ケーブルテレビ 島根県 チャンネル5.5

関連記事

親記事

蛙男商会 かえるおとこしょうかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「FROGMAN」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「FROGMAN」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15447

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました