ピクシブ百科事典

蘇我入鹿

そがのいるか

飛鳥時代の政治の中枢にいた最後の蘇我豪族 大臣(おおおみ) ?-645

概要

(?-西暦645)
蘇我蝦夷(えみし)の子。鞍作とも。
天皇家と威勢を競い、聖徳太子の子である山背大兄王を殺害した。後に中大兄皇子(後の天智天皇)・中臣鎌足に討ち取られた(大化の改新)。

これにより蘇我氏は滅亡することとなった。

ギャグマンガ日和の入鹿

6・12


ギャグマンガ日和』には祖父の蘇我馬子や義理の叔父の聖徳太子が登場しているが、実は入鹿も登場している。と言っても登場したのは聖徳太子シリーズではなく、「れきしハカセ」というエピソードである。
現代の小学生、太一くんから「年表に2回しか載ってない」ことを心配され、若い頃に何をやっていたか探るためにタイムマシン飛鳥時代まで移動する、というお話。
入鹿はただ権力を笠に着るだけのドジ若者として登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「蘇我入鹿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135464

コメント