ピクシブ百科事典

蘇我蝦夷

そがのえみし

飛鳥時代の豪族 宰相職の大臣(おおおみ)として政治を動かす 世没 586年? ― 645年7月11日 約59歳 (蝦夷・毛人は藤原氏が付けた蔑称なので本名不明)
  • 世没 586年? ― 645年7月11日 約59歳

飛鳥時代の豪族 宰相の大臣(おおおみ)として政治を動かす

蘇我氏は古代大和朝廷の古代大臣一族の大友氏を討って以来
大友氏と同じく大臣職を独占してきた。


蝦夷の子の蘇我入鹿は、山背大兄王を襲って上宮王家一家を自殺に追いこんだ。
蝦夷はこの入鹿の行為を怒り、嘆いたと伝えている。
(なぜ蘇我氏から見て政敵、聖徳太子一族が滅んだことに嘆いたのは、実際、謎である)

皇極天皇4年(645年)に大君の御前で入鹿が殺されると、蝦夷のもとに与する者が集まったが、翌日入鹿の屍を前にして、蝦夷は邸宅に火をかけ自害したという
乙巳の変という)
蝦夷が燃やしてしまったことにより蘇我氏周辺の歴史が散逸してしまったので、飛鳥時代自体のあまり詳しいことが解からない。

関連

日出処の天子

pixivに投稿された作品 pixivで「蘇我蝦夷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13434

コメント