ピクシブ百科事典

遣唐使

けんとうし

奈良時代から平安時代にかけて唐に派遣された外交使節。

日本から中国大陸の時代に派遣された外交使節、が中国大陸を支配しているころから派遣され、その時代の使節は遣隋使(600~618年、計5回)という。

歴史

唐は文化的・政治的にも栄え、強大な軍事力で東アジアを支配した超大国であった。
そのなかにあって当時の日本は政治的に建設途上であることから、舒明天皇2年(630年)、大和朝廷は犬田御田鍬を正̪̪使とする朝貢(唐を東アジアの盟主として臣従するための)使節を派遣した。
朝廷の目的としては「朝貢外交」のほかに「(法制度を学ばせるための)留学生(阿倍仲麻呂吉備真備など)」、「(仏法を学ばせるための)留学僧(空海玄昉など)」の派遣があり、彼らによって多くの書物・仏典などが日本にもたらされた。
しかし、当時の日本船は船底が平らという脆弱さから、使節に選ばれることは命がけであり、それがために正使にあたる人物を4艘の船にそれぞれ一人ずつ乗せた例さえあった(ちなみに、このときは運よく嵐にあわず、4艘とも唐にたどりついたという)。

天智2年(663年)8月、白村江の戦いで朝廷が唐・新羅連合軍に惨敗を喫すると、使節は3回にわたり「和平交渉」が主たる任務となった。

その後も遣唐使は派遣されたが、寛平6年(894年)、54年ぶりに派遣が検討されたが、唐はこのころ衰退期に入っており一地方政権に転落、内乱が続いていたこともあり、遣唐大使・菅原道真は使節の派遣を中止する意見書を朝廷に提出、中止が決定した。

関連タグ

奈良時代 平安時代 阿倍仲麻呂 吉備真備

pixivに投稿された作品 pixivで「遣唐使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1124

コメント