ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

葉山まりんとは「金田一37歳の事件簿」に登場するヒロインで、の新たな助手役である。

人物

一と同じく音羽ブラックPR社に勤める後輩で部下。年齢は23歳。ショートボブが特徴。「探偵学園Q」のメグに似ている可愛い女性。
一からは「葉山くん」と呼ばれている。逆に一のことは「金田一主任」、あるいは単に「主任」と呼んでいる。歌島で犯人に崖際へ追い込まれた時は、「金田一さん」と呼んでいた。
大学時代はフランス文学を専攻し、フランス語と中国語が話せる。
意識的、無意識に関係なく一をフォローするなど非常に機転が利く。
また「建物内だからと油断するな」という一の一言で、彼が内部犯を疑っていると気付く聡い面も持っている。

他の女性社員たちが一を軽蔑視しているなか、唯一普通に接しており、歌島リゾートの企画にも自分から進んで立候補した。
それが原因で事件に巻き込まれてしまうが、事件解決後に一の行動を「とってもかっこよかった」と称賛し、以降よく行動を共にするようになる。

歌島で事件が発生する前から、その言動で一をちょっとドキドキさせている。
一に助けられた時に心臓を「ドキ」とさせることも(ギャグのニュアンス)。
歌島の事件後はより積極的になり、同僚の女性社員からは一との仲を少し疑われている。
また一と一の隣人でシングルマザーの森下桃香の仲を邪推して嫉妬しているような様子も見られる。
独身だが、ゲストにナンパされた際には護身のために「子どもが二人いる」とママさん探偵の振りをした(村上草太は本当に子どもが二人いる設定)。
名前にも「ママ」が入っており、名前に「ナナ」が入った美雪を髣髴とさせる。
一と彼女の関係は「金田一少年」の一と美雪の関係と比べるとコメディーチックになっており、シリアスやエロは薄れていて、サービスカットは単体でチラつかせることが多く、ゲストにエロティックな要素が回っている。

備考

「歌島リゾート殺人事件」の連載時、彼女の正体については怪盗紳士月読ジゼルの変装など様々な憶測が流れていたらしい。

関連人物

七瀬美雪:かつての一のパートナー。「37歳」では未だ登場していないが、大手航空会社のチーフパーサーとなっており、かなり出世しているようだ。
クレア・ディアリング:同じくブラック企業に勤める中間管理職の女性で似た髪型である。

関連記事

親記事

金田一少年の事件簿の登場人物一覧 きんだいちしょうねんのじけんぼのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「葉山まりん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「葉山まりん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28505

コメント