ピクシブ百科事典

古墳ギャルのコフィー

こふんぎゃるのこふぃー

『古墳ギャルのコフィー』とは、蛙男商会により制作されたFlashアニメである。
目次[非表示]

概要

古墳ギャルのコフィーが通う都立古墳高校。そこには四隅突出型墳丘墓、古墳世界の王位継承者、戦国武将の担任教師、アメリカからやって来たお墓など、不思議な古墳たちが勢ぞろい!……そんな古墳たちの恋と友情と青春を描いた、セメタリー学園ラブコメディ。 2006年4月から6月にかけて『THE FROGMAN SHOW』(テレビ朝日系)内で放映された、蛙男商会の代表作のひとつ。また2007年3月には、劇場版『古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~』、2008年5月には劇場版2作目『古墳ギャルのコフィー~12人と怒れる古墳たち~』が公開された。

登場キャラ

コフィー

古墳ギャル(コギャル)。都立古墳高校2年2組の生徒で、人間の年齢でいえば17歳。好奇心旺盛で夢見がち、独善的な部分もあるが、基本的には素直でいい子。ニントク君のお嫁さんになるのが将来の夢。

パパ

コフィーのお父さん。頑固で厳しい性格だが、実は娘思いの心配性。現在は中古車販売店「JET KOFUN MOTORS」を経営している。コフィーが生まれる前はF1ドライバーとして、世界を転戦。「音速の古墳」と呼ばれていた。

ママ

コフィーのお母さん。やさしくて、おだやかな性格。かつてはF1のピットチームで、パパと一緒に世界を転戦し、その時にコフィーを授かる。タイヤ交換が10秒を切る凄腕の持ち主。体がピンク色なのは、桜が植えてあるため。

ダニエル

コフィーの幼なじみの四隅突出型墳丘墓。墳丘墓なために、古墳たちだけでなく、人間からも蔑まれている。将来の夢は、広告代理店に勤めること。コフィーに、ほのかな恋心を抱いている。

エルビスの墓

アメリカからやってきた男。
言うまでもなく、あの人の墓。

本宮銀次郎

古墳高校の番長で、いうまでもなく本宮ひろ志の漫画作品「硬派銀次郎」のキャラクターのパロディ。
コフィーに惚れている。

ニントク君

コフィーのクラスメイト。古墳世界の王族で、その王位継承者。背が高く、顔立ちもよく、頭脳明晰でスポーツも万能という、まさに古墳少女の憧れの的。しかし彼なりに、王位継承者としての悩みも抱えているようだ。

桶狭間先生

コフィーの担任教師。性格が戦国武将なため、理不尽な行動や発言が多い。コフィーが入学したての頃は落ち武者ではなかったのだが、なぜそうなったのかは、劇場版『古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~』で描かれている。

関連タグ

アニメ Flashアニメ
FROGMAN 蛙男商会 DLE
古墳 四隅突出型墳丘墓

pixivに投稿された作品 pixivで「古墳ギャルのコフィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22992

コメント